個別楽曲レビュー

【個別楽曲レビュー】PIERROT/HUMAN GATE

投稿日:2018年10月15日 更新日:

宗教的なカリスマ性中毒性のある歌詞・サウンドで多大な信者を生み出したバンド『PIERROT』。

アンダーグラウンドで知的で過激。当時の10代リスナーはある種の選民思想を抱きながら『PIERROT』の楽曲に耳を傾けていたのではないでしょうか。”『PIERROT』を聴かないなんて周りはわかってないなぁ”って。

…それは後の世で中二病と呼ばれるわけですが…。

今回は、『PIERROT』の楽曲、『HUMAN GATE』のレビューです。

※『PIERROT』に関するその他のアルバム/個別楽曲レビューはこちらからどうぞ: アーティスト索引/PIERROT

tunnel

『HUMAN GATE』の全体概要

基本情報

アーティストPIERROT
曲名HUMAN GATE
演奏時間5:53
作詞キリト
作曲アイジ
編曲Pierrot & 奈良敏博

『HUMAN GATE』収録アルバム

アルバム名トラック#
CELLULOID6
DICTATORS CIRCUS -奇術的旋律-10

インディーズ時代のミニアルバム、『CELLULOID』の6曲目に収録。本作『HUMAN GATE』がアルバム『CELLULOID』の最終トラックになります。

そして再録ベストアルバムの『DICTATORS CIRCUS -奇術的旋律-』には10曲目に収録されています。

同じく、こちらも本作『HUMAN GATE』が最終トラック(初回限定版盤を除く)。

※『HUMAN GATE』が収録されているアルバムのレビューもしています。こちらからどうぞ。

レビュー

アルバム『CELLULOID』の最後を飾る1曲は、かつてないほどポジティブな作品『HUMAN GATE』。

ポジティブとは言え、そこは『PIERROT』の楽曲ですから、無責任になんでもかんでも肯定しているわけではありません。Aメロ~Bメロにかけては、どちらかと言えば“残念な現実”を並べています。そんな理想とかけ離れた無力な日々を踏まえ、サビでは「それでも生きていかなければ」と締めると。

この「生きていかなければ」という言葉、もうこれが全て、ポジティブの最たるものって感じがします。”生きていればいいことあるよ”なんて無責任なことは言いません。ただ、理由は無くとも「生きていかなければ」と歌っています。

“○○だから△△しよう”などと理由付けして何かを促すのではなく、とにかく生きることを肯定する。ポジティブというのは、本来そういうもののような気がします。

このシンプルなメッセージのせいか、楽曲自体もけっこうシンプルでキャッチーです。

音楽的には『セルロイド』や『脳内モルヒネ』辺りの濃いめの作品が私は好みですが、本作『HUMAN GATE』のようなシンプルでキャッチーな楽曲がアルバムに1曲あるのもいいですよね。

『HUMAN GATE』収録アルバムレビューリンク

※『PIERROT』に関するその他のアルバム/個別楽曲レビューはこちらからどうぞ: アーティスト索引/PIERROT

-個別楽曲レビュー
-,

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

関連記事

【個別楽曲レビュー】B’z/ねがい

ボーカルの稲葉浩志とギターの松本孝弘による二人組ロックバンド『B’z』。 『B’z』に言及するからにはやはり避けて通れないのは数々の記録でしょう。その中でも日本におけるアーティ …

【個別楽曲レビュー】THE YELLOW MONKEY/Changes Far Away

2016年、申年に復活を遂げた『THE YELLOW MONKEY』!! ギラギラとした妖しい雰囲気はそのままに、復活後の彼らの楽曲には溢れんばかりの優しさを感じます。 離れ離れになっていた十数年とい …

【個別楽曲レビュー】GARNET CROW/巡り来る春に

2013年、惜しまれながらも解散した『GARNET CROW』。 女性のボーカルとキーボード、男性のギターとキーボードという4人構成で活動していました。 丁寧に作りこまれたポップソングが『GARNET …

【個別楽曲レビュー】ゴールデンボンバー/僕クエスト

エアーバンドなる言葉を世に定着させた先駆者『ゴールデンボンバー』。 エアーバンドだけあって、演奏代わりの奇抜なパフォーマンスが目立ちますが、鬼才・鬼龍院翔による独特な視点の楽曲も魅力です。 このまま『 …

【個別楽曲レビュー】hide/ERASE

伝説のミュージシャン…その言葉が最も似合う日本人は、やはり『hide』ではないでしょうか。 カリスマバンド『X JAPAN』のギタリストというポジション、トレードマークの赤髪、ズバ抜けたセンス、そして …


執筆者:キャスター
中高生の頃、中古のCD屋巡りばっかりやってました。そんなアラサー会社員キャスターによる音楽レビューブログ。 昔趣味で曲作りをやっていたので、音楽制作者に敬意を払って1曲1曲丁寧に記事を書いていきます。