個別楽曲レビュー

【個別楽曲レビュー】JUDY AND MARY/散歩道

投稿日:

女性ボーカルに男性楽器隊という編成で平成の日本音楽史に数々のヒットソングを送り込んだバンド『JUDY AND MARY』。

1993年のメジャーデビュー後、6枚のオリジナルアルバムを残して2001年に解散しました。『JUDY AND MARY』と同時期に解散した多くのバンドが再結成を遂げ続ける中、このバンドは復活の気配すら感じられないまま今に至っています。

今回は、『JUDY AND MARY』の楽曲、『散歩道』のレビューです。

※『JUDY AND MARY』に関するその他のアルバム/個別楽曲レビューはこちらからどうぞ: アーティスト索引/JUDY AND MARY

『散歩道』の全体概要

基本情報

アーティストJUDY AND MARY
曲名散歩道
演奏時間5:04
作詞YUKI
作曲五十嵐公太
編曲JUDY AND MARY

『JUDY AND MARY』の14thシングル。

ドラムの五十嵐公太が作曲した唯一のシングルA面曲。

『散歩道』収録アルバム

アルバム名トラック#
POP LIFE4
FRESH14
The Great Escape -COMPLETE BEST- (DISC 02)3
COMPLETE BEST ALBUM「FRESH」 (DISC 02)3

メジャー5thアルバム『POP LIFE』の4曲目に収録。

※『散歩道』が収録されているアルバムのレビューもしています。こちらからどうぞ。

レビュー

『散歩道』という曲名通り、非常に平和な楽曲。

NHKの幼児向け番組で流れていても問題なくらい、人畜無害なワードで溢れています。

それでいて、サウンドは『JUDY AND MARY』のギターポップ。大人が聴いても楽しめる良質なポップスになっています。

そんな本作『散歩道』ですが、個人的には何よりも歌メロが秀逸だなと思っています。

Aメロ、Bメロ、サビ、どれもがメロディアスで印象深くありながら、まさに適材適所と言わんばかりの勢いでそれぞれがそれぞれのブロックにキレイに収まっているのです。

何て言うんでしょうね、起承転結がはっきりした歌メロと言えばいいのでしょうか。AメロはAメロらしく、リスナーを自然と楽曲の世界に導入してくれますし、Bメロには次への展開を予感させるワクワク感があります。そしてサビは予想を裏切るほどメロディアスで明るく、高揚感を保ったまま終わっていきます。

このストーリーを語る歌メロに平和で人畜無害な歌詞が乗っかることで、聴きごたえはありながら、誰も傷つけないという『散歩道』独特な世界が構築されているのではないでしょうか。

そしておもしろいのが、この秀逸な歌メロを作曲したのが『JUDY AND MARY』のメインコンポーザーではない五十嵐公太というところですよね。

本作『散歩道』は彼が作曲した唯一のシングル楽曲ですが、TAKUYAや恩田快人にも負けない、恐るべき才能を発揮した1曲だと思っています。

Amazonで試聴できます。

『散歩道』収録アルバムレビューリンク

※『JUDY AND MARY』に関するその他のアルバム/個別楽曲レビューはこちらからどうぞ: アーティスト索引/JUDY AND MARY

-個別楽曲レビュー
-,

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

関連記事

【個別楽曲レビュー】X JAPAN/Voiceless Screaming

日本の音楽史を語る上で絶対に外すのことのできないバンド、『X JAPAN』。 YOSHIKI、Toshl、HIDEといったメンバーひとりひとりが持つ物語、バンドが歩んだ歴史、そして多くのロックキッズを …

【個別楽曲レビュー】L’Arc〜en〜Ciel/trick

日本を代表する説明不要のロックバンド、『L’Arc〜en〜Ciel』! かっこいい楽曲に加え、時々垣間見られるちょっとした遊び心が長い人気の秘訣ではないでしょうか。もちろん、ボーカルhyd …

【個別楽曲レビュー】Janne Da Arc/Heaven’s Place

2019年、突如解散を発表した『Janne Da Arc』。 キーボードを絡めたカラフルな音色、個々の卓越した演奏技術による派手なサウンド、そしてキャッチーなメロディーラインが魅力的な楽曲をいくつも生 …

【個別楽曲レビュー】チャットモンチー/ツマサキ

キラキラしたかわいい女の子ではなく(失礼)、もっと素の女の子をシンプルなバンドサウンドで表現してきた『チャットモンチー』! 気づけば、数多く存在する部活動的雰囲気を持った現代ガールズバンドの元祖とも言 …

【個別楽曲レビュー】THE YELLOW MONKEY/アバンギャルドで行こうよ

2016年、申年に復活を遂げた『THE YELLOW MONKEY』!! ギラギラした妖しい容姿、歌謡曲風の曲調、核心を突いた歌詞…そのどれもが絶妙なバランスの上に成り立つ唯一無二のバンドです。 一度 …


執筆者:キャスター
中高生の頃、中古のCD屋巡りばっかりやってました。そんなアラサー会社員キャスターによる音楽レビューブログ。 昔趣味で曲作りをやっていたので、音楽制作者に敬意を払って1曲1曲丁寧に記事を書いていきます。