個別楽曲レビュー

【個別楽曲レビュー】L’Arc〜en〜Ciel/Fare Well

投稿日:2018年6月10日 更新日:

日本を代表する説明不要のロックバンド、『L’Arc〜en〜Ciel』!

かっこいい楽曲に加え、時々垣間見られるちょっとした遊び心が長い人気の秘訣ではないでしょうか。もちろん、ボーカルhydeの美貌によるカリスマ的な影響力もすごいものがありますが。

今回は『Fare Well』の個別楽曲レビューです。

※『L’Arc〜en〜Ciel』に関するその他のアルバム/個別楽曲レビューはこちらからどうぞ: アーティスト索引/L’Arc〜en〜Ciel

sunset

『Fare Well』の全体概要

基本情報

アーティストL’Arc〜en〜Ciel
曲名Fare Well
演奏時間4:57
作詞hyde
作曲ken
編曲L’Arc〜en〜Ciel & Haruo Togashi

本作『Fare Well』の編曲に携わっているHaruo Togashiは、他にもアルバム『True』の#10 『Dearest Love』の編曲に携わっています。

『Fare Well』収録アルバム

アルバム名トラック#
True1

オリジナルアルバム『True』の1曲目に収録。

※『Fare Well』が収録されているアルバムのレビューもしています。こちらからどうぞ。

レビュー

『Fare Well』とは“送別”の意味。”別れ”を意味する少し固めな表現です。

アルバム『True』の1曲目に配置されていますが、初っ端から”さようなら”を意味する楽曲が出てくるということになります。なかなかおもしろい曲順ですよね。

そして本作『Fare Well』、スローテンポで壮大なバラードになっています。これもアルバム1曲目に配置するにしては珍しい曲調ではないでしょうか。

アルバム1曲目はリスナーのテンションを上げる役割がありますからね。

聴き手に対して10曲前後をこれから聴かせるだけのモチベーションを持ってもらうといいますか、アルバム1曲目にはそういう役割があると思うのです。

そういう観点で見ると、1曲目にバラード配置って結構挑戦的だと思いません?

バラードでリスナーを飽きさせず、しっかり聴ききらせるという自信が無いとなかなかできないんじゃないかと。

ただ、そこは『L’Arc〜en〜Ciel』。単なる退屈なバラードではありません。

スローテンポで壮大ではあるのですが、のろのろしたストリングスのような、ズシッとくる”重さ”は無いのです。”壮大”という言葉とは矛盾するようですが、本作『Fare Well』はサラッと聴けるんですよね。

アルバムの1曲目に配置しても間違いのないバラードという、なかなかに挑戦的な楽曲です。

Amazonで試聴できます。

『Fare Well』収録アルバムレビューリンク

※『L’Arc〜en〜Ciel』に関するその他のアルバム/個別楽曲レビューはこちらからどうぞ: アーティスト索引/L’Arc〜en〜Ciel

-個別楽曲レビュー
-,

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

関連記事

【個別楽曲レビュー】the brilliant green/Rock’n Roll

『the brilliant green』はもっと評価されるべき!! UKロック風のバンドサウンドとアンニュイなのにメルヘン感のある川瀬智子のボーカルの絶妙な組み合わせは唯一無二! 解散したわけではな …

【個別楽曲レビュー】GLAY/3年後

90年代後半、音楽業界の様々な記録を塗り替えていったモンスターバンド『GLAY』。 耳馴染みの良いポップなメロディーと奇を衒わない素直な言葉で、J-POPの王道ともいえる音楽を世に繰り出し、人々を魅了 …

【個別楽曲レビュー】黒夢/ROCK ‘N’ ROLL

ボーカルとベースの二人組という珍しい組み合わせのバンド、『黒夢』。 ヴィジュアル系にカテゴライズされるイメージがありますが、その音楽性はアルバムをリリースする度にガラッと変わっており、一つのジャンルで …

【個別楽曲レビュー】JUDY AND MARY/Brand New Wave Upper Ground

女性ボーカルに男性楽器隊という編成で平成の日本音楽史に数々のヒットソングを送り込んだバンド『JUDY AND MARY』。 1993年のメジャーデビュー後、6枚のオリジナルアルバムを残して2001年に …

【個別楽曲レビュー】MALICE MIZER/Le ciel

今や芸能人格付けチェックの常連というイメージが強い『GACKT』。その『GACKT』が在籍していたバンドが『MALICE MIZER』です。 音楽業界の中でも異端な扱いを受けがちなV系バンドですが、そ …


執筆者:キャスター
中高生の頃、中古のCD屋巡りばっかりやってました。そんなアラサー会社員キャスターによる音楽レビューブログ。 昔趣味で曲作りをやっていたので、音楽制作者に敬意を払って1曲1曲丁寧に記事を書いていきます。