個別楽曲レビュー

【個別楽曲レビュー】L’Arc〜en〜Ciel/Caress of Venus

投稿日:2018年6月11日 更新日:

日本を代表する説明不要のロックバンド、『L’Arc〜en〜Ciel』!

かっこいい楽曲に加え、時々垣間見られるちょっとした遊び心が長い人気の秘訣ではないでしょうか。もちろん、ボーカルhydeの美貌によるカリスマ的な影響力もすごいものがありますが。

今回は『Caress of Venus』の個別楽曲レビューです。

※『L’Arc〜en〜Ciel』に関するその他のアルバム/個別楽曲レビューはこちらからどうぞ: アーティスト索引/L’Arc〜en〜Ciel

hands

『Caress of Venus』の全体概要

基本情報

アーティストL’Arc〜en〜Ciel
曲名Caress of Venus
演奏時間4:25
作詞hyde
作曲ken
編曲L’Arc〜en〜Ciel & Hajime Okano

『Caress of Venus』収録アルバム

アルバム名トラック#
True2
The Best of L’Arc〜en〜Ciel 1994-19989
TWENITY (1991-1996)14

オリジナルアルバム『True』の2曲目に収録。

非シングル曲ながら、いくつかのベストアルバムに収録された実績があります。

※『Caress of Venus』が収録されているアルバムのレビューもしています。こちらからどうぞ。

レビュー

『Caress of Venus』とは、“ヴィーナスの愛撫”という意味。日本語に直すと、けっこう露骨な表現になってしまいますね 笑。

日本語の方は曲名というより、絵画や彫刻のタイトルにありそうな文字列です。

しかし、素敵な曲ですよね、『Caress of Venus』。

個人的には『Caress of Venus』のギターソロがめちゃめちゃ好きです。ラルクの楽曲の中で一番好きってくらい気に入っているギターソロです。

なんていうんですかね、こう、軽やかで艶やかなギターソロ。美女の気まぐれな誘いに心地よく振り回されているかのような、まさに『Caress of Venus(ヴィーナスの愛撫)』なフレーズです!

それから『Caress of Venus』と言えば後半のサビの転調ですかね。

ラルクは楽曲中によく転調を用いるバンドですが、後半にサビをまるまる転調させるというJ-POP的な転調はあまり使わないんです。しかし、本作『Caress of Venus』では珍しく後半にサビを転調させるという手法が使われています。

これが…シンプルにかっこいい

突然の転調には聴き手をハッとさせる感覚を伴います。このハッとする感覚、気づけば病みつきになってしまうんですよね。

非シングル曲ながらも様々なベストアルバムに収録されている『Caress of Venus』。

その実績にも納得です。

Amazonで試聴できます。

『Caress of Venus』収録アルバムレビューリンク

※『L’Arc〜en〜Ciel』に関するその他のアルバム/個別楽曲レビューはこちらからどうぞ: アーティスト索引/L’Arc〜en〜Ciel

-個別楽曲レビュー
-,

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

関連記事

【個別楽曲レビュー】LUNA SEA/SHINE

2000年に終幕をし、長らく伝説のバンドとなっていましたが、2010年に活動を再開した『LUNA SEA』。 ヴィジュアル系というジャンルにおけるバンドアンサンブルの方針、特に、ツインギターの絡み方を …

【個別楽曲レビュー】THE YELLOW MONKEY/薬局へ行こうよ

2016年、申年に復活を遂げた『THE YELLOW MONKEY』!! 復活後も精力的に新作を発表してくれるのがとても嬉しいです。 テレビなんかでは、過去の名作を披露してくれることが時々ありますので …

【個別楽曲レビュー】THE YELLOW MONKEY/DONNA

2016年、申年に復活を遂げた『THE YELLOW MONKEY』!! ギラギラした妖しい容姿、歌謡曲風の曲調、核心を突いた歌詞…そのどれもが絶妙なバランスの上に成り立つ唯一無二のバンドです。 一度 …

【個別楽曲レビュー】GLAY/週末のBaby talk

90年代後半、音楽業界の様々な記録を塗り替えていったモンスターバンド『GLAY』。 『GLAY』の商業的全盛期はTAKUROがメインコンポーザーとしてシングルA面楽曲の全てを作詞作曲していましたが、2 …

【個別楽曲レビュー】PIERROT/CREATURE

宗教的なカリスマ性と中毒性のある歌詞・サウンドで多大な信者を生み出したバンド『PIERROT』。 このバンドが活躍していた90年代後半から00年代前半頃はまだ”中二病”という言 …


執筆者:キャスター
中高生の頃、中古のCD屋巡りばっかりやってました。そんなアラサー会社員キャスターによる音楽レビューブログ。 昔趣味で曲作りをやっていたので、音楽制作者に敬意を払って1曲1曲丁寧に記事を書いていきます。