個別楽曲レビュー

【個別楽曲レビュー】PIERROT/Twelve

投稿日:2018年10月13日 更新日:

宗教的なカリスマ性中毒性のある歌詞・サウンドで多大な信者を生み出したバンド『PIERROT』。

アンダーグラウンドで知的で過激。当時の10代リスナーはある種の選民思想を抱きながら『PIERROT』の楽曲に耳を傾けていたのではないでしょうか。”『PIERROT』を聴かないなんて周りはわかってないなぁ”って。

…それは後の世で中二病と呼ばれるわけですが…。

今回は、『PIERROT』の楽曲、『Twelve』のレビューです。

※『PIERROT』に関するその他のアルバム/個別楽曲レビューはこちらからどうぞ: アーティスト索引/PIERROT

face

『Twelve』の全体概要

基本情報

アーティストPIERROT
曲名Twelve
演奏時間5:17
作詞キリト
作曲アイジ & TAKEO
編曲Pierrot & 奈良敏博

作曲はギターのアイジとドラムのTAKEOによる共作。

『PIERROT』の楽曲の中でTAKEOが作曲者に表記されているのは本作『Twelve』のみ。

『Twelve』収録アルバム

アルバム名トラック#
CELLULOID4

インディーズ時代のミニアルバム、『CELLULOID』の4曲目に収録。

※『Twelve』が収録されているアルバムのレビューもしています。こちらからどうぞ。

レビュー

アルバム『CELLULOID』収録曲の中で最も聴きやすい1曲と思われるのが本作『Twelve』。ただ、”聴きやすい”というのは、『PIERROT』信者からすれば“物足りない”と判断されるかもしれません。

しかしながら、アルバム『CELLULOID』の収録順を考えると、本作『Twelve』の前にあの奇作『脳内モルヒネ』が配置されていますので、アルバムの流れとしては本作『Twelve』の聴きやすさが”いいお口直し”の役割を果たしているとも言えそうです。

本作『Twelve』で歌われている内容は”再会と別れ”といったところでしょうか。

再会までの「空白」の時間と、それでも結局別れを選んでしまった「運命」。この一連のドラマは、再会までの”過去”と別れを選んだゆえに迎える”未来”を軸にしており、この二つを大きく捉えると“時間”というものが本作『Twelve』キーワードになっているように感じます。

そしてその“時間”というキーワードを端的に凝縮した言葉が曲名にも用いられた『Twelve』という単語ではないでしょうか。

『Twelve』の和訳はご存知の通り数字の”12″です。しかし、この”12″という数字、日常的には“時間”にまつわる数として利用されていると思いませんか?

代表的なところは時計ですかね。一般的なアナログ時計は”12″という数字を頂点に円を描いています。それから、月もそうです(moonではなくmonthの方)。1年を”12個”の月で分割しており、1年で体験する月の最大値は”12月”です。

こんなふうに、私は本作『Twelve』という曲名の意味を”時間”に関する言葉として解釈しています。

もちろんこれが正解かどうかはわかりませんが、こういう”一人謎解き”をしてみるのも『PIERROT』の楽曲の楽しみ方の一つですよね。

『Twelve』収録アルバムレビューリンク

※『PIERROT』に関するその他のアルバム/個別楽曲レビューはこちらからどうぞ: アーティスト索引/PIERROT

-個別楽曲レビュー
-,

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

関連記事

【個別楽曲レビュー】GLAY/Christmas Ring

90年代後半、音楽業界の様々な記録を塗り替えていったモンスターバンド『GLAY』。 ヒットソングだけを取り出してみれば、確かに耳馴染みの良い王道J-POPな楽曲で溢れていますが、ひとたび『GLAY』の …

【個別楽曲レビュー】Every Little Thing/Season

J-POPのお手本のような楽曲を連発したユニット、『Every Little Thing』。 特に90年代後半の五十嵐充プロデュース時代の楽曲は、ビーイング系のバンドっぽいサウンドと小室ファミリーのダ …

【個別楽曲レビュー】LUNA SEA/IN MY DREAM (WITH SHIVER)

2000年に終幕をし、長らく伝説のバンドとなっていましたが、2010年に活動を再開した『LUNA SEA』。 後世に与えた音楽的影響度もさることながら、ファンのことを“SLAVE&#822 …

【個別楽曲レビュー】hide/DICE

伝説のミュージシャン…その言葉が最も似合う日本人は、やはり『hide』ではないでしょうか。 カリスマバンド『X JAPAN』のギタリストというポジション、トレードマークの赤髪、ズバ抜けたセンス、そして …

【個別楽曲レビュー】ゴールデンボンバー/あしたのショー

エアーバンドなる言葉を世に定着させた先駆者『ゴールデンボンバー』。通称”金爆(きんばく)”。 自分たちの好きなことをするため、あえてメジャーデビューを選ばずにインディーズで活動 …


執筆者:キャスター
中高生の頃、中古のCD屋巡りばっかりやってました。そんなアラサー会社員キャスターによる音楽レビューブログ。 昔趣味で曲作りをやっていたので、音楽制作者に敬意を払って1曲1曲丁寧に記事を書いていきます。