個別楽曲レビュー

【個別楽曲レビュー】ゴールデンボンバー/さよなら冬美

投稿日:2017年9月8日 更新日:

エアーバンドなる言葉を世に定着させた先駆者『ゴールデンボンバー』。

エアーバンドだけあって、演奏代わりの奇抜なパフォーマンスが目立ちますが、鬼才・鬼龍院翔による独特な視点の楽曲も魅力です。

このまま『女々しくて』の一発屋として消えていかないことを…願っています!

 

今回は、『さよなら冬美』の個別楽曲レビューです。

 

love

全体概要

基本情報

アーティスト ゴールデンボンバー
曲名 さよなら冬美
演奏時間 3:47
作詞 鬼龍院翔
作曲 鬼龍院翔
編曲 tatsuo & 鬼龍院翔

12thシングル『酔わせてモヒート』のカップリング曲。

 

収録アルバム

アルバム名 トラック#
ザ・パスト・マスターズ Vol.1 10
ゴールデン・アルバム 7

『ゴールデンボンバー』初のオリジナルアルバム、『ゴールデン・アルバム』にはEuro Mixとして収録されています。アルバムバージョンの域を超えたレベルでアレンジが変わっています。

原曲が聴きたければ、『ザ・パスト・マスターズ Vol.1』の方を選択してください。

 

レビュー

女々しいバラードソング、『さよなら冬美』。

『ゴールデンボンバー』らしく、女々しい歌詞なのですが、それ以外は取り立てて特徴のない1曲ですね…。『ゴールデン・アルバム』収録にあたっては、Euro Mixと名付けられ、アレンジが大幅に変わっているのですが、これは原曲の没個性感に理由があるのかもしれません。

 

Euro Mixと言えば、『ゴールデン・アルバム』の収録曲って国際色豊かですよね。『さよなら冬美』のEuro Mix(欧州)に加え、C-POP(中国)を意識した『成龙很酷』、K-POPバージョン(韓国)として生まれ変わった『女々しくて』。ここまで何でもありだと、アルバムの多様性は確実に高まりますね 笑。

 

個性的なポイントをあえて探すとすれば、『さよなら冬美』というこの曲名ですかね。まぁ、”冬美って誰だよ!”というツッコミ待ちな印象は拭えませんが。ただ、”冬美”という個人名を曲名に入れておきながら、”冬美”というワードが歌詞に一切出てこないのは新しいかもしれません。

曲名に人物名が入っている『ゴールデンボンバー』の楽曲といえば、他にも『まさし』がありますが、こちらの方が『ゴールデンボンバー』らしく、個性と才能にあふれていて私は好きです。

 

『さよなら冬美』が収録されているアルバム『ゴールデン・アルバム』のレビューはこちらからどうぞ!

【アルバムレビュー】ゴールデンボンバー/ゴールデン・アルバム

-個別楽曲レビュー
-,

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

関連記事

【個別楽曲レビュー】チャットモンチー/8cmのピンヒール

キラキラしたかわいい女の子ではなく(失礼)、もっと素の女の子をシンプルなバンドサウンドで表現してきた『チャットモンチー』! 気づけば、数多く存在する部活動的雰囲気を持った現代ガールズバンドの元祖とも言 …

【個別楽曲レビュー】ポルカッドットスティングレイ/エレクトリック・パブリック

2017年、ブレイク間違いなし(と思っていたけど、あんまりそうでもなかった)バンド、『ポルカドットスティングレイ』!! 女性ボーカルとギター、ベース、ドラムといった、シンプルな構成の4人ロックバンドで …

【個別楽曲レビュー】GLAY/ずっと2人で…

90年代後半、音楽業界の様々な記録を塗り替えていったモンスターバンド『GLAY』。 デビューが『X JAPAN』のYOSHIKIプロデュースだったこともあり、ヴィジュアル系というカテゴリーに分類される …

【個別楽曲レビュー】LUNA SEA/Providence

2000年に終幕をし、長らく伝説のバンドとなっていましたが、2010年に活動を再開した『LUNA SEA』。 90年代後半はソロで大成したRYUICHIこと『河村隆一』のインパクトが良くも悪くもバンド …

【個別楽曲レビュー】THE YELLOW MONKEY/空の青と本当の気持ち

2016年、申年に復活を遂げた『THE YELLOW MONKEY』!! 復活したものの、特に目立った活動もなく再休止するバンドもある中、イエモンこと『THE YELLOW MONKEY』は精力的に新 …


執筆者:キャスター
中高生の頃、中古のCD屋巡りばっかりやってました。そんなアラサー会社員キャスターによる音楽レビューブログ。 昔趣味で曲作りをやっていたので、音楽制作者に敬意を払って1曲1曲丁寧に記事を書いていきます。