個別楽曲レビュー

【個別楽曲レビュー】GARNET CROW/巡り来る春に

投稿日:2017年7月4日 更新日:

2013年、惜しまれながらも解散した『GARNET CROW』。

女性のボーカルとキーボード、男性のギターとキーボードという4人構成で活動していました。

丁寧に作りこまれたポップソングが『GARNET CROW』の魅力です。某名探偵アニメに採用された曲以外にも素敵な曲がたくさんありますよ!

今回は、アルバム『first soundscope 〜水のない晴れた海へ〜』の5曲目、『巡り来る春に』のレビューです。

※『GARNET CROW』に関するその他のアルバム/個別楽曲レビューはこちらからどうぞ: アーティスト索引/GARNET CROW

spring-bird

『巡り来る春に』の全体概要

基本情報

アーティストGARNET CROW
曲名巡り来る春に
演奏時間4:57
作詞AZUKI七
作曲中村由利
編曲古井弘人

アルバム『first soundscope 〜水のない晴れた海へ〜』には5分を超える曲が無く、本作『巡り来る春に』がアルバム内では演奏時間最長の曲になります。

『巡り来る春に』収録アルバム

アルバム名トラック#
first soundscope 〜水のない晴れた海へ〜5
THE BEST History of GARNET CROW at the crest… (Disc 3:Premium Disc) 12

オリジナルアルバム『first soundscope 〜水のない晴れた海へ〜』の5曲目に収録。

非シングル曲ながら、ベストアルバムにも収録されています。ただし、『THE BEST History of GARNET CROW at the crest…』のDisc 3は初回限定盤のみの付属になります。

※『巡り来る春に』が収録されているアルバムのレビューもしています。こちらからどうぞ。

レビュー

まず、曲名ですよね。『巡り来る春に』という曲名…美しい

そして、『巡り来る春に』いったい何が起こるのか?

サビの歌詞では、この言葉の後に「旅立つ」という言葉が続きます。つまり、別れの歌なんですね。楽曲自体のアレンジも落ち着ていてどこか物悲しさがあります。四字熟語で言えば、“諸行無常”って言葉がぴったりかな。そんな雰囲気を感じます。

別れるのは悲しいけど、そこに未練がましさを持たず、しっとりと受け入れる…。

1番サビ前のBメロは歌詞が神懸ってますよね。ぜひここは聴いてみてほしいです。この言葉の組み合わせはさすが『GARNET CROW』です。

本作『巡り来る春に』、アルバム『first soundscope 〜水のない晴れた海へ〜』では5曲目に収録されていますが、この二つ前の3曲目には『夏の幻』が配置されています。

“夏”の後に”春”と、季節的には逆行する形の曲順になっているんですね。これは狙っているのか偶然なのか…真実は既に解散してしまった『GARNET CROW』のみが知っています…。

って、特に意味はないんでしょうけど 笑。

『巡り来る春に』収録アルバムレビューリンク

※『GARNET CROW』に関するその他のアルバム/個別楽曲レビューはこちらからどうぞ: アーティスト索引/GARNET CROW

-個別楽曲レビュー
-,

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

関連記事

【個別楽曲レビュー】相対性理論/マイハートハードピンチ

2000年代後半、一部の世間をざわつかせた(?)不思議系おしゃれバンド『相対性理論』! 実験的な言葉選びとアレンジが非常に個性的です。 最初のミニアルバム『シフォン主義』の発表から10年以上が経過した …

【個別楽曲レビュー】Every Little Thing/NECESSARY

J-POPのお手本のような楽曲を連発したユニット、『Every Little Thing』。 特に90年代後半の五十嵐充プロデュース時代の楽曲は、ビーイング系のバンドっぽいサウンドと小室ファミリーのダ …

【個別楽曲レビュー】L’Arc〜en〜Ciel/flower

日本を代表する説明不要のロックバンド、『L’Arc〜en〜Ciel』! かっこいい楽曲に加え、時々垣間見られるちょっとした遊び心が長い人気の秘訣ではないでしょうか。もちろん、ボーカルhyd …

【個別楽曲レビュー】THE YELLOW MONKEY/離れるな

2016年、申年に復活を遂げた『THE YELLOW MONKEY』!! シングルのリリースはあったものの、2018年7月現在、未だに復活後のオリジナルアルバムが発表されていません(*)。過去の名盤た …

【個別楽曲レビュー】JUDY AND MARY/ミュージック ファイター

女性ボーカルに男性楽器隊という編成で平成の日本音楽史に数々のヒットソングを送り込んだバンド『JUDY AND MARY』。 1993年のメジャーデビュー後、6枚のオリジナルアルバムを残して2001年に …


執筆者:キャスター
中高生の頃、中古のCD屋巡りばっかりやってました。そんなアラサー会社員キャスターによる音楽レビューブログ。 昔趣味で曲作りをやっていたので、音楽制作者に敬意を払って1曲1曲丁寧に記事を書いていきます。