個別楽曲レビュー

【個別楽曲レビュー】黒夢/COWBOY

投稿日:2018年11月20日 更新日:

ボーカルとベースの二人組という珍しい組み合わせのバンド、『黒夢』。

ヴィジュアル系にカテゴライズされるイメージがありますが、その音楽性はアルバムをリリースする度にガラッと変わっており、一つのジャンルで括ることはなかなかに難しいバンドです。

今回は、『黒夢』の楽曲、『COWBOY』のレビューです。

※『黒夢』に関するその他のアルバム/個別楽曲レビューはこちらからどうぞ: アーティスト索引/黒夢

cowboy-hat

『COWBOY』の全体概要

基本情報

アーティスト黒夢
曲名COWBOY
演奏時間3:00
作詞清春
作曲人時
編曲黒夢

『COWBOY』収録アルバム

アルバム名トラック#
CORKSCREW11

メジャー6thアルバム『CORKSCREW』の11曲目に収録。

※『COWBOY』が収録されているアルバムのレビューもしています。こちらからどうぞ。

レビュー

濃い曲揃いのアルバム『CORKSCREW』ですが、本作『COWBOY』ってけっこう地味な印象なのではないでしょうか。強烈なスピード感があるわけでもなく、ドぎつい批判めいたフレーズがあるわけでもなく、目を引くような曲名でもなく…。

他の個性的で刺々しい楽曲群を前に、ちょっと大人しめな本作『COWBOY』の印象が霞んでしまうんですよね。以前の私もそうでした。

…そう、以前は。

実は、今ではけっこうお気に入りなんです、本作『COWBOY』。

というのも、本作『COWBOY』、非常に歌メロがキャッチーだなってことに気づいたんです。それも、カラオケで本作『COWBOY』を歌っていたときに気づいたんですね。”あ、この曲すごい歌メロがキャッチーだ!歌っていて楽しい!”って。

本作『COWBOY』、作曲はベースの人時が担当しています。なので、このキャッチーな歌メロは人時のセンスということになります。

思えば、人時作曲の楽曲って、私好みのキャッチーさを持った楽曲がけっこうあります。例えば、7thシングルカップリングの『Walkin’ on the edge』なんかがそうです。

カップリングながら、ベストアルバム『EMI 1994〜1998 BEST OR WORST』に収録されている作品ですが、この『Walkin’ on the edge』も非常にキャッチー。

『黒夢』らしくないといえばそうかもしれませんが、私は好きです。

話は戻って本作『COWBOY』、アルバム『CORKSCREW』の中では”物足りない”、”刺激の足りない”楽曲と思われそうですが、やっぱり人時の織りなすキャッチーなメロディーは聴きどころだと思うんですよね。

これを読んでも”そうか?”と思われるようでしたら、是非カラオケで本作『COWBOY』を歌ってみてください。”歌うの楽しい!なんてキャッチーな歌メロなんだ!”って思えるはずです 笑!

Amazonで試聴できます。

『COWBOY』収録アルバムレビューリンク

※『黒夢』に関するその他のアルバム/個別楽曲レビューはこちらからどうぞ: アーティスト索引/黒夢

-個別楽曲レビュー
-,

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

関連記事

【個別楽曲レビュー】L’Arc〜en〜Ciel/ROUTE 666

日本を代表する説明不要のロックバンド、『L’Arc〜en〜Ciel』! かっこいい楽曲に加え、時々垣間見られるちょっとした遊び心が長い人気の秘訣ではないでしょうか。もちろん、ボーカルhyd …

【個別楽曲レビュー】X JAPAN/SADISTIC DESIRE

日本の音楽史を語る上で絶対に外すのことのできないバンド、『X JAPAN』。 YOSHIKI、Toshl、HIDEといったメンバーひとりひとりが持つ物語、バンドが歩んだ歴史、そして多くのロックキッズを …

【個別楽曲レビュー】THE YELLOW MONKEY/球根

2016年、申年に復活を遂げた『THE YELLOW MONKEY』!! シングルのリリースはあったものの、2018年7月現在、未だに復活後のオリジナルアルバムが発表されていません(*)。過去の名盤た …

【個別楽曲レビュー】MALICE MIZER/Je te veux

今や芸能人格付けチェックの常連というイメージが強い『GACKT』。その『GACKT』が在籍していたバンドが『MALICE MIZER』です。 音楽業界の中でも異端な扱いを受けがちなV系バンドですが、そ …

【個別楽曲レビュー】JUDY AND MARY/Brand New Wave Upper Ground

女性ボーカルに男性楽器隊という編成で平成の日本音楽史に数々のヒットソングを送り込んだバンド『JUDY AND MARY』。 1993年のメジャーデビュー後、6枚のオリジナルアルバムを残して2001年に …


執筆者:キャスター
中高生の頃、中古のCD屋巡りばっかりやってました。そんなアラサー会社員キャスターによる音楽レビューブログ。 昔趣味で曲作りをやっていたので、音楽制作者に敬意を払って1曲1曲丁寧に記事を書いていきます。