個別楽曲レビュー

【個別楽曲レビュー】GARNET CROW/HAPPY DAYS?

投稿日:2017年7月5日 更新日:

2013年、惜しまれながらも解散した『GARNET CROW』。

女性のボーカルとキーボード、男性のギターとキーボードという4人構成で活動していました。

丁寧に作りこまれたポップソングが『GARNET CROW』の魅力です。某名探偵アニメに採用された曲以外にも素敵な曲がたくさんありますよ!

今回は、アルバム『first soundscope 〜水のない晴れた海へ〜』の6曲目、『HAPPY DAYS?』のレビューです。

※『GARNET CROW』に関するその他のアルバム/個別楽曲レビューはこちらからどうぞ: アーティスト索引/GARNET CROW

girl

『HAPPY DAYS?』の全体概要

基本情報

アーティストGARNET CROW
曲名HAPPY DAYS?
演奏時間3:54
作詞AZUKI七
作曲中村由利
編曲古井弘人

作詞・作曲・編曲はいつもの面々。

『HAPPY DAYS?』収録アルバム

アルバム名トラック#
first soundscope 〜水のない晴れた海へ〜6

オリジナルアルバム『first soundscope 〜水のない晴れた海へ〜』の6曲目に収録。

※『HAPPY DAYS?』が収録されているアルバムのレビューもしています。こちらからどうぞ。

レビュー

アラサー世代にとって、「Happy Days」といえば、『大塚愛』のこの曲ですかね。

2004年の曲なので、2019年現在から振り返ると、もう15年前の楽曲になるのか…(遠い目)。

しかし、本作『GARNET CROW』の『HAPPY DAYS?』は2001年発売のアルバムで世に出ているので、こっちのほうが先輩ですね

まぁ、「HAPPY DAYS」なんて曲名はありふれてそうなので、もっと先輩はたくさんいそうですが。

とはいえ、「HAPPY DAYS」の後に「?」が付いているのは『GARNET CROW』オリジナルなんじゃないでしょうか。ちゃんと調べたわけじゃないですけど、きっとそうです 笑!

そう、曲名の最後につく「?」が『GARNET CROW』らしいですよね。「HAPPY DAYS」って断定しないところ、”本当にHAPPY?”って含みを持たせてる感じ。

曲自体は『GARNET CROW』らしさ満点で文句なしです。相変わらずの丁寧に作りこまれたポップソング。素晴らしい!

曲名に「?」が付きつつも、サビは軽やかでテンポよく、なんだかんだで「HAPPY DAYS」なウキウキ感が伝わってきます。

…『GARNET CROW』の楽曲レビューで“ウキウキ”なんて言葉を使うとは思ってなかったな 笑。

『HAPPY DAYS?』収録アルバムレビューリンク

※『GARNET CROW』に関するその他のアルバム/個別楽曲レビューはこちらからどうぞ: アーティスト索引/GARNET CROW

-個別楽曲レビュー
-,

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

関連記事

【個別楽曲レビュー】黒夢/LOVE SONG

ボーカルとベースの二人組という珍しい組み合わせのバンド、『黒夢』。 1994年のメジャーデビュー後、順調にセールスを伸ばしていた中1999年に無期限の活動停止を発表。そしてその約10年後の2010年、 …

【個別楽曲レビュー】THE YELLOW MONKEY/4000粒の恋の唄

2016年、申年に復活を遂げた『THE YELLOW MONKEY』!! ギラギラした妖しい容姿、歌謡曲風の曲調、核心を突いた歌詞…そのどれもが絶妙なバランスの上に成り立つ唯一無二のバンドです。 一度 …

【個別楽曲レビュー】X JAPAN/ROSE OF PAIN

日本の音楽史を語る上で絶対に外すのことのできないバンド、『X JAPAN』。 YOSHIKI、Toshl、HIDEといったメンバーひとりひとりが持つ物語、バンドが歩んだ歴史、そして多くのロックキッズを …

【個別楽曲レビュー】L’Arc〜en〜Ciel/風の行方

日本を代表する説明不要のロックバンド、『L’Arc〜en〜Ciel』! かっこいい楽曲に加え、時々垣間見られるちょっとした遊び心が長い人気の秘訣ではないでしょうか。もちろん、ボーカルhyd …

【個別楽曲レビュー】THE YELLOW MONKEY/不愉快な6番街へ(Unpleasant 6th Avenue)

2016年、申年に復活を遂げた『THE YELLOW MONKEY』!! このバンドを紹介する際、当たり前のように『THE YELLOW MONKEY』と打ち込んでいるわけですが、よく考えるとこの言葉 …


執筆者:キャスター
中高生の頃、中古のCD屋巡りばっかりやってました。そんなアラサー会社員キャスターによる音楽レビューブログ。 昔趣味で曲作りをやっていたので、音楽制作者に敬意を払って1曲1曲丁寧に記事を書いていきます。