アルバムレビュー

【アルバムレビュー】ゴールデンボンバー/ゴールデン・アルバム

投稿日:2017年8月31日 更新日:

エアーバンドなる言葉を世に定着させた先駆者『ゴールデンボンバー』。

エアーバンドだけあって、演奏代わりの奇抜なパフォーマンスが目立ちますが、鬼才・鬼龍院翔による独特な視点の楽曲も魅力です。

このまま『女々しくて』の一発屋として消えていかないことを…願っています!

今回は、『ゴールデンボンバー』のオリジナルアルバム、『ゴールデン・アルバム』のレビューです。

※『ゴールデンボンバー』に関するその他のアルバム/個別楽曲レビューはこちらからどうぞ: アーティスト索引/ゴールデンボンバー

gold-is-money

『ゴールデン・アルバム』の全体概要

アーティストゴールデンボンバー
アルバム名ゴールデン・アルバム
発売日2012/1/4
収録曲数13
演奏時間49:25

本作『ゴールデン・アルバム』が『ゴールデンボンバー』初のフルアルバム。

演奏時間はトータルで49:25。東海道線で、東京・大船間くらいの時間です。

レビュー

『ゴールデン・アルバム』の収録曲別お気に入り度

各収録曲のお気に入り度はこんな感じです。

#曲名お気に入り度
1パトス★★★☆☆3
2デスメンタル★★★★☆4
3僕クエスト★★★★☆4
4夜汽車★★★☆☆3
5酔わせてモヒート★★★★★5
6成龙很酷★★★☆☆3
7さよなら冬美 -Euro Mix-★★★★☆4
8今夜はトゥナイト★★★★★5
9もう会えなくなるなんて★★★★☆4
10今夜も眠れない(病的な意味で)★★★★★5
11女々しくて -K-POPバージョン-★★★☆☆3
12愛なんていらねいよ★★★★★5
13広がる世界★★★★☆4

スピード感がある曲が好きですね。特に#8 『今夜はトゥナイト』と#10 『今夜も眠れない(病的な意味で)』がお気に入りです。

かの有名な『女々しくて』はK-POPバージョンで収録されています(#11)。テレビでよく耳にしたあの『女々しくて』とは全然違うアレンジになっているのでご注意を。

※『ゴールデン・アルバム』収録曲ごとの個別楽曲レビューもしています。こちらからどうぞ。

『ゴールデン・アルバム』全体の感想

2012年に発売されたアルバムの中で1番ヘビーローテーションしたのが本作『ゴールデン・アルバム』だったと思います。

鬼龍院翔の描く病的な世界観が新鮮で、けっこうハマってました。

曲調はJ-POPをベースにV系要素を足したような感じのものが多いです。わかりやすいサビはJ-POP風、奇のてらい方はV系風といった作りですね。『B’z』や『MALICE MIZER』、『X JAPAN』辺りに影響を受けているのがよくわかります。

一方、歌詞の作り方はオリジナリティを強く感じますね。すごく好きです。これが『ゴールデンボンバー』の一番の魅力ではないでしょうか。タブー無しでストレートに綴られた言葉が強烈な印象を残します。#10『今夜も眠れない(病的な意味で)』とか、本当に”眠れない日”の気持ちを代弁してくれているような気にさえなります 笑。

当時は、”こういうの待ってた!”って気持ちで聴いていましたよ。

奇抜なパフォーマンスが目を引く『ゴールデンボンバー』ですが、一度”耳”だけで彼らの音楽を聴いてみるのもいかがでしょうか?

『ゴールデン・アルバム』収録曲の個別楽曲レビューリンク

※『ゴールデンボンバー』に関するその他のアルバム/個別楽曲レビューはこちらからどうぞ: アーティスト索引/ゴールデンボンバー

-アルバムレビュー
-,

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

関連記事

【アルバムレビュー】PIERROT/PRIVATE ENEMY

宗教的なカリスマ性と中毒性のある歌詞・サウンドで多大な信者を生み出したバンド『PIERROT』。 このバンドが活躍していた90年代後半から00年代前半頃はまだ”中二病”という言 …

【アルバムレビュー】X JAPAN/X JAPAN BEST 〜FAN’S SELECTION〜

日本の音楽史を語る上で絶対に外すのことのできないバンド、『X JAPAN』。 YOSHIKI、Toshl、HIDEといったメンバーひとりひとりが持つ物語、バンドが歩んだ歴史、そして多くのロックキッズを …

【アルバムレビュー】LUNA SEA/PERIOD 〜THE BEST SELECTION〜

2000年に終幕をし、長らく伝説のバンドとなっていましたが、2010年に活動を再開した『LUNA SEA』。 ヴィジュアル系というジャンルにおけるバンドアンサンブルの方針、特に、ツインギターの絡み方を …

【アルバムレビュー】相対性理論/シンクロニシティーン

2000年代後半、一部の世間をざわつかせた(?)不思議系おしゃれバンド『相対性理論』! 実験的な言葉選びとアレンジが非常に個性的です。 最初のミニアルバム『シフォン主義』の発表から10年以上が経過した …

【アルバムレビュー】LUNA SEA/IMAGE

2000年に終幕をし、長らく伝説のバンドとなっていましたが、2010年に活動を再開した『LUNA SEA』。 復活後も定期的に新作をリリースして楽しませてくれるのみならず、ライブでは最新の技術によって …


執筆者:キャスター
中高生の頃、中古のCD屋巡りばっかりやってました。そんなアラサー会社員キャスターによる音楽レビューブログ。 昔趣味で曲作りをやっていたので、音楽制作者に敬意を払って1曲1曲丁寧に記事を書いていきます。