個別楽曲レビュー

【個別楽曲レビュー】the brilliant green/Rock’n Roll

投稿日:2017年6月30日 更新日:

『the brilliant green』はもっと評価されるべき!!

UKロック風のバンドサウンドアンニュイなのにメルヘン感のある川瀬智子のボーカルの絶妙な組み合わせは唯一無二!

解散したわけではないですが、最近は目立った活動がないのが残念です。。。

今回は、『the brilliant green』の1stアルバム『the brilliant green』の10曲目、『Rock’n Roll』の個別楽曲レビューです。

※『the brilliant green』に関するその他のアルバム/個別楽曲レビューはこちらからどうぞ: アーティスト索引/the brilliant green

guitar

『Rock’n Roll』の全体概要

基本情報

アーティストthe brilliant green
曲名Rock’n Roll
演奏時間3:43
作詞川瀬智子
作曲奥田俊作
編曲the brilliant green

シンプルかつ直球な曲名です。

『Rock’n Roll』収録アルバム

アルバム名トラック#
the brilliant green10

1stアルバム『the brilliant green』の10曲目に収録されています。本アルバムの最終トラックになります。

※『Rock’n Roll』が収録されているアルバムのレビューもしています。こちらからどうぞ。

レビュー

『Rock’n Roll』という曲名とは裏腹に、アコースティックギター1本でまとめられた1曲。

『Rock’n Roll』が収録されているアルバム『the brilliant green』ですが、『OASIS』の『Definitely Maybe』というアルバムに雰囲気が似ているなと感じます。

似ていると感じるその一つの要素として、どちらのアルバムも最終トラックがアコースティックな曲だというところがあります。

UKロックな曲でアルバム内を突っ走って、最後にアコースティックで締めるというのが、両アルバム共通の聴き心地です。

アコースティックギター一本で仕上げた曲というのは『the brilliant green』の中でも珍しいのですが、川瀬智子のボーカルにしっかり馴染んでいますね。ため息交じりのアンニュイボイスがアコースティックな世界観にフィットしています。

UKロック風の曲では、バンドサウンドと川瀬智子のボーカルとの新しい融合が魅力ですが、『Rock’n Roll』のような、シンプルなアレンジの曲を挟むことで、改めて川瀬智子の声の素晴らしさに気づけますね。

本作『Rock’n Roll』、『the brilliant green』の音楽を楽しむ上で、押さえておきたい1曲です。

Amazonで試聴できます。

『Rock’n Roll』収録アルバムレビューリンク

※『the brilliant green』に関するその他のアルバム/個別楽曲レビューはこちらからどうぞ: アーティスト索引/the brilliant green

-個別楽曲レビュー
-,

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

関連記事

【個別楽曲レビュー】THE YELLOW MONKEY/太陽が燃えている

2016年、申年に復活を遂げた『THE YELLOW MONKEY』!! 流行りに左右されない、媚びないロックサウンドが大好きです!! 復活してからも、変わらずにギラギラした妖しいロックを奏でていって …

【個別楽曲レビュー】ポルカッドットスティングレイ/黄昏サイキック

2017年、ブレイク間違いなし(と思っていたけど、あんまりそうでもなかった)バンド、『ポルカドットスティングレイ』!! 女性ボーカルとギター、ベース、ドラムといった、シンプルな構成の4人ロックバンドで …

【個別楽曲レビュー】黒夢/白と黒

ボーカルとベースの二人組という珍しい組み合わせのバンド、『黒夢』。 1994年のメジャーデビュー後、順調にセールスを伸ばしていた中1999年に無期限の活動停止を発表。そしてその約10年後の2010年、 …

【個別楽曲レビュー】GARNET CROW/恋することしか出来ないみたいに

2013年、惜しまれながらも解散した『GARNET CROW』。 女性のボーカルとキーボード、男性のギターとキーボードという4人構成で活動していました。 メンバーが楽曲制作に携わる場合、ボーカルが作詞 …

【個別楽曲レビュー】PIERROT/Twelve

宗教的なカリスマ性と中毒性のある歌詞・サウンドで多大な信者を生み出したバンド『PIERROT』。 アンダーグラウンドで知的で過激。当時の10代リスナーはある種の選民思想を抱きながら『PIERROT』の …


執筆者:キャスター
中高生の頃、中古のCD屋巡りばっかりやってました。そんなアラサー会社員キャスターによる音楽レビューブログ。 昔趣味で曲作りをやっていたので、音楽制作者に敬意を払って1曲1曲丁寧に記事を書いていきます。