個別楽曲レビュー

【個別楽曲レビュー】THE YELLOW MONKEY/GIRLIE

投稿日:2017年7月17日 更新日:

2016年、申年に復活を遂げた『THE YELLOW MONKEY』!!

大人の魅力を増して帰ってきてくれましたね!

これから出す新曲やアルバムがどんなものになるのか楽しみです。年齢的な深みが増すことで、必ずしやこれまでの名盤、名曲を超える作品を生み出していってくれることでしょう!

今回は、アルバム『8』の3曲目、『GIRLIE』レビューです。

※『THE YELLOW MONKEY』に関するその他のアルバム/個別楽曲レビューはこちらからどうぞ: アーティスト索引/THE YELLOW MONKEY

candles

『GIRLIE』の全体概要

基本情報

アーティストTHE YELLOW MONKEY
曲名GIRLIE
演奏時間5:14
作詞吉井和哉
作曲吉井和哉
編曲THE YELLOW MONKEY & JON JACOBS & DAVID MAURICE

外部の方が編曲に携わっています。

初出はアルバム『8』ですが、その後23rdシングル『BRILLIANT WORLD』のカップリングとして”Original mix”が収録されました。

『GIRLIE』収録アルバム

アルバム名トラック#
83
THE YELLOW MONKEY MOTHER OF ALL THE BEST (DISC 3)7

アルバム『8』の3曲目に収録。

また、ベストアルバム『THE YELLOW MONKEY MOTHER OF ALL THE BEST』に”Original mix”版が収録されています。

※『GIRLIE』が収録されているアルバムのレビューもしています。こちらからどうぞ。

レビュー

本作『GIRLIE』、率直に言えばSMについて歌った曲。

しかし、単純な”痛い・気持ちいい”の世界ではなく、さらにもう一歩踏み込んだ心を歌った1曲です。曲後半に出てくる大サビの箇所がまさにそうですね。

“道化師的なS役”とでも表現しましょうか。“ムチは振るっているんじゃない、振るわされているんだ”とでも言いたげな、そんな世界観です。

サウンドの方も、ドラムパターンに変態的なスネアのリズムを聴きとることができます。まるでムチがしなりながら地面を叩いているような音とリズムです。

それから、1番、2番と曲が進行するにつれて楽器が増えていく感じがかっこいいですね。徐々に緊張感が膨れ上がっていく雰囲気を感じ取れます。

そして最後のアウトロ!

ここのギターがサウンド的に一番かっこいいところです!ギターのリフがオクターブでどんどん上昇していく様はシンプルながらも強烈に楽曲が盛り上がります。

テンションが最高潮に達するところで楽曲が閉じる…ドラマチックでかっこいい…!

そうそう、太宰治の有名作品である”人間失格”にこんな一文があります。

いったいに、女は、男よりも快楽をよけいに頬張る事が出来るようです。

出典:太宰治/人間失格

本作『GIRLIE』を聴いたとき、この一文が思い浮かびました。この楽曲で描かれている女性像って、まさにこの一言に集約されているように感じます。

“快楽に対する要求の多さ”、これが吉井和哉の思う『GIRLIE(乙女らしさ)』なのかもしれません…。

Amazonで試聴できます。

『GIRLIE』収録アルバムレビューリンク

※『THE YELLOW MONKEY』に関するその他のアルバム/個別楽曲レビューはこちらからどうぞ: アーティスト索引/THE YELLOW MONKEY

-個別楽曲レビュー
-,

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

関連記事

【個別楽曲レビュー】GARNET CROW/wonder land

2013年、惜しまれながらも解散した『GARNET CROW』。 女性のボーカルとキーボード、男性のギターとキーボードという4人構成で活動していました。 丁寧に作りこまれたポップソングが『GARNET …

【個別楽曲レビュー】ポケットビスケッツ/ポケビのうた

テレビのバラエティー番組から生まれた音楽ユニット『ポケットビスケッツ』。 メンバーはウッチャンナンチャンの内村光良、千秋、キャイーンのウド鈴木の3人構成。『ポケットビスケッツ』はかなり昔に活動休止して …

【個別楽曲レビュー】Every Little Thing/Rescue me

J-POPのお手本のような楽曲を連発したユニット、『Every Little Thing』。 1996年にデビューし、2016年に20周年を迎えました。 2000年前後ほどの派手なヒットはありませんが …

【個別楽曲レビュー】PIERROT/Waltz

宗教的なカリスマ性と中毒性のある歌詞・サウンドで多大な信者を生み出したバンド『PIERROT』。 このバンドが活躍していた90年代後半から00年代前半頃はまだ”中二病”という言 …

【個別楽曲レビュー】黒夢/心臓

ボーカルとベースの二人組という珍しい組み合わせのバンド、『黒夢』。 1994年のメジャーデビュー後、順調にセールスを伸ばしていた中1999年に無期限の活動停止を発表。そしてその約10年後の2010年、 …


執筆者:キャスター
中高生の頃、中古のCD屋巡りばっかりやってました。そんなアラサー会社員キャスターによる音楽レビューブログ。 昔趣味で曲作りをやっていたので、音楽制作者に敬意を払って1曲1曲丁寧に記事を書いていきます。