個別楽曲レビュー

【個別楽曲レビュー】Every Little Thing/micro stress

投稿日:2018年7月10日 更新日:

J-POPのお手本のような楽曲を連発したユニット、『Every Little Thing』。

特に90年代後半の五十嵐充プロデュース時代の楽曲は、ビーイング系のバンドっぽいサウンドと小室ファミリーのダンスっぽいサウンドを見事に融合させた、ザ・J-POPでした。

当時のエイベックスはポスト小室哲哉として五十嵐充に期待していた部分があったと思います(おそらく)。

今回は、『Every Little Thing』の楽曲、『micro stress』のレビューです。

※『Every Little Thing』に関するその他のアルバム/個別楽曲レビューはこちらからどうぞ: アーティスト索引/Every Little Thing

guitar

『micro stress』の全体概要

基本情報

アーティストEvery Little Thing
曲名micro stress
演奏時間0:19
作詞
作曲伊藤一朗
編曲五十嵐充

ELTのギタリスト、いっくんこと伊藤一朗によるインスト作品。

『micro stress』収録アルバム

アルバム名トラック#
everlasting7

1stアルバム『everlasting』の7曲目に収録。

※『micro stress』が収録されているアルバムのレビューもしています。こちらからどうぞ。

レビュー

今どきは便利になっていて、アルバムの収録曲もAmazonなんかでは1曲単位でダウンロード購入することができるんですよね。例えばアルバムの中に1曲だけ聞きたい曲がある場合は、アルバムまるごと買わずに、目的の楽曲だけをつまみ食い的に買うことができるわけです。

私はアルバム1枚を通して聴くのが好きなので、1曲単位の個別購入はしないのですが、お気に入りの曲だけしか聴かない派の人には経済的な選択肢のある時代と言えます。

ところで、演奏時間わずか19秒のインスト曲である本作『micro stress』も、もちろんAmazonで個別購入可能です。

お値段は他の楽曲と同じ250円。

Amazonには試聴サービスがあり、各楽曲を30秒程度お試しで聴くことができるのですが、本作『micro stress』は演奏時間19秒ですので、現状、試聴ボタンを押せばこの曲はフルで聴けてしまうんですね 笑。

…それでもダウンロード購入におけるお値段は他の楽曲と同じ250円。

別に、演奏時間に比例してダウンロード購入の価格を決めるべきと言いたいわけでは無いです。19秒の曲に250円を支払うのが高いと思うのなら、消費者側は買わなければいいだけの話ですから。

ただ、本作『micro stress』のようなJ-POPのアルバムに収録されているインスト曲は、個別単体で聴かれることを目的に作られているわけではないと思うんですよね。アルバム1枚を通して聴く際の、曲と曲のつなぎだったり雰囲気づくりだったり、そういった役割を持っているものと思っています。

本作『micro stress』も、19秒の中にいっくんの放つロックなギターサウンドが詰まっており、次曲『Dear My Friend』の力強いイントロに上手くつながっています。

マーケットの単価は高く見えますが、決して存在価値のない楽曲ではないのです。

何が言いたいかというと、演奏時間の短いインスト曲も含めてアルバム『everlasting』という作品が出来上がっていますので、アルバム『everlasting』を聴くなら一括購入がおススメですと、そういう話です 笑。

『micro stress』収録アルバムレビューリンク

※『Every Little Thing』に関するその他のアルバム/個別楽曲レビューはこちらからどうぞ: アーティスト索引/Every Little Thing

-個別楽曲レビュー
-,

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

関連記事

【個別楽曲レビュー】黒夢/白と黒

ボーカルとベースの二人組という珍しい組み合わせのバンド、『黒夢』。 1994年のメジャーデビュー後、順調にセールスを伸ばしていた中1999年に無期限の活動停止を発表。そしてその約10年後の2010年、 …

【個別楽曲レビュー】GLAY/FRIEDCHICKEN & BEER

90年代後半、音楽業界の様々な記録を塗り替えていったモンスターバンド『GLAY』。 耳馴染みの良いポップなメロディーと奇を衒わない素直な言葉で、J-POPの王道ともいえる音楽を世に繰り出し、人々を魅了 …

【個別楽曲レビュー】JUDY AND MARY/ラッキープール

女性ボーカルに男性楽器隊という編成で平成の日本音楽史に数々のヒットソングを送り込んだバンド『JUDY AND MARY』。 1993年のメジャーデビュー後、6枚のオリジナルアルバムを残して2001年に …

【個別楽曲レビュー】相対性理論/ミス・パラレルワールド

2000年代後半、一部の世間をざわつかせた(?)不思議系おしゃれバンド『相対性理論』! 実験的な言葉選びとアレンジが非常に個性的です。 最初のミニアルバム『シフォン主義』の発表から10年以上が経過した …

【個別楽曲レビュー】Janne Da Arc/child vision 〜絵本の中の綺麗な魔女〜

2019年、突如解散を発表した『Janne Da Arc』。 キーボードを絡めたカラフルな音色、個々の卓越した演奏技術による派手なサウンド、そしてキャッチーなメロディーラインが魅力的な楽曲をいくつも生 …


執筆者:キャスター
中高生の頃、中古のCD屋巡りばっかりやってました。そんなアラサー会社員キャスターによる音楽レビューブログ。 昔趣味で曲作りをやっていたので、音楽制作者に敬意を払って1曲1曲丁寧に記事を書いていきます。