個別楽曲レビュー

【個別楽曲レビュー】THE YELLOW MONKEY/パンチドランカー

投稿日:2018年7月29日 更新日:

2016年、申年に復活を遂げた『THE YELLOW MONKEY』!!

シングルのリリースはあったものの、2018年7月現在、未だに復活後のオリジナルアルバムが発表されていません(*)。過去の名盤たちを超える作品を作るために時間をかけているものと信じて待っていたいですね。

(*)追記:『9999』が2019/4/17に発売されました!

今回は、アルバム『PUNCH DRUNKARD』の1曲目、『パンチドランカー』レビューです。

※『THE YELLOW MONKEY』に関するその他のアルバム/個別楽曲レビューはこちらからどうぞ: アーティスト索引/THE YELLOW MONKEY

boxing

『パンチドランカー』の全体概要

基本情報

アーティストTHE YELLOW MONKEY
曲名パンチドランカー
演奏時間4:49
作詞吉井和哉
作曲吉井和哉
編曲THE YELLOW MONKEY

アルバムのタイトルにもなっている『PUNCH DRUNKARD』、直訳すれば”パンチの酔っ払い”といったところでしょうか。ちなみに、『PUNCH DRUNKARD』という言葉はありませんでした(少なくとも、辞書には載っていませんでした)。

本作『パンチドランカー』、もしかしたらアルバムタイトルの『PUNCH DRUNKARD』ではなく”PUNCH DRUNKER”の方を意味しているのかもしれませんね。”PUNCH DRUNKER”ならば辞書に載っている言葉です。

『パンチドランカー』収録アルバム

アルバム名トラック#
PUNCH DRUNKARD1

オリジナルアルバム『PUNCH DRUNKARD』の1曲目に収録。

※『パンチドランカー』が収録されているアルバムのレビューもしています。こちらからどうぞ。

レビュー

めちゃめちゃかっこよくないですか、この曲?

イエモンの奏でるバンドサウンドのかっこいいところを凝縮したような、まさにパンチ力の高い楽曲。ドラムソロのイントロで始まり、ベース、ギターと徐々に楽器が加わっていく構成も、シンプルながらかっこいい!

アルバム『PUNCH DRUNKARD』の1曲目にふさわしく、手加減抜きの攻撃がたまりませんね。

本作『パンチドランカー』、こんなにもかっこいい楽曲なのですが、以外にもベストアルバムには未収録。

ファン投票で収録曲を決めたベストアルバム『イエモン-FAN’S BEST SELECTION-』の投票結果を見ても、上位50位以内に本作『パンチドランカー』は入っていないようです。思いのほか、あまり人気の無い楽曲なのかもしれませんね…。

ただ、こういった名曲がベストアルバム未収録だからこそ、それを収録しているオリジナルアルバム『PUNCH DRUNKARD』の価値が高まるというのも事実。

イエモン復活を機にベストアルバムを一通り聴いた後は、ベストアルバム未収録の名曲が収録されているオリジナルアルバムに手を出していくというのもいいのではないでしょうか。

Amazonで試聴できます。

『パンチドランカー』収録アルバムレビューリンク

※『THE YELLOW MONKEY』に関するその他のアルバム/個別楽曲レビューはこちらからどうぞ: アーティスト索引/THE YELLOW MONKEY

-個別楽曲レビュー
-,

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

関連記事

【個別楽曲レビュー】黒夢/SEE YOU

ボーカルとベースの二人組という珍しい組み合わせのバンド、『黒夢』。 メジャーデビュー時はボーカル、ベース、ギターの3人構成だったのですが途中でギターの臣が脱退。その後はメンバー補充することなくボーカル …

【個別楽曲レビュー】THE YELLOW MONKEY/This Is For You

2016年、申年に復活を遂げた『THE YELLOW MONKEY』!! このバンドを紹介する際、当たり前のように『THE YELLOW MONKEY』と打ち込んでいるわけですが、よく考えるとこの言葉 …

【個別楽曲レビュー】PIERROT/Waltz

宗教的なカリスマ性と中毒性のある歌詞・サウンドで多大な信者を生み出したバンド『PIERROT』。 このバンドが活躍していた90年代後半から00年代前半頃はまだ”中二病”という言 …

【個別楽曲レビュー】PIERROT/THE FIRST CRY IN HADES (GUILTY)

宗教的なカリスマ性と中毒性のある歌詞・サウンドで多大な信者を生み出したバンド『PIERROT』。 このバンドが活躍していた90年代後半から00年代前半頃はまだ”中二病”という言 …

【個別楽曲レビュー】L’Arc〜en〜Ciel/a silent letter

日本を代表する説明不要のロックバンド、『L’Arc〜en〜Ciel』! かっこいい楽曲に加え、時々垣間見られるちょっとした遊び心が長い人気の秘訣ではないでしょうか。もちろん、ボーカルhyd …


執筆者:キャスター
中高生の頃、中古のCD屋巡りばっかりやってました。そんなアラサー会社員キャスターによる音楽レビューブログ。 昔趣味で曲作りをやっていたので、音楽制作者に敬意を払って1曲1曲丁寧に記事を書いていきます。