個別楽曲レビュー

【個別楽曲レビュー】JUDY AND MARY/DAYDREAM

投稿日:2019年8月4日 更新日:

女性ボーカルに男性楽器隊という編成で平成の日本音楽史に数々のヒットソングを送り込んだバンド『JUDY AND MARY』。

1993年のメジャーデビュー後、6枚のオリジナルアルバムを残して2001年に解散しました。『JUDY AND MARY』と同時期に解散した多くのバンドが再結成を遂げ続ける中、このバンドは復活の気配すら感じられないまま今に至っています。

今回は、『JUDY AND MARY』の楽曲、『DAYDREAM』のレビューです。

※『JUDY AND MARY』に関するその他のアルバム/個別楽曲レビューはこちらからどうぞ: アーティスト索引/JUDY AND MARY

girl

『DAYDREAM』の全体概要

基本情報

アーティストJUDY AND MARY
曲名DAYDREAM
演奏時間3:26
作詞YUKI
作曲恩田快人
編曲JUDY AND MARY

『JUDY AND MARY』の3rdシングル。

『DAYDREAM』収録アルバム

アルバム名トラック#
J・A・M10
FRESH3
The Great Escape -COMPLETE BEST- (DISC 02)11
COMPLETE BEST ALBUM「FRESH」 (DISC 01)3

メジャー1stアルバム『J・A・M』の10曲目に収録。

※『DAYDREAM』が収録されているアルバムのレビューもしています。こちらからどうぞ。

レビュー

メジャー1stアルバム『J・A・M』からシングルカットされた楽曲『DAYDREAM』。

曲中に「暑い」という単語が何度も出てくる通り、「真夏」を舞台とした作品になっていますが、”夏休み”とか”ビーチ”とか、そういう夏のワクワクする場面を切り取った楽曲ではありません

どちらかと言えば、嫌になるようなあの夏の「暑さ」に焦点を当て、”心に抱えた何らかの辛い気持ち”をそこに重ねた作品という感じですね。夏という季節が持つネガティブな一面の方を切り取った楽曲です。

一方、疾走感のあるサウンドとかわいらしいYUKIのボーカルが歌詞の割に爽やかさを感じさせるのもまた事実。

「暑い真夏」と歌っているとは言え、この爽やかなサウンドが描く風景は、”湿気の多いジメジメした日本の夏”ではなく”乾燥してヒリつくような熱を帯びたどこかの砂漠”という感じですかね。もちろん、”爽やかな暑さ”と言えばハワイや地中海のようなリゾート地が連想先として適切なのでしょうが、歌詞がネガティブ寄りなので、”リゾート地”というよりは”砂漠”の方がイメージに近いかなと思います。

あと、これは非常に個人的な感想なのですが、本作『DAYDREAM』のサウンドが『LUNA SEA』っぽいなって感じます。アルバムで言えばインディーズ~メジャー1st『IMAGE』あたりですかね。

本作『DAYDREAM』の全体がそうだというわけではないのですが、ドラムの音やリズム、それからギターのジャカジャー具合なんかがあの頃の『LUNA SEA』サウンドを彷彿とさせます。

Amazonで試聴できます。

『DAYDREAM』収録アルバムレビューリンク

※『JUDY AND MARY』に関するその他のアルバム/個別楽曲レビューはこちらからどうぞ: アーティスト索引/JUDY AND MARY

-個別楽曲レビュー
-,

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

関連記事

【個別楽曲レビュー】LUNA SEA/STEAL

2000年に終幕をし、長らく伝説のバンドとなっていましたが、2010年に活動を再開した『LUNA SEA』。 90年代後半はソロで大成したRYUICHIこと『河村隆一』のインパクトが良くも悪くもバンド …

【個別楽曲レビュー】チャットモンチー/世界が終わる夜に

キラキラしたかわいい女の子ではなく(失礼)、もっと素の女の子をシンプルなバンドサウンドで表現してきた『チャットモンチー』! 気づけば、数多く存在する部活動的雰囲気を持った現代ガールズバンドの元祖とも言 …

【個別楽曲レビュー】GLAY/Savile Row 〜サヴィル ロウ 3番地〜

90年代後半、音楽業界の様々な記録を塗り替えていったモンスターバンド『GLAY』。 デビューから20年以上経つベテランバンドですが、長寿バンドに付きものの”メンバー間の確執”と …

【個別楽曲レビュー】GARNET CROW/巡り来る春に

2013年、惜しまれながらも解散した『GARNET CROW』。 女性のボーカルとキーボード、男性のギターとキーボードという4人構成で活動していました。 丁寧に作りこまれたポップソングが『GARNET …

【個別楽曲レビュー】ポルカッドットスティングレイ/エレクトリック・パブリック

2017年、ブレイク間違いなし(と思っていたけど、あんまりそうでもなかった)バンド、『ポルカドットスティングレイ』!! 女性ボーカルとギター、ベース、ドラムといった、シンプルな構成の4人ロックバンドで …


執筆者:キャスター
中高生の頃、中古のCD屋巡りばっかりやってました。そんなアラサー会社員キャスターによる音楽レビューブログ。 昔趣味で曲作りをやっていたので、音楽制作者に敬意を払って1曲1曲丁寧に記事を書いていきます。