個別楽曲レビュー

【個別楽曲レビュー】ゴールデンボンバー/男心と秋の空

投稿日:2019年5月18日 更新日:

エアーバンドなる言葉を世に定着させた先駆者『ゴールデンボンバー』。通称”金爆(きんばく)”。

自分たちの好きなことをするため、あえてメジャーデビューを選ばずにインディーズで活動を続ける姿は、まさにロックと言えるのではないでしょうか。純粋にかっこいいと思えます。

今回は、『男心と秋の空』の個別楽曲レビューです。

※『ゴールデンボンバー』に関するその他のアルバム/個別楽曲レビューはこちらからどうぞ: アーティスト索引/ゴールデンボンバー

autumn

『男心と秋の空』の全体概要

基本情報

アーティストゴールデンボンバー
曲名男心と秋の空
演奏時間4:32
作詞鬼龍院翔
作曲鬼龍院翔
編曲tatsuo & 鬼龍院翔

『男心と秋の空』収録アルバム

アルバム名トラック#
ゴールデン・アワー〜下半期ベスト2010〜3

『ゴールデン・アワー〜下半期ベスト2010〜』の3曲目に収録。

※『男心と秋の空』が収録されているアルバムのレビューもしています。こちらからどうぞ。

レビュー

どことなく歌謡曲的な雰囲気の漂う楽曲、『男心と秋の空』。

メロディアスな歌メロがとにかく印象的です。本作『男心と秋の空』、割と地味な立ち位置の楽曲だと思うのですが、メロディーメイカーとしての鬼龍院翔の才能がいかんなく発揮された傑作の一つだと思っています。

曲名になっている『男心と秋の空』ですが、これ、実はことわざです。現実には”女心と秋の空”の方が有名な気がしますが、これの”男心“版も存在するんですね。

ただし、その意味は男女それぞれ微妙に異なります。

“女心と秋の空”は”秋の空模様のように女性の心は変わりやすい”という意味のことわざです。このときの”心”とは恋愛感情だけでなく、あらゆる感情も含めた総称としての意味があります。女性の感情の起伏は激しい…的なことを言いたいときに使うことわざですね。

一方、”男心と秋の空”ということわざは恋愛感情限定で使われます。つまり、”秋の空模様のように男性の愛情の対象は変わりやすい”ということ。男性って浮気性だよね…的なことを言うときに使う感じですね。

そんなことわざの意味を踏まえて、改めて本作『男心と秋の空』を聴いてみるとどうでしょう?

曲中に出てくる主人公(男)は非常に一途で、なんと、ことわざの”男心と秋の空”とはかけ離れた人物であることが伺えるのです…!

彼の心の空模様は一切ブレることなく、「君」のことを気遣っています。

そういうわけで、『男心と秋の空』という曲名が、なぜ一途な想いを歌ったこの楽曲に付いているのかは謎なんですよね。少なくとも、ことわざの意味通り受け取ってしまうと、完全に矛盾していることはお分かりいただけるかと。

取りあえずはあまり深く考えず、単に”秋”という季節を舞台にして”男心”を歌った作品…として付けられた曲名なのだと解釈するのが健康的な着地点でしょうか。。。

Amazonで試聴できます。

『男心と秋の空』収録アルバムレビューリンク

※『ゴールデンボンバー』に関するその他のアルバム/個別楽曲レビューはこちらからどうぞ: アーティスト索引/ゴールデンボンバー

-個別楽曲レビュー
-,

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

関連記事

【個別楽曲レビュー】the brilliant green/There will be love there -愛のある場所-

『the brilliant green』はもっと評価されるべき!! UKロック風のバンドサウンドとアンニュイなのにメルヘン感のある川瀬智子のボーカルの絶妙な組み合わせは唯一無二です! そんな『the …

【個別楽曲レビュー】THE YELLOW MONKEY/DRASTIC HOLIDAY

2016年、申年に復活を遂げた『THE YELLOW MONKEY』!! ギラギラした妖しい容姿、歌謡曲風の曲調、核心を突いた歌詞…そのどれもが絶妙なバランスの上に成り立つ唯一無二のバンドです。 一度 …

【個別楽曲レビュー】THE YELLOW MONKEY/SLEEPLESS IMAGINATION

2016年、申年に復活を遂げた『THE YELLOW MONKEY』!! バンド名からして皮肉たっぷりですが、楽曲もバンド名に負けず劣らずの皮肉な内容が多いです。ただ、しっかり芯を捉えた言葉は胸にとっ …

【個別楽曲レビュー】チャットモンチー/ハナノユメ

キラキラしたかわいい女の子ではなく(失礼)、もっと素の女の子をシンプルなバンドサウンドで表現してきた『チャットモンチー』! 気づけば、数多く存在する部活動的雰囲気を持った現代ガールズバンドの元祖とも言 …

【個別楽曲レビュー】PIERROT/鬼と桜

宗教的なカリスマ性と中毒性のある歌詞・サウンドで多大な信者を生み出したバンド『PIERROT』。 アンダーグラウンドで知的で過激。当時の10代リスナーはある種の選民思想を抱きながら『PIERROT』の …


執筆者:キャスター
中高生の頃、中古のCD屋巡りばっかりやってました。そんなアラサー会社員キャスターによる音楽レビューブログ。 昔趣味で曲作りをやっていたので、音楽制作者に敬意を払って1曲1曲丁寧に記事を書いていきます。