個別楽曲レビュー

【個別楽曲レビュー】ゴールデンボンバー/酔わせてモヒート

投稿日:2017年9月6日 更新日:

エアーバンドなる言葉を世に定着させた先駆者『ゴールデンボンバー』。

エアーバンドだけあって、演奏代わりの奇抜なパフォーマンスが目立ちますが、鬼才・鬼龍院翔による独特な視点の楽曲も魅力です。

このまま『女々しくて』の一発屋として消えていかないことを…願っています!

今回は『ゴールデンボンバー』の個別楽曲、『酔わせてモヒート』のレビューです。

※『ゴールデンボンバー』に関するその他のアルバム/個別楽曲レビューはこちらからどうぞ: アーティスト索引/ゴールデンボンバー

cocktail

『酔わせてモヒート』の全体概要

基本情報

アーティストゴールデンボンバー
曲名酔わせてモヒート
演奏時間4:18
作詞鬼龍院翔
作曲鬼龍院翔
編曲tatsuo & 鬼龍院翔

12thシングルの表題曲。もちろんインディーズ。

『女々しくて』で『ゴールデンボンバー』が世に知れ出した頃の曲で、オリコン週間ランキングで3位を獲得しています。

『酔わせてモヒート』収録アルバム

アルバム名トラック#
ゴールデン・アルバム5

『ゴールデンボンバー』初のオリジナルアルバム、『ゴールデン・アルバム』の5曲目収録です。

※『酔わせてモヒート』が収録されているアルバムのレビューもしています。こちらからどうぞ。

レビュー

詞といい曲といい、非常に『ゴールデンボンバー』らしい1曲、『酔わせてモヒート』。

この、耽美的な香り漂うV系風サウンドは、『ゴールデンボンバー』の十八番ですね。

今風のテクニカルでおしゃれなアレンジとは真逆なんですが、たまにはこういうコテコテのV系サウンドもいいものです。メロディーもわかりやすくて、素直にテンション上がります 笑。

曲の内容も『ゴールデンボンバー』お得意の“女々しい男”をコミカルに表現したものになっています。そういえば、『ゴールデンボンバー』の曲って、8割くらい”女々しい男”を歌っているような気がしますね。

そういう意味では、これをずばり曲名に据えた『女々しくて』が突出して知名度を獲得したのも納得。

本作『酔わせてモヒート』、カラオケでも盛り上がりそうな曲なんですが、いかんせん『女々しくて』が有名過ぎるのが難点。『女々しくて』ではなく『酔わせてモヒート』を選曲しようものなら”ゴールデンボンバー選んでおいて、なんでその曲?”なんて反応になりそうなのが怖いです 笑。

なんというか、クオリティは高いのに『女々しくて』の陰に隠れてしまったかわいそうな楽曲という印象のある本作『酔わせてモヒート』。

でも、『ゴールデンボンバー』らしさの光る1曲なのは間違いないので、このバンドに興味のある方は一聴の価値ありです!

イクゾー!!

『酔わせてモヒート』収録アルバムレビューリンク

※『ゴールデンボンバー』に関するその他のアルバム/個別楽曲レビューはこちらからどうぞ: アーティスト索引/ゴールデンボンバー

-個別楽曲レビュー
-,

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

関連記事

【個別楽曲レビュー】GLAY/ひとひらの自由

90年代後半、音楽業界の様々な記録を塗り替えていったモンスターバンド『GLAY』。 ヒットソングだけを取り出してみれば、確かに耳馴染みの良い王道J-POPな楽曲で溢れていますが、ひとたび『GLAY』の …

【個別楽曲レビュー】L’Arc〜en〜Ciel/What is love

日本を代表する説明不要のロックバンド、『L’Arc〜en〜Ciel』! かっこいい楽曲に加え、時々垣間見られるちょっとした遊び心が長い人気の秘訣ではないでしょうか。もちろん、ボーカルhyd …

【個別楽曲レビュー】hide/DAMAGE

伝説のミュージシャン…その言葉が最も似合う日本人は、やはり『hide』ではないでしょうか。 カリスマバンド『X JAPAN』のギタリストというポジション、トレードマークの赤髪、ズバ抜けたセンス、そして …

【個別楽曲レビュー】Every Little Thing/Rescue me

J-POPのお手本のような楽曲を連発したユニット、『Every Little Thing』。 1996年にデビューし、2016年に20周年を迎えました。 2000年前後ほどの派手なヒットはありませんが …

【個別楽曲レビュー】B’z/愛のままにわがままに 僕は君だけを傷つけない

ボーカルの稲葉浩志とギターの松本孝弘による二人組ロックバンド『B’z』。 『B’z』に言及するからにはやはり避けて通れないのは数々の記録でしょう。その中でも日本におけるアーティ …


執筆者:キャスター
中高生の頃、中古のCD屋巡りばっかりやってました。そんなアラサー会社員キャスターによる音楽レビューブログ。 昔趣味で曲作りをやっていたので、音楽制作者に敬意を払って1曲1曲丁寧に記事を書いていきます。