個別楽曲レビュー

【個別楽曲レビュー】X JAPAN/Joker

投稿日:2018年10月7日 更新日:

日本の音楽史を語る上で絶対に外すのことのできないバンド、『X JAPAN』。

YOSHIKI、Toshl、HIDEといったメンバーひとりひとりが持つ物語、バンドが歩んだ歴史、そして多くのロックキッズを虜にした楽曲、どこを切り取っても、もはや芸術とまで呼んでしまえそうな、そんな唯一無二のバンド。

再結成後もレジェンドとしての貫禄を見せつけ続けてほしいですね。

今回は、『X JAPAN』の楽曲、『Joker』のレビューです。

※『X JAPAN』に関するその他のアルバム/個別楽曲レビューはこちらからどうぞ: アーティスト索引/X JAPAN

card

『Joker』の全体概要

基本情報

アーティストX JAPAN
曲名Joker
演奏時間5:33
作詞HIDE
作曲HIDE
編曲X

両A面5thシングルの一つ。HIDEによる作詞作曲。

『Joker』収録アルバム

アルバム名トラック#
Jealousy9
X SINGLES10
B.O.X 〜Best of X〜 (Disc 1 Best of X)7
STAR BOX2

メジャー2ndオリジナルアルバム『Jealousy』の9曲目に収録。

元々のオリジナルは『Jealousy』収録のものです。『Joker』が5thシングルとしてシングルカットされる際、『Jealousy』収録版にあったオープニングの”ざわざわ”をカットした形(シングルバージョン)でリリースされましたが、こちらは『X SINGLES』に収録されています。

『B.O.X 〜Best of X〜』、『STAR BOX』にはライブバージョンが収録されています。

※『Joker』が収録されているアルバムのレビューもしています。こちらからどうぞ。

レビュー

『Jealousy』に収録されているHIDEの作品その3、『Joker』。

Xのシングルの中で初めてYOSHIKI作品以外でシングル化された記念すべき楽曲です。

『Joker』という曲名通り、ギャンブルとその敗者について歌われた楽曲です。”敗者の持つ勝者への妬み”というのは、まさしくアルバム『Jealousy』のコンセプトに合致しています。

『Miscast』、『Love Replica』、そして本作『Joker』と、”Jealousy(嫉妬)”という一つのキーワードから様々な方向へ発想を広げるHIDEのセンスは見事ですよね。

アルバム『Jealousy』がバラエティーに富んだ内容になっているのは、HIDEの柔軟なアイディアが大きな役割を担っていると言って間違いないでしょう。

ところで2番の歌詞に”「このカードさえあれば」なんでも手に入る”…という意味のフレーズが出てきます。この部分を聴くたびに“クレジットカードのCMにピッタリだよなぁ”なんて思ってしまいます 笑。

…いや、よく考えたら、『Joker』なんて曲名を起用するのは、クレジットカード会社は嫌か 笑。

Amazonで試聴できます。

『Joker』収録アルバムレビューリンク

※『X JAPAN』に関するその他のアルバム/個別楽曲レビューはこちらからどうぞ: アーティスト索引/X JAPAN

-個別楽曲レビュー
-,

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

関連記事

【個別楽曲レビュー】GLAY/ひとひらの自由

90年代後半、音楽業界の様々な記録を塗り替えていったモンスターバンド『GLAY』。 ヒットソングだけを取り出してみれば、確かに耳馴染みの良い王道J-POPな楽曲で溢れていますが、ひとたび『GLAY』の …

【個別楽曲レビュー】the brilliant green/angel song -イヴの鐘-

『the brilliant green』はもっと評価されるべき!! UKロック風のバンドサウンドとアンニュイなのにメルヘン感のある川瀬智子のボーカルの絶妙な組み合わせは唯一無二です! そんな『the …

【個別楽曲レビュー】Janne Da Arc/Junky Walker

2019年、突如解散を発表した『Janne Da Arc』。 キーボードを絡めたカラフルな音色、個々の卓越した演奏技術による派手なサウンド、そしてキャッチーなメロディーラインが魅力的な楽曲をいくつも生 …

【個別楽曲レビュー】X JAPAN/X

日本の音楽史を語る上で絶対に外すのことのできないバンド、『X JAPAN』。 YOSHIKI、Toshl、HIDEといったメンバーひとりひとりが持つ物語、バンドが歩んだ歴史、そして多くのロックキッズを …

【個別楽曲レビュー】LUNA SEA/ANUBIS

2000年に終幕をし、長らく伝説のバンドとなっていましたが、2010年に活動を再開した『LUNA SEA』。 90年代後半はソロで大成したRYUICHIこと『河村隆一』のインパクトが良くも悪くもバンド …


執筆者:キャスター
中高生の頃、中古のCD屋巡りばっかりやってました。そんなアラサー会社員キャスターによる音楽レビューブログ。 昔趣味で曲作りをやっていたので、音楽制作者に敬意を払って1曲1曲丁寧に記事を書いていきます。