個別楽曲レビュー

【個別楽曲レビュー】hide/LASSIE (demo master version)

投稿日:2018年4月29日 更新日:

伝説のミュージシャン…その言葉が最も似合う日本人は、やはり『hide』ではないでしょうか。

カリスマバンド『X JAPAN』のギタリストというポジション、トレードマークの赤髪、ズバ抜けたセンス、そして若くして迎えてしまった死…。

『hide』を聴いたことがある人なら、おそらく誰しも思ったんじゃないでしょうか、”今も生きてたら、どんなことして楽しませてくれてたんだろう”って。

今回は、個別楽曲『LASSIE (demo master version)』のレビューです。

※『hide』に関するその他のアルバム/個別楽曲レビューはこちらからどうぞ: アーティスト索引/hide

dog

『LASSIE (demo master version)』の全体概要

基本情報

アーティストhide
曲名LASSIE (demo master version)
演奏時間3:32
作詞hide
作曲hide
編曲hide

『LASSIE (demo master version)』収録アルバム

アルバム名トラック#
PSYENCE13

オリジナルアルバム『PSYENCE』の13曲目に収録。

※『LASSIE (demo master version)』が収録されているアルバムのレビューもしています。こちらからどうぞ。

レビュー

ご主人に牙を剥く犬を主人公にした1曲『LASSIE (demo master version)』。

曲名の『LASSIE』は”ラッシー”と読むわけですが、これは”名犬ラッシー”を元ネタにしていると考えて間違いないでしょう。楽曲中に登場するラッシーは全然忠犬ではありませんから、かなり皮肉を込めた曲名と言えますね 笑。

ちなみに、”ラッシー”という単語はスコットランド語で”お嬢さん”を意味する言葉です。なので、原作の”名犬ラッシー”の方に出てくるラッシーはメス犬となっています。

一方、本作『LASSIE (demo master version)』に出てくる犬は自分のことを「俺」と呼んでいるので、どうやらオス犬のようです。オス犬に”お嬢さん”という名前が付いているわけですね…。

…まぁ、細かいことは気にしないでおきましょう 笑。

とにかく、軽快なリズムに乗って『hide』らしい皮肉が聴ける1曲になっています。

『DAMAGE』や『BACTERIA』といったイカツイ曲も最高ですけど、『LASSIE (demo master version)』のような軽快でポップな楽曲がアルバムにあるといい味変えになりますね。

『BACTERIA』や『ATOMIC M・O・M』がアルバム『PSYENCE』の理系(science)部分だとすると、”物語”を下敷きにしている本作『LASSIE (demo master version)』は『PSYENCE』の文系(psychology)部分なのかもしれません。

Amazonで試聴できます。

『LASSIE (demo master version)』収録アルバムレビューリンク

※『hide』に関するその他のアルバム/個別楽曲レビューはこちらからどうぞ: アーティスト索引/hide

-個別楽曲レビュー
-,

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

関連記事

【個別楽曲レビュー】ゴールデンボンバー/だからバイバイ

エアーバンドなる言葉を世に定着させた先駆者『ゴールデンボンバー』。通称”金爆(きんばく)”。 自分たちの好きなことをするため、あえてメジャーデビューを選ばずにインディーズで活動 …

【個別楽曲レビュー】黒夢/解凍実験

ボーカルとベースの二人組という珍しい組み合わせのバンド、『黒夢』。 1994年のメジャーデビュー後、順調にセールスを伸ばしていた中1999年に無期限の活動停止を発表。そしてその約10年後の2010年、 …

【個別楽曲レビュー】PIERROT/HUMAN GATE

宗教的なカリスマ性と中毒性のある歌詞・サウンドで多大な信者を生み出したバンド『PIERROT』。 アンダーグラウンドで知的で過激。当時の10代リスナーはある種の選民思想を抱きながら『PIERROT』の …

【個別楽曲レビュー】JUDY AND MARY/ひとつだけ

女性ボーカルに男性楽器隊という編成で平成の日本音楽史に数々のヒットソングを送り込んだバンド『JUDY AND MARY』。 1993年のメジャーデビュー後、6枚のオリジナルアルバムを残して2001年に …

【個別楽曲レビュー】B’z/BE THERE

ボーカルの稲葉浩志とギターの松本孝弘による二人組ロックバンド『B’z』。 『B’z』に言及するからにはやはり避けて通れないのは数々の記録でしょう。その中でも日本におけるアーティ …


執筆者:キャスター
中高生の頃、中古のCD屋巡りばっかりやってました。そんなアラサー会社員キャスターによる音楽レビューブログ。 昔趣味で曲作りをやっていたので、音楽制作者に敬意を払って1曲1曲丁寧に記事を書いていきます。