個別楽曲レビュー

【個別楽曲レビュー】GARNET CROW/A crown

投稿日:2017年4月30日 更新日:

2013年、惜しまれながらも解散した『GARNET CROW』。

女性のボーカルとキーボード、男性のギターとキーボードという4人構成で活動していました。

丁寧に作りこまれたポップソングが『GARNET CROW』の魅力です。

今回は、アルバム『first kaleidscope ~君の家に着くまでずっと走ってゆく~』の6曲目、『A crown』のレビューです。

※『GARNET CROW』に関するその他のアルバム/個別楽曲レビューはこちらからどうぞ: アーティスト索引/GARNET CROW

crown

『A crown』の全体概要

基本情報

アーティストGARNET CROW
曲名A crown
演奏時間5:12
作詞AZUKI七
作曲中村由利
編曲古井弘人

『GARNET CROW』のメンバーで作詞・作曲・編曲を行っています。

“crown”とは”王冠”という意味です。歌詞にも「王冠」というワードが出てきます。”crown”とスペルの似ている”clown”という単語があるのですが、こちらは”道化師”という意味。

“clown(道化師)”の方が、『GARNET CROW』っぽいワードだなぁなんて思ったり 笑。

『A crown』収録アルバム

アルバム名トラック#
first kaleidscope ~君の家に着くまでずっと走ってゆく~6
THE BEST History of GARNET CROW at the crest… (Disc 3:Premium Disc)6

インディーズミニアルバム『first kaleidscope ~君の家に着くまでずっと走ってゆく~』に収録されています。

※『A crown』が収録されているアルバムのレビューもしています。こちらからどうぞ。

レビュー

90年代のJ-POPな香りが漂う1曲。

様々な音色が採用されていながら、ごちゃごちゃにならずにまとまっているところが『GARNET CROW』のすごいところです!インディーズアルバムながら、こういった職人的な技が既に光っていますね。

本作『A crown』、アルバムのエンディングらしく、穏やかな雰囲気を持った明るい曲調になっています。

サビの明るさは『first kaleidscope ~君の家に着くまでずっと走ってゆく~』随一でしょう。いい後味で締めてくれるので、アルバムを通して何度も聴きたくなってしまいます。

サビの最後の繰り返しでドラムのパターンが変わるのは『GARNET CROW』にしては珍しいですね。言い方はあると思うのですが、”ドタバタ”しているようなリズムパターンに変わります。

最初は”え!?”って感じましたが、聴きなれてくるとかわいいと思えるようになってきました 笑。

『A crown』収録アルバムレビューリンク

※『GARNET CROW』に関するその他のアルバム/個別楽曲レビューはこちらからどうぞ: アーティスト索引/GARNET CROW

-個別楽曲レビュー
-,

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

関連記事

【個別楽曲レビュー】PIERROT/MASS GAME

宗教的なカリスマ性と中毒性のある歌詞・サウンドで多大な信者を生み出したバンド『PIERROT』。 このバンドが活躍していた90年代後半から00年代前半頃はまだ”中二病”という言 …

【個別楽曲レビュー】X JAPAN/Love Replica

日本の音楽史を語る上で絶対に外すのことのできないバンド、『X JAPAN』。 YOSHIKI、Toshl、HIDEといったメンバーひとりひとりが持つ物語、バンドが歩んだ歴史、そして多くのロックキッズを …

【個別楽曲レビュー】ゲスの極み乙女。/crying match

ギターボーカル担当の川谷絵音の不倫だったり、ドラム担当のほな・いこかが「さとうほなみ」名義で女優デビューしたりと、音楽面よりメンバーの素行が注目されてしまったバンド、『ゲスの極み乙女。』 注目のされ方 …

【個別楽曲レビュー】X JAPAN/CRUCIFY MY LOVE

日本の音楽史を語る上で絶対に外すのことのできないバンド、『X JAPAN』。 YOSHIKI、Toshl、HIDEといったメンバーひとりひとりが持つ物語、バンドが歩んだ歴史、そして多くのロックキッズを …

【個別楽曲レビュー】JUDY AND MARY/自転車

女性ボーカルに男性楽器隊という編成で平成の日本音楽史に数々のヒットソングを送り込んだバンド『JUDY AND MARY』。 1993年のメジャーデビュー後、6枚のオリジナルアルバムを残して2001年に …


執筆者:キャスター
中高生の頃、中古のCD屋巡りばっかりやってました。そんなアラサー会社員キャスターによる音楽レビューブログ。 昔趣味で曲作りをやっていたので、音楽制作者に敬意を払って1曲1曲丁寧に記事を書いていきます。