アルバムレビュー

【アルバムレビュー】PIERROT/CELLULOID

投稿日:2018年10月8日 更新日:

宗教的なカリスマ性中毒性のある歌詞・サウンドで多大な信者を生み出したバンド『PIERROT』。

アンダーグラウンドで知的で過激。当時の10代リスナーはある種の選民思想を抱きながら『PIERROT』の楽曲に耳を傾けていたのではないでしょうか。”『PIERROT』を聴かないなんて周りはわかってないなぁ”って。

…それは後の世で中二病と呼ばれるわけですが…。

今回は、『PIERROT』のミニアルバム、『CELLULOID』のレビューです。

※『PIERROT』に関するその他のアルバム/個別楽曲レビューはこちらからどうぞ: アーティスト索引/PIERROT

head

『CELLULOID』の全体概要

アーティストPIERROT
アルバム名CELLULOID
発売日1997/9/3
収録曲数6
演奏時間29:42

『PIERROT』インディーズ時代のミニアルバム。

演奏時間は29:42。山手線で、東京・新大久保くらいの時間です。

レビュー

『CELLULOID』の収録曲別お気に入り度

各収録曲のお気に入り度はこんな感じです。

#曲名お気に入り度
1セルロイド★★★★★5
2Adolf★★★★★5
3脳内モルヒネ★★★★★5
4Twelve★★★★☆4
5鬼と桜★★★★★5
6HUMAN GATE★★★★☆4

飛ばしたいと思う曲が1曲もありません。隙の無い構成。

アルバム『CELLULOID』収録曲の半数は『DICTATORS CIRCUS -奇術的旋律-』に再録されています。

※『CELLULOID』収録曲ごとの個別楽曲レビューもしています。こちらからどうぞ。

『CELLULOID』全体の感想

奇作『パンドラの匣』に続く、『PIERROT』インディーズ時代のアルバム『CELLULOID』。

既存の枠にとらわれずに幅広いテーマを扱う歌詞と変態的なバンドアレンジは健在な上、音質が前作『パンドラの匣』に比べて格段に良くなっています。

ミニアルバムということで本作『CELLULOID』の収録曲数は少な目ですが、密度という点では『パンドラの匣』を上回る内容になっているのではないでしょうか。

名曲だらけの本作『CELLULOID』ですが、目玉作品はやはり#3 『脳内モルヒネ』でしょう。見たものの目を奪うその奇怪な曲名通り、非常に中毒性のある個性的な楽曲に仕上がっています。いやはや、こんなに気持ちの悪いギターシンセの音って出せるんですね…(褒め言葉)。

本作『CELLULOID』、リリースから既に20年以上が経過した作品ですが、全然古臭い印象はありません。

『PIERROT』というバンドの放つ個性が、時代の流れに対して何の干渉もされず、今でもただただここにある。そんな唯一無二のアルバムです。

『CELLULOID』収録曲の個別楽曲レビューリンク

※『PIERROT』に関するその他のアルバム/個別楽曲レビューはこちらからどうぞ: アーティスト索引/PIERROT

-アルバムレビュー
-,

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

関連記事

【アルバムレビュー】ポルカッドットスティングレイ/大正義

2017年、ブレイク間違いなし(と思っていたけど、あんまりそうでもなかった)バンド、『ポルカドットスティングレイ』!! 女性ボーカルとギター、ベース、ドラムといった、シンプルな構成の4人ロックバンドで …

【アルバムレビュー】JUDY AND MARY/COMPLETE BEST ALBUM「FRESH」

女性ボーカルに男性楽器隊という編成で平成の日本音楽史に数々のヒットソングを送り込んだバンド『JUDY AND MARY』。 1993年のメジャーデビュー後、6枚のオリジナルアルバムを残して2001年に …

【アルバムレビュー】L’Arc〜en〜Ciel/REAL

日本を代表する説明不要のロックバンド、『L’Arc〜en〜Ciel』! かっこいい楽曲に加え、時々垣間見られるちょっとした遊び心が長い人気の秘訣ではないでしょうか。もちろん、ボーカルhyd …

【アルバムレビュー】PIERROT/FINALE

宗教的なカリスマ性と中毒性のある歌詞・サウンドで多大な信者を生み出したバンド『PIERROT』。 アンダーグラウンド界のカリスマボーカル”キリト”と、奇天烈なサウンドで世界観に …

【アルバムレビュー】チャットモンチー/chatmonchy has come

キラキラしたかわいい女の子ではなく(失礼)、もっと素の女の子をシンプルなバンドサウンドで表現してきた『チャットモンチー』! 気づけば、数多く存在する部活動的雰囲気を持った現代ガールズバンドの元祖とも言 …


執筆者:キャスター
中高生の頃、中古のCD屋巡りばっかりやってました。そんなアラサー会社員キャスターによる音楽レビューブログ。 昔趣味で曲作りをやっていたので、音楽制作者に敬意を払って1曲1曲丁寧に記事を書いていきます。