個別楽曲レビュー

【個別楽曲レビュー】JUDY AND MARY/ミュージック ファイター

投稿日:2019年10月4日 更新日:

女性ボーカルに男性楽器隊という編成で平成の日本音楽史に数々のヒットソングを送り込んだバンド『JUDY AND MARY』。

1993年のメジャーデビュー後、6枚のオリジナルアルバムを残して2001年に解散しました。『JUDY AND MARY』と同時期に解散した多くのバンドが再結成を遂げ続ける中、このバンドは復活の気配すら感じられないまま今に至っています。

今回は、『JUDY AND MARY』の楽曲、『ミュージック ファイター』のレビューです。

※『JUDY AND MARY』に関するその他のアルバム/個別楽曲レビューはこちらからどうぞ: アーティスト索引/JUDY AND MARY

『ミュージック ファイター』の全体概要

基本情報

アーティストJUDY AND MARY
曲名ミュージック ファイター
演奏時間3:52
作詞Tack and Yukky
作曲TAKUYA
編曲JUDY AND MARY

『JUDY AND MARY』の15thシングル。

『ミュージック ファイター』収録アルバム

アルバム名トラック#
POP LIFE1
FRESH15
COMPLETE BEST ALBUM「FRESH」 (DISC 02)4

メジャー5thアルバム『POP LIFE』の1曲目に収録。

※『ミュージック ファイター』が収録されているアルバムのレビューもしています。こちらからどうぞ。

レビュー

えらい角度で攻めた1曲、『ミュージック ファイター』。

もともと『JUDY AND MARY』は遊び心に溢れるバンドです。11thシングルの『くじら12号』だって、商業的にはそこそこヒットしていますが、曲名だけ見るとあまり真面目な感じはしません 笑。

しかし、本作『ミュージック ファイター』はそれとは次元が違います。もう、ヒットする気ないでしょって言いたいくらい遊び心に溢れています 笑。

本作『ミュージック ファイター』、アルバムの1曲ではなく、しっかりシングルのA面としてリリースされた楽曲なんですけどね。

遊び心に溢れた点として挙げたいのは、まず歌詞です。

インターネットを使えばだいたいの歌詞がわかる時代ですので、一度『ミュージック ファイター』の歌詞を調べてみていただきたいです。

とりあえず、この楽曲でまともな文法の日本語が聴けるのはBメロのみです。それ以外は、「デュビデュビバッパ」とか「オー・ケー」とか言っているばかり。

洋楽のヒットがなかなか生まれないほど日本語の歌詞を大事にしているこのマーケットで、よくこんな楽曲をシングルにできたなと思わされます 笑。本当、えらい角度で攻めてますよ。

それからアレンジ。

まぁ、上述のような歌詞ですので、それに合わせたアレンジになっているのでしょうかね。とにかくテンションの上下が激しいです。

「デュビデュビバッパ」に合わせて右チャンネルから流れる複雑なフレーズのギターとか、かっこいいところはけっこうあるんですけどね。1曲全体としてみると、なかなかにまとまりがなく、それ故にちょっと取っつきにくいかなと。

前作の『散歩道』など、キャッチーな面の『JUDY AND MARY』から入った方にとっては、本作『ミュージック ファイター』はちょっとした(大きな?)踏み絵になったことでしょう…。

Amazonで試聴できます。

『ミュージック ファイター』収録アルバムレビューリンク

※『JUDY AND MARY』に関するその他のアルバム/個別楽曲レビューはこちらからどうぞ: アーティスト索引/JUDY AND MARY

-個別楽曲レビュー
-,

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

関連記事

【個別楽曲レビュー】hide/FROZEN BUG ’93 (DIGGERS VERSION)

伝説のミュージシャン…その言葉が最も似合う日本人は、やはり『hide』ではないでしょうか。 カリスマバンド『X JAPAN』のギタリストというポジション、トレードマークの赤髪、ズバ抜けたセンス、そして …

【個別楽曲レビュー】Every Little Thing/fragile

J-POPのお手本のような楽曲を連発したユニット、『Every Little Thing』。 特に90年代後半の五十嵐充プロデュース時代の楽曲は、ビーイング系のバンドっぽいサウンドと小室ファミリーのダ …

【個別楽曲レビュー】L’Arc〜en〜Ciel/C’est La Vie

日本を代表する説明不要のロックバンド、『L’Arc〜en〜Ciel』! かっこいい楽曲に加え、時々垣間見られるちょっとした遊び心が長い人気の秘訣ではないでしょうか。もちろん、ボーカルhyd …

【個別楽曲レビュー】ゴールデンボンバー/夜汽車

エアーバンドなる言葉を世に定着させた先駆者『ゴールデンボンバー』。 エアーバンドだけあって、演奏代わりの奇抜なパフォーマンスが目立ちますが、鬼才・鬼龍院翔による独特な視点の楽曲も魅力です。 このまま『 …

【個別楽曲レビュー】LUNA SEA/CIVILIZE

2000年に終幕をし、長らく伝説のバンドとなっていましたが、2010年に活動を再開した『LUNA SEA』。 再始動前の2009年、『LUNA SEA』のリードギターを担当するSUGIZOがHIDEの …


執筆者:キャスター
中高生の頃、中古のCD屋巡りばっかりやってました。そんなアラサー会社員キャスターによる音楽レビューブログ。 昔趣味で曲作りをやっていたので、音楽制作者に敬意を払って1曲1曲丁寧に記事を書いていきます。