個別楽曲レビュー

【個別楽曲レビュー】X JAPAN/ART OF LIFE

投稿日:2018年1月13日 更新日:

日本の音楽史を語る上で絶対に外すのことのできないバンド、『X JAPAN』。

YOSHIKI、Toshl、HIDEといったメンバーひとりひとりが持つ物語、バンドが歩んだ歴史、そして多くのロックキッズを虜にした楽曲、どこを切り取っても、もはや芸術とまで呼んでしまえそうな、そんな唯一無二のバンド。

2007年の再結成は衝撃的な出来事でしたが、それから10年以上経つものの、オリジナルアルバムが1枚もリリースされないのがもどかしくもあり、『X JAPAN』らしくもある、そんな気持ちです 笑。

今回は、『X JAPAN』の楽曲、『ART OF LIFE』のレビューです。

※『X JAPAN』に関するその他のアルバム/個別楽曲レビューはこちらからどうぞ: アーティスト索引/X JAPAN

flower

『ART OF LIFE』の全体概要

基本情報

アーティストX JAPAN
曲名ART OF LIFE
演奏時間28:59
作詞YOSHIKI
作曲YOSHIKI
編曲X JAPAN

演奏時間28:59というのはタイプミスではありません。

『ART OF LIFE』1曲で28分59秒です。

『ART OF LIFE』収録アルバム

アルバム名トラック#
ART OF LIFE1
PERFECT BEST (Disc 1) 8
X JAPAN BEST 〜FAN’S SELECTION〜 (Disc-1)6
THE WORLD 〜X JAPAN 初の全世界ベスト〜 (DISC 2)1

オリジナルアルバム『ART OF LIFE』に『ART OF LIFE』単独で収録。

『PERFECT BEST』にはRadio Editバージョンということで、5分程度に短縮された形で収録されています。

※『ART OF LIFE』が収録されているアルバムのレビューもしています。こちらからどうぞ。

レビュー

『X JAPAN』の楽曲といえば、ざっくり二つのパターンを想像するのではないかなと思います。

一つは、『紅』や『Silent Jealousy』に代表されるハイスピードでメロディアスなロックナンバー。もう一つは、『ENDLESS RAIN』や『Forever Love』に代表されるピアノ中心のバラードナンバーです。

本作『ART OF LIFE』はそのどちらの要素も持つ特異な楽曲です。ある意味、『ART OF LIFE』は『X JAPAN』を真に代表する1曲と言えるのかもしれません。

『ART OF LIFE』について語るとすれば、何と言ってもまず1曲で30分弱という演奏時間に注目してしまいますよね。

(1993年に演奏時間30分弱の『ART OF LIFE』1曲だけを収録した作品がリリースされましたが、シングルではなくアルバム扱いになりました。このことから、 シングル/アルバムの区別は、曲数ではなく収録楽曲トータルの演奏時間の長さに依存しているように思えます。一方、シングル1枚にリミックスバージョンなど複数の楽曲を収録し、シングル1枚のトータル演奏時間が30分を超えてくるものもあるはずです。それでもシングル扱いになるのであれば、“シングルとアルバムの定義、境界って何?”ってことを考えさせられますね。…すみません、どうでもいい独り言でした。)

この30分弱の中に、『X JAPAN』のエッセンスが詰め込まれているのですが、特筆すべきは途中登場するピアノソロです。なんと、ピアノソロだけで8分以上の尺をとっているのです。一つのモチーフを繰り返しながら、アドリブを交えて展開するピアノソロ…。

わかりやすいメロディーとジェットコースターのように目まぐるしく変わる展開の刺激に慣れてしまった我々には、正直なところ、退屈に感じる部分ではあります。しかし一方、そんなポピュラー音楽に対する、一つの挑戦とも取れるのが、この長尺ピアノソロです。

あと、個人的に好きなのは、惜しみなくどんどん新しいメロディーが投入されるギター部分です。高速ドラムに乗せて美しいギターのシャワーが飛び出すのは、『ART OF LIFE』の聴きどころだと思います。

再結成を機に『X JAPAN』を知った方、是非本作『ART OF LIFE』に触れ、30分間の1曲を聴ききってみてください。『X JAPAN』というバンドの底の深さを想像以上に感じられると思います。

Amazonで試聴できます。

『ART OF LIFE』収録アルバムレビューリンク

※『X JAPAN』に関するその他のアルバム/個別楽曲レビューはこちらからどうぞ: アーティスト索引/X JAPAN

-個別楽曲レビュー
-,

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

関連記事

【個別楽曲レビュー】LUNA SEA/IN MY DREAM (WITH SHIVER)

2000年に終幕をし、長らく伝説のバンドとなっていましたが、2010年に活動を再開した『LUNA SEA』。 後世に与えた音楽的影響度もさることながら、ファンのことを“SLAVE&#822 …

【個別楽曲レビュー】Every Little Thing/Here and everywhere

J-POPのお手本のような楽曲を連発したユニット、『Every Little Thing』。 特に90年代後半の五十嵐充プロデュース時代の楽曲は、ビーイング系のバンドっぽいサウンドと小室ファミリーのダ …

【個別楽曲レビュー】hide/PSYENCE

伝説のミュージシャン…その言葉が最も似合う日本人は、やはり『hide』ではないでしょうか。 カリスマバンド『X JAPAN』のギタリストというポジション、トレードマークの赤髪、ズバ抜けたセンス、そして …

【個別楽曲レビュー】the brilliant green/Enemy

『the brilliant green』はもっと評価されるべき!! UKロック風のバンドサウンドとアンニュイなのにメルヘン感のある川瀬智子のボーカルの絶妙な組み合わせは唯一無二です! そんな『the …

【個別楽曲レビュー】Janne Da Arc/Junky Walker

2019年、突如解散を発表した『Janne Da Arc』。 キーボードを絡めたカラフルな音色、個々の卓越した演奏技術による派手なサウンド、そしてキャッチーなメロディーラインが魅力的な楽曲をいくつも生 …


執筆者:キャスター
中高生の頃、中古のCD屋巡りばっかりやってました。そんなアラサー会社員キャスターによる音楽レビューブログ。 昔趣味で曲作りをやっていたので、音楽制作者に敬意を払って1曲1曲丁寧に記事を書いていきます。