個別楽曲レビュー

【個別楽曲レビュー】黒夢/YA-YA-YA!

投稿日:2018年11月18日 更新日:

ボーカルとベースの二人組という珍しい組み合わせのバンド、『黒夢』。

ヴィジュアル系にカテゴライズされるイメージがありますが、その音楽性はアルバムをリリースする度にガラッと変わっており、一つのジャンルで括ることはなかなかに難しいバンドです。

今回は、『黒夢』の楽曲、『YA-YA-YA!』のレビューです。

※『黒夢』に関するその他のアルバム/個別楽曲レビューはこちらからどうぞ: アーティスト索引/黒夢

hand

『YA-YA-YA!』の全体概要

基本情報

アーティスト黒夢
曲名YA-YA-YA!
演奏時間2:28
作詞清春
作曲清春
編曲黒夢

『YA-YA-YA!』収録アルバム

アルバム名トラック#
CORKSCREW10

メジャー7thアルバム『CORKSCREW』の10曲目に収録。

※『YA-YA-YA!』が収録されているアルバムのレビューもしています。こちらからどうぞ。

レビュー

演奏時間が2分半にも満たない程高速なパンクナンバー『YA-YA-YA!』。

普通なら相当短い演奏時間ですが、本作『YA-YA-YA!』が収録されているアルバム『CORKSCREW』には2分半以下の楽曲が他にも2作あります(#2『FASTER BEAT』、#3『SPOON & CAFFEINE』)。

本作『YA-YA-YA!』を始め、こういった演奏時間の短い楽曲群がアルバム『CORKSCREW』の特徴ですよね。

本作『YA-YA-YA!』、演奏時間は上述の通り2分半程度なわけですが、その短い時間の中でサビが何度も繰り返されます。サビという楽曲の中で一番オイシイ部分を短時間に詰め込むという構成が、聴いていてシンプルに気持ちいいです。

しかも、単にサビを繰り返すだけでなく、テンポを遅くしたり速くしたりといった仕掛けが組み込まれており、リスナーを全く飽きさせません。

曲の最後にサビを何度も繰り返されると、さすがに”もう飛ばそうかな…”なんて思ったりしがちですが(しがちですよね?)、本作『YA-YA-YA!』に限っては、そういう退屈さとは無縁な作りになっています。

ところで、本作『YA-YA-YA!』の2番Aメロに「囚人服…」で始まるフレーズがあります。

前後の文脈から察するに、この「囚人服」というのは会社に囚われて生きているサラリーマンのユニフォームである“スーツ”のことを皮肉った表現だと言えそうです。”スーツ”を着ているつまらないオトナをバッサリ斬っているわけですね。

私がアルバム『CORKSCREW』に出会った頃はまだ学生だったので「囚人服」なんて他人事でしたが、いまではすっかり「囚人服」を着用したつまらないオトナになってしまっています…。

本作『YA-YA-YA!』を聴きながら、スーツを着て通勤していると、清春に怒られているような、なんともシュールな気持ちになります 笑。

Amazonで試聴できます。

『YA-YA-YA!』収録アルバムレビューリンク

※『黒夢』に関するその他のアルバム/個別楽曲レビューはこちらからどうぞ: アーティスト索引/黒夢

-個別楽曲レビュー
-,

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

関連記事

【個別楽曲レビュー】GLAY/GROOVY TOUR

90年代後半、音楽業界の様々な記録を塗り替えていったモンスターバンド『GLAY』。 シングル、アルバムともにミリオンヒットを連発し、商業的な成功という意味においては、『GLAY』のデビューをプロデュー …

【個別楽曲レビュー】GARNET CROW/A crown

2013年、惜しまれながらも解散した『GARNET CROW』。 女性のボーカルとキーボード、男性のギターとキーボードという4人構成で活動していました。 丁寧に作りこまれたポップソングが『GARNET …

【個別楽曲レビュー】JUDY AND MARY/くじら12号

女性ボーカルに男性楽器隊という編成で平成の日本音楽史に数々のヒットソングを送り込んだバンド『JUDY AND MARY』。 1993年のメジャーデビュー後、6枚のオリジナルアルバムを残して2001年に …

【個別楽曲レビュー】X JAPAN/DEAR LOSER

日本の音楽史を語る上で絶対に外すのことのできないバンド、『X JAPAN』。 YOSHIKI、Toshl、HIDEといったメンバーひとりひとりが持つ物語、バンドが歩んだ歴史、そして多くのロックキッズを …

【個別楽曲レビュー】THE YELLOW MONKEY/TEARS OF CHAMELEON (Mr. PAPER MOON)

2016年、申年に復活を遂げた『THE YELLOW MONKEY』!! バンド名からして皮肉たっぷりですが、楽曲もバンド名に負けず劣らずの皮肉な内容が多いです。ただ、しっかり芯を捉えた言葉は胸にとっ …


執筆者:キャスター
中高生の頃、中古のCD屋巡りばっかりやってました。そんなアラサー会社員キャスターによる音楽レビューブログ。 昔趣味で曲作りをやっていたので、音楽制作者に敬意を払って1曲1曲丁寧に記事を書いていきます。