アルバムレビュー

【アルバムレビュー】GARNET CROW/first soundscope 〜水のない晴れた海へ〜

投稿日:2017年7月1日 更新日:

2013年、惜しまれながらも解散した『GARNET CROW』。

女性のボーカルとキーボード、男性のギターとキーボードという4人構成で活動していました。

丁寧に作りこまれたポップソングが『GARNET CROW』の魅力です。某名探偵アニメに採用された曲以外にも素敵な曲がたくさんありますよ!

 

今回は、彼女たちの1stアルバムとしてリリースされた『first soundscope 〜水のない晴れた海へ〜』のレビューです。

 

sculpture

全体概要

基本情報

アーティスト GARNET CROW
アルバム名 first soundscope 〜水のない晴れた海へ〜
発売日 2001/1/31

GARNET CROWのアルバムはサブタイトルが付いているものが多いです。特に初期はその傾向が強いようです。

このサブタイトルと同名の曲が本アルバム1曲目に収録されています。

 

収録曲

収録曲の一覧です。

# 曲名 演奏時間
1 水のない晴れた海へ 4:37
2 君の家に着くまでずっと走ってゆく 4:00
3 夏の幻 3:55
4 二人のロケット 4:44
5 巡り来る春に 4:57
6 HAPPY DAYS? 3:54
7 Mysterious Eyes 4:30
8 Rhythm 4:23
9 Holding you, and swinging 4:42
10 flying 4:31
11 千以上の言葉を並べても… 4:14
12 wonder land 4:36
13 夏の幻 (secret arrange ver.) 4:09

演奏時間はトータルで57:12です。新幹線こだまで、東京・三島間くらいの時間です。

収録曲のうち、シングル曲が6曲収録されています。

 

#2 『君の家に着くまでずっと走ってゆく』はインディーズアルバム『first kaleidscope ~君の家に着くまでずっと走ってゆく~』にも収録されていますが、こちらはシングル版になります。曲名は同じでも、曲調は全くの別モノです。

 

レビュー

テンションメーター

アルバムを通して聞いた時のテンションはこんな感じでした。5段階評価で各曲のテンションを可視化してみます。

# 曲名 テンションメーター
1 水のない晴れた海へ           5
2 君の家に着くまでずっと走ってゆく           3
3 夏の幻           4
4 二人のロケット           4
5 巡り来る春に           4
6 HAPPY DAYS?           5
7 Mysterious Eyes           4
8 Rhythm           5
9 Holding you, and swinging           5
10 flying           5
11 千以上の言葉を並べても…           3
12 wonder land           4
13 夏の幻 (secret arrange ver.)           5

こうやって可視化してみて、シングル曲よりアルバム曲が好みだったんだと気づきました。

 

総評

非常に丁寧に作られたんだなと感じるアルバム。

耳に残る印象的なメロディーや派手な音色を取り入れるわけでなく、こまごまとした効果音的な音やフレーズを積み重ねるようにして各楽曲が作られています。

人によっては”地味”という言葉で片付けられちゃうかもしれませんが、それで聴くのを投げ出すにはもったいない1枚です。割と聴きやすいシングル曲を手掛かりにしながら、長くじっくりと付き合うことで、だんだんとこのアルバムの良さに気づけるのではないでしょうか。

 

“1枚のアルバムとしての完成度”という意味で、ちょっともったいないなと感じるところもあります。それは最終トラックの『夏の幻 (secret arrange ver.)』です。

#3のオリジナル版をオミットして、こちらのsecret arrange ver.をメインに持ってきてくれてたらなと感じるんです…。本作『first soundscope 〜水のない晴れた海へ〜』は#12『wonder land』で締まるように流れが作られていると思うので、最後に再度『夏の幻 (secret arrange ver.)』が登場するのがもったいない。もちろん、好意のボーナストラックとして収録されているのはわかるんですが…。

まぁ、本作『first soundscope 〜水のない晴れた海へ〜』の完成度の高さの前にはほんの些細なことなんですけどね。

 

ということで、次は、『first kaleidscope ~君の家に着くまでずっと走ってゆく~』に収録されている各個別楽曲をレビューしていきたいと思います!

【個別楽曲レビュー】GARNET CROW/水のない晴れた海へ

【個別楽曲レビュー】GARNET CROW/君の家に着くまでずっと走ってゆく

【個別楽曲レビュー】GARNET CROW/夏の幻

【個別楽曲レビュー】GARNET CROW/二人のロケット

【個別楽曲レビュー】GARNET CROW/巡り来る春に

【個別楽曲レビュー】GARNET CROW/HAPPY DAYS?

【個別楽曲レビュー】GARNET CROW/Mysterious Eyes

【個別楽曲レビュー】GARNET CROW/Rhythm

【個別楽曲レビュー】GARNET CROW/Holding you, and swinging

【個別楽曲レビュー】GARNET CROW/flying

【個別楽曲レビュー】GARNET CROW/千以上の言葉を並べても…

【個別楽曲レビュー】GARNET CROW/wonder land

 

『GARNET CROW』のアルバムレビュー、他にもやってます!

【アルバムレビュー】GARNET CROW/first kaleidscope ~君の家に着くまでずっと走ってゆく~

【アルバムレビュー】GARNET CROW/SPARKLE 〜筋書き通りのスカイブルー〜

【アルバムレビュー】GARNET CROW/Crystallize 〜君という光〜

-アルバムレビュー
-,

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

関連記事

【アルバムレビュー】Every Little Thing/everlasting

J-POPのお手本のような楽曲を連発したユニット、『Every Little Thing』。 特に90年代後半の五十嵐充プロデュース時代の楽曲は、ビーイング系のバンドっぽいサウンドと小室ファミリーのダ …

【アルバムレビュー】the brilliant green/the brilliant green

『the brilliant green』はもっと評価されるべき!! UKロック風のバンドサウンドとアンニュイなのにメルヘン感のある川瀬智子のボーカルの絶妙な組み合わせは唯一無二! 解散したわけではな …

【アルバムレビュー】hide/PSYENCE

伝説のミュージシャン…その言葉が最も似合う日本人は、やはり『hide』ではないでしょうか。 カリスマバンド『X JAPAN』のギタリストというポジション、トレードマークの赤髪、ズバ抜けたセンス、そして …

【アルバムレビュー】THE YELLOW MONKEY/SICKS

2016年、申年に復活を遂げた『THE YELLOW MONKEY』!! 復活後も精力的に新作を発表してくれるのがとても嬉しいです。 テレビなんかでは、過去の名作を披露してくれることが時々ありますので …

【アルバムレビュー】X JAPAN/BLUE BLOOD

日本の音楽史を語る上で絶対に外すのことのできないバンド、『X JAPAN』。 YOSHIKI、Toshl、HIDEといったメンバーひとりひとりが持つ物語、バンドが歩んだ歴史、そして多くのロックキッズを …


執筆者:キャスター
中高生の頃、中古のCD屋巡りばっかりやってました。そんなアラサー会社員キャスターによる音楽レビューブログ。 昔趣味で曲作りをやっていたので、音楽制作者に敬意を払って1曲1曲丁寧に記事を書いていきます。