個別楽曲レビュー

【個別楽曲レビュー】ポケットビスケッツ/Overture-Millennium-

投稿日:2017年5月3日 更新日:

テレビのバラエティー番組から生まれた音楽ユニット『ポケットビスケッツ』。

メンバーはウッチャンナンチャンの内村光良、千秋、キャイーンのウド鈴木の3人構成。『ポケットビスケッツ』はかなり昔に活動休止してしまいましたが、メンバーの皆さんはそれぞれ大活躍されています。

バラエティー番組の企画とは思えないほど高クオリティーの楽曲をリリースし、本当に真面目に名曲も生まれています!!この先も聴き継がれていくこと間違いなしですね。

今回は、『ポケットビスケッツ』のベストアルバム『THANKS』の1曲目、『Overture-Millennium-』のレビューです。

※『ポケットビスケッツ』に関するその他のアルバム/個別楽曲レビューはこちらからどうぞ: アーティスト索引/ポケットビスケッツ

digital-clock

『Overture-Millennium-』の全体概要

基本情報

アーティストポケットビスケッツ
曲名Overture-Millennium-
演奏時間2:43
作詞松任谷由実
作曲松任谷由実
編曲和田薫

ユーミンこと『松任谷由実』が楽曲制作に携わっています。

『ポケットビスケッツ』と『松任谷由実』のコラボユニット、『Yuming+Pocket Biscuits』でリリースした『Millennium』のインストアレンジ版が本作『Overture-Millennium-』になっているためです。

ちなみに、『Millennium』はアルバム未収録のため、現在なかなか聴くことのできない音源となっています。

『Overture-Millennium-』収録アルバム

アルバム名トラック#
THANKS1

『ポケットビスケッツ』のベストアルバム『THANKS』の1曲目に収録されています。

※『Overture-Millennium-』が収録されているアルバムのレビューもしています。こちらからどうぞ。

レビュー

J-POPのインスト曲って、アルバムの雰囲気作りが役割だと思っています。

『THANKS』の1曲目に配置された本作『Overture-Millennium-』はオーケストラ風の壮大なアレンジとなっており、”アルバムとして、これから始まる期待感”を持たせる役割と、”ポケットビスケッツ最後の作品ですよ”というお別れのメッセージの両方を兼ねているようです。

卒業式で、卒業生が入場してくるような感覚ですね。”お別れの始まり“という言葉がしっくりくるかな。

あと、『THANKS』の#2 『Rapturous Blue』がイントロなしで歌から始まるので、1stシングルだけどアルバム1曲目には配置したくないという考えがあったのかもしれません。

Amazonで試聴できます。

2016年に20th Editionも出ています!

収録内容が『THANKS』とは若干違いますが、有名どころはしっかり押さえてあるラインナップです。

『Overture-Millennium-』収録アルバムレビューリンク

※『ポケットビスケッツ』に関するその他のアルバム/個別楽曲レビューはこちらからどうぞ: アーティスト索引/ポケットビスケッツ

-個別楽曲レビュー
-,

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

関連記事

【個別楽曲レビュー】PIERROT/Twelve

宗教的なカリスマ性と中毒性のある歌詞・サウンドで多大な信者を生み出したバンド『PIERROT』。 アンダーグラウンドで知的で過激。当時の10代リスナーはある種の選民思想を抱きながら『PIERROT』の …

【個別楽曲レビュー】ゲスの極み乙女。/ハツミ

2014年メジャーデビューの後、2015年に紅白歌合戦へ出演と、国民的なバンドへ成長していた矢先、例の不倫事件で世間のイメージが急降下してしまったバンド、『ゲスの極み乙女。』。 とは言え、有名人が不倫 …

【個別楽曲レビュー】B’z/だったらあげちゃえよ

ボーカルの稲葉浩志とギターの松本孝弘による二人組ロックバンド『B’z』。 日本におけるアーティスト・トータル・セールス(CD)が歴代1位という記録を保持している『B’z』ですが …

【個別楽曲レビュー】GARNET CROW/Marionette Fantasia

2013年、惜しまれながらも解散した『GARNET CROW』。 女性のボーカルとキーボード、男性のギターとキーボードという4人構成で活動していました。 メンバーが楽曲制作に携わる場合、ボーカルが作詞 …

【個別楽曲レビュー】GLAY/原色の空

90年代後半、音楽業界の様々な記録を塗り替えていったモンスターバンド『GLAY』。 『GLAY』の商業的全盛期はTAKUROがメインコンポーザーとしてシングルA面楽曲の全てを作詞作曲していましたが、2 …


執筆者:キャスター
中高生の頃、中古のCD屋巡りばっかりやってました。そんなアラサー会社員キャスターによる音楽レビューブログ。 昔趣味で曲作りをやっていたので、音楽制作者に敬意を払って1曲1曲丁寧に記事を書いていきます。