個別楽曲レビュー

【個別楽曲レビュー】相対性理論/ムーンライト銀河

投稿日:2018年1月31日 更新日:

2000年代後半、一部の世間をざわつかせた(?)不思議系おしゃれバンド『相対性理論』!

実験的な言葉選びとアレンジが非常に個性的です。

最初のミニアルバム『シフォン主義』の発表から10年以上が経過した現在、当時の勢いを感じられていないというのが正直なところ。もう一度我々をざわつかせてくれる日を待っています。

今回は、『シンクロニシティーン』の11曲目『ムーンライト銀河』のレビューです。

※『相対性理論』に関するその他のアルバム/個別楽曲レビューはこちらからどうぞ: アーティスト索引/相対性理論

good-night

『ムーンライト銀河』の全体概要

基本情報

アーティスト相対性理論
曲名ムーンライト銀河
演奏時間6:05
作詞ティカ・α & 永井聖一
作曲永井聖一
編曲?

作曲はギター担当の永井聖一。作詞にクレジットされているティカ・αはボーカル担当のやくしまるえつこの別名義。

『シンクロニシティーン』収録曲で言えば、#3 『人工衛星』と同じメンツによる作詞作曲になります。

なお、演奏時間6分超えはアルバム『シンクロニシティーン』収録曲の中で断トツの長さです。

『ムーンライト銀河』収録アルバム

アルバム名トラック#
シンクロニシティーン11

『シンクロニシティーン』の11曲目に収録。本作『ムーンライト銀河』がアルバム『シンクロニシティーン』の最終トラックになります。

※『ムーンライト銀河』が収録されているアルバムのレビューもしています。こちらからどうぞ。

レビュー

“ムーンライト”といえば…連想するのはやはり美少女戦士ではないでしょうか。

90年代のアニメですので、アラサーにしかわからない話かなと思いましたが、2016年にも深夜アニメで復活していたので、今の若い人にも通じる…はず…!

と思ったら、復活版の方は主題歌が『ムーンライト伝説』じゃないんですね…。これじゃぁ本作『ムーンライト銀河』という曲名から美少女戦士への連想はないかもしれません…。

上記のような共感を得られない可能性があることは残念ですが、『ムーンライト銀河』という楽曲と美少女戦士との関連性は実はありません。いや、本当は何かしらリンクするところがあるのかもしれませんが、私には見つけられませんでした。

ですので、美少女戦士のことを知らない脱ゆとり世代でも、気にすることなく本作『ムーンライト銀河』を楽しむことができます。ご安心ください。

楽曲の方ですが、6分を超える演奏時間からも推察できる通り、割とスローテンポな作りになっています。

あと、『ムーンライト銀河』には『相対性理論』の楽曲には珍しく、泣きのギターが入っています。何気なく聴いているとスルーしてしまうかもしれませんので、間奏のギターに意識しながら聴いてみてください。

Amazonで試聴できます。

『ムーンライト銀河』収録アルバムレビューリンク

※『相対性理論』に関するその他のアルバム/個別楽曲レビューはこちらからどうぞ: アーティスト索引/相対性理論

-個別楽曲レビュー
-,

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

関連記事

【個別楽曲レビュー】THE YELLOW MONKEY/This Is For You

2016年、申年に復活を遂げた『THE YELLOW MONKEY』!! このバンドを紹介する際、当たり前のように『THE YELLOW MONKEY』と打ち込んでいるわけですが、よく考えるとこの言葉 …

【個別楽曲レビュー】チャットモンチー/とび魚のバタフライ

キラキラしたかわいい女の子ではなく(失礼)、もっと素の女の子をシンプルなバンドサウンドで表現してきた『チャットモンチー』! 気づけば、数多く存在する部活動的雰囲気を持った現代ガールズバンドの元祖とも言 …

【個別楽曲レビュー】GLAY/mister popcorn

90年代後半、音楽業界の様々な記録を塗り替えていったモンスターバンド『GLAY』。 ヒットソングだけを取り出してみれば、確かに耳馴染みの良い王道J-POPな楽曲で溢れていますが、ひとたび『GLAY』の …

【個別楽曲レビュー】相対性理論/バーモント・キッス

2000年代後半、一部の世間をざわつかせた(?)不思議系おしゃれバンド『相対性理論』! 実験的な言葉選びとアレンジが非常に個性的です。 メンバーの中ではボーカルの「やくしまるえつこ」がソロでも曲を出し …

【個別楽曲レビュー】黒夢/NITE & DAY

ボーカルとベースの二人組という珍しい組み合わせのバンド、『黒夢』。 メジャーデビュー時はボーカル、ベース、ギターの3人構成だったのですが途中でギターの臣が脱退。その後はメンバー補充することなくボーカル …


執筆者:キャスター
中高生の頃、中古のCD屋巡りばっかりやってました。そんなアラサー会社員キャスターによる音楽レビューブログ。 昔趣味で曲作りをやっていたので、音楽制作者に敬意を払って1曲1曲丁寧に記事を書いていきます。