個別楽曲レビュー

【個別楽曲レビュー】ゴールデンボンバー/今夜も眠れない(病的な意味で)

投稿日:2017年9月12日 更新日:

エアーバンドなる言葉を世に定着させた先駆者『ゴールデンボンバー』。

エアーバンドだけあって、演奏代わりの奇抜なパフォーマンスが目立ちますが、鬼才・鬼龍院翔による独特な視点の楽曲も魅力です。

このまま『女々しくて』の一発屋として消えていかないことを…願っています!

今回は『ゴールデンボンバー』の個別楽曲、『今夜も眠れない(病的な意味で)』のレビューです。

※『ゴールデンボンバー』に関するその他のアルバム/個別楽曲レビューはこちらからどうぞ: アーティスト索引/ゴールデンボンバー

alarm-clock

『今夜も眠れない(病的な意味で)』の全体概要

基本情報

アーティストゴールデンボンバー
曲名今夜も眠れない(病的な意味で)
演奏時間3:37
作詞鬼龍院翔
作曲鬼龍院翔
編曲tatsuo & 鬼龍院翔

11thシングル『女々しくて/眠たくて』のカップリング曲。

『今夜も眠れない(病的な意味で)』収録アルバム

アルバム名トラック#
ゴールデン・アルバム10

『ゴールデンボンバー』初のオリジナルアルバム、『ゴールデン・アルバム』の10曲目収録です。

※『今夜も眠れない(病的な意味で)』が収録されているアルバムのレビューもしています。こちらからどうぞ。

レビュー

眠れない夜の気持ちを率直に綴った1曲、『今夜も眠れない(病的な意味で)』。

私も寝つきが悪い方なので、この曲で歌われている気持ちは非常によくわかります。眠れないときの苛立ちや思考の方向性なんか、すごく共感です!なんで今までこういう曲か無かったんだろうってくらい。私が知らないだけ?

お腹が痛いとき、周りを見渡して、”いいなぁ、この人たちはお腹痛くないんだよなぁ”って思うことありません?気持ちとしては、これの眠れない版ですよ。”3時か…ほとんどの人は寝てるんだろうなぁ、いいなぁ寝れる人は…”って感じ。ベッドに入って何時間も経つのに、なんで自分の意識ははっきりしたままなんだよって。

サビの最後に出てくるフレーズで、自分の脳ミソに苛立つ表現があるんですが、ここは本当にすごいですね。よくぞ代弁してくれた!って気分です。

それから、ひっちゃかめっちゃかな曲調も”眠れない夜”の気持ちにピッタリです。

眠れないと本当にイライラしてくるんですよ。目を閉じてじっとしてみたり、態勢を変えてみたり、水を飲んでみたり、いろいろ試してみるのに眠れない…イライラ。夜なので騒いだりしませんが、頭の中はいろんな思考が巡っていて、頭の中はおもちゃ箱をひっくり返したような感じです。

本作『今夜も眠れない(病的な意味で)』、超名作です!

寝つきの悪い人ならこの気持ち、わかるはず 笑!

Amazonで試聴できます。

『今夜も眠れない(病的な意味で)』収録アルバムレビューリンク

※『ゴールデンボンバー』に関するその他のアルバム/個別楽曲レビューはこちらからどうぞ: アーティスト索引/ゴールデンボンバー

-個別楽曲レビュー
-,

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

関連記事

【個別楽曲レビュー】相対性理論/マイハートハードピンチ

2000年代後半、一部の世間をざわつかせた(?)不思議系おしゃれバンド『相対性理論』! 実験的な言葉選びとアレンジが非常に個性的です。 最初のミニアルバム『シフォン主義』の発表から10年以上が経過した …

【個別楽曲レビュー】Every Little Thing/(When) Will It Rain (Instrumental)

J-POPのお手本のような楽曲を連発したユニット、『Every Little Thing』。 特に90年代後半の五十嵐充プロデュース時代の楽曲は、ビーイング系のバンドっぽいサウンドと小室ファミリーのダ …

【個別楽曲レビュー】Every Little Thing/Dear My Friend

J-POPのお手本のような楽曲を連発したユニット、『Every Little Thing』。 特に90年代後半の五十嵐充プロデュース時代の楽曲は、ビーイング系のバンドっぽいサウンドと小室ファミリーのダ …

【個別楽曲レビュー】GLAY/May Fair

90年代後半、音楽業界の様々な記録を塗り替えていったモンスターバンド『GLAY』。 耳馴染みの良いポップなメロディーと奇を衒わない素直な言葉で、J-POPの王道ともいえる音楽を世に繰り出し、人々を魅了 …

【個別楽曲レビュー】GARNET CROW/水のない晴れた海へ

2013年、惜しまれながらも解散した『GARNET CROW』。 女性のボーカルとキーボード、男性のギターとキーボードという4人構成で活動していました。 丁寧に作りこまれたポップソングが『GARNET …


執筆者:キャスター
中高生の頃、中古のCD屋巡りばっかりやってました。そんなアラサー会社員キャスターによる音楽レビューブログ。 昔趣味で曲作りをやっていたので、音楽制作者に敬意を払って1曲1曲丁寧に記事を書いていきます。