個別楽曲レビュー

【個別楽曲レビュー】黒夢/feminism

投稿日:

ボーカルとベースの二人組という珍しい組み合わせのバンド、『黒夢』。

1994年のメジャーデビュー後、順調にセールスを伸ばしていた中1999年に無期限の活動停止を発表。そしてその約10年後の2010年、活動が再開され現在に至ります。

ちなみに、1994年は『黒夢』の他に『GLAY』や『L’Arc〜en〜Ciel』がメジャーデビューを果たした年でもあります。

今回は、『黒夢』の楽曲、『feminism』のレビューです。

※『黒夢』に関するその他のアルバム/個別楽曲レビューはこちらからどうぞ: アーティスト索引/黒夢

『feminism』の全体概要

基本情報

アーティスト黒夢
曲名feminism
演奏時間4:25
作詞清春
作曲人時
編曲黒夢 & 佐久間正英

アルバム『feminism』と同名の楽曲。

『feminism』収録アルバム

アルバム名トラック#
feminism3

アルバム『feminism』の3曲目に収録。

※『feminism』が収録されているアルバムのレビューもしています。こちらからどうぞ。

レビュー

スピード感のあるビートと歌謡曲テイストの漂うメロディーの組み合わせが絶妙にかっこいい1曲『feminism』。

2000年代のヴィジュアル系ってこの手のタイプの楽曲(速いテンポと歌謡曲的メロディー)が多かったような気がしていますが、この楽曲が収録されているアルバムがリリースされたのはなんと1995年なんですよね。

『黒夢』サイドはどう思っているかわかりませんが、ヴィジュアル系の王道と呼ばれる作風を生み出したのはやはり『黒夢』なんだろうなと、本作『feminism』を聴いていて思います。

…ただ、残念ながら、『黒夢』はアルバム『feminism』以降、こういうテイストの楽曲をあまり作らなくなってしまいます。

もちろん、後々世に出るパンク路線の『黒夢』もかっこいいんですけどね。できたら、本作『feminism』のような『黒夢』も、もう少し聴いてみたかったな…なんて思います。

こんなに完成度の高い楽曲をこの路線で残しておきながら、次のアルバムではスパッと手放してしまうというのも、それはそれで『黒夢』らしいですが 笑。

あと、本作『feminism』の印象的なところはベースのかっこよさですね。

特に、Aメロで聴けるボーカルとベースの掛け合い、ここが最高!

スピード感のあるイントロから一転、パーカッションの手数が控えめになるAメロの中、ここぞとばかりにブリブリ言わすベースフレーズについつい耳が奪われてしまいます。必聴です!

Amazonで試聴できます。

『feminism』収録アルバムレビューリンク

※『黒夢』に関するその他のアルバム/個別楽曲レビューはこちらからどうぞ: アーティスト索引/黒夢

-個別楽曲レビュー
-,

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

関連記事

【個別楽曲レビュー】THE YELLOW MONKEY/ピリオドの雨

2016年、申年に復活を遂げた『THE YELLOW MONKEY』!! 復活したものの、特に目立った活動もなく再休止するバンドもある中、イエモンこと『THE YELLOW MONKEY』は精力的に新 …

【個別楽曲レビュー】THE YELLOW MONKEY/Song for Night Snails

2016年、申年に復活を遂げた『THE YELLOW MONKEY』!! このバンドを紹介する際、当たり前のように『THE YELLOW MONKEY』と打ち込んでいるわけですが、よく考えるとこの言葉 …

【個別楽曲レビュー】LUNA SEA/LASTLY

2000年に終幕をし、長らく伝説のバンドとなっていましたが、2010年に活動を再開した『LUNA SEA』。 90年代後半はソロで大成したRYUICHIこと『河村隆一』のインパクトが良くも悪くもバンド …

【個別楽曲レビュー】L’Arc〜en〜Ciel/Still I’m With You

日本を代表する説明不要のロックバンド、『L’Arc〜en〜Ciel』! かっこいい楽曲に加え、時々垣間見られるちょっとした遊び心が長い人気の秘訣ではないでしょうか。もちろん、ボーカルhyd …

【個別楽曲レビュー】THE YELLOW MONKEY/PUFF PUFF

2016年、申年に復活を遂げた『THE YELLOW MONKEY』!! ギラギラした妖しい容姿、歌謡曲風の曲調、核心を突いた歌詞…そのどれもが絶妙なバランスの上に成り立つ唯一無二のバンドです。 一度 …


執筆者:キャスター
中高生の頃、中古のCD屋巡りばっかりやってました。そんなアラサー会社員キャスターによる音楽レビューブログ。 昔趣味で曲作りをやっていたので、音楽制作者に敬意を払って1曲1曲丁寧に記事を書いていきます。