個別楽曲レビュー

【個別楽曲レビュー】ゴールデンボンバー/女々しくて

投稿日:2017年9月13日 更新日:

エアーバンドなる言葉を世に定着させた先駆者『ゴールデンボンバー』。

エアーバンドだけあって、演奏代わりの奇抜なパフォーマンスが目立ちますが、鬼才・鬼龍院翔による独特な視点の楽曲も魅力です。

このまま『女々しくて』の一発屋として消えていかないことを…願っています!

そして…今回は『ゴールデンボンバー』の個別楽曲、『女々しくて』のレビューです。

※『ゴールデンボンバー』に関するその他のアルバム/個別楽曲レビューはこちらからどうぞ: アーティスト索引/ゴールデンボンバー

traffic-lights

『女々しくて』の全体概要

基本情報

アーティストゴールデンボンバー
曲名女々しくて
演奏時間4:09
作詞鬼龍院翔
作曲鬼龍院翔
編曲tatsuo & 鬼龍院翔

7thシングルの表題曲になった後、さらに11thシングルの表題曲にもなりました。

『女々しくて』収録アルバム

アルバム名トラック#
ゴールデンベスト〜Pressure〜2
ゴールデン・アワー〜上半期ベスト2010〜8
ゴールデン・アルバム11

『ゴールデンボンバー』初のオリジナルアルバム、『ゴールデン・アルバム』の11曲目にはK-POPバージョンで収録。

『ゴールデン・アワー〜上半期ベスト2010〜』の初回限定版には広東風の『女人气 -「女々しくて」広東風バージョン-』がボーナストラックとして収録されています。

※『女々しくて』が収録されているアルバムのレビューもしています。こちらからどうぞ。

レビュー

文句なしで『ゴールデンボンバー』の代表曲『女々しくて』。

まず、『女々しくて』という曲名が秀逸です。本作に限らず、『ゴールデンボンバー』の曲の内容って多くが”女々しい”んですよね。そんな中、『女々しくて』という曲名を授かったこの曲は、まさに『ゴールデンボンバー』の代表曲になるべくしてなった、そんな気がします。

曲の構成も、いわゆる代表曲に多いタイプですね。印象に残るパートがサビとは別に存在していて、このパートがオープニングやサビの後に入ってくる構成です。

本作『女々しくて』で言えば、冒頭の「女々しくて」と繰り返す箇所がそれに当たります。これがサビかと思いきや、本当のサビは「愛されたいね…」の部分なんですよね。そしてこの直後に「女々しくて」パートが再登場し、改めてこの曲が『女々しくて』というタイトルを持つことを印象付けます。

これ、あの『AKB48』の代表曲、『会いたかった』も同じような構成を取っています。

「会いたかった~」と曲名を連呼する部分をオープニングに配置して印象付けながら、本当のサビはこれとはまた別に存在しているんですよね(「好きならば…」で始まるところ)。

『女々しくて』も『会いたかった』も、1曲に2種類のサビを持っているようなものと言えます。サビが2種類あれば印象に残るのは当然と思うかもしれませんが、2種類のサビをどちらも殺さないように共存させるのって、けっこう難しい作りなんじゃないかなって思います。

これが上手いこと出来たら、作曲家は楽しいでしょうね 笑。

あと、『ゴールデンボンバー』初のオリジナルアルバム、『ゴールデン・アルバム』には『女々しくて』のK-POPバージョンが収録されています。

アルバムの曲数かせぎかと思いきや、しっかりMVまで用意してあるのはさすがです 笑。

『女々しくて』収録アルバムレビューリンク

※『ゴールデンボンバー』に関するその他のアルバム/個別楽曲レビューはこちらからどうぞ: アーティスト索引/ゴールデンボンバー

-個別楽曲レビュー
-, ,

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

関連記事

【個別楽曲レビュー】黒夢/SICK

ボーカルとベースの二人組という珍しい組み合わせのバンド、『黒夢』。 メジャーデビュー時はボーカル、ベース、ギターの3人構成だったのですが途中でギターの臣が脱退。その後はメンバー補充することなくボーカル …

【個別楽曲レビュー】ポルカッドットスティングレイ/サレンダー

2017年、ブレイク間違いなし(と思っていたけど、あんまりそうでもなかった)バンド、『ポルカドットスティングレイ』!! 影ながら活動を応援していましたが、2017年11月にとうとうメジャーデビューを果 …

【個別楽曲レビュー】ゲスの極み乙女。/いこかなでしこ

2014年メジャーデビューの後、2015年に紅白歌合戦へ出演と、国民的なバンドへ成長していた矢先、例の不倫事件で世間のイメージが急降下してしまったバンド、『ゲスの極み乙女。』。 とは言え、有名人が不倫 …

【個別楽曲レビュー】PIERROT/Twelve

宗教的なカリスマ性と中毒性のある歌詞・サウンドで多大な信者を生み出したバンド『PIERROT』。 アンダーグラウンドで知的で過激。当時の10代リスナーはある種の選民思想を抱きながら『PIERROT』の …

【個別楽曲レビュー】チャットモンチー/とび魚のバタフライ

キラキラしたかわいい女の子ではなく(失礼)、もっと素の女の子をシンプルなバンドサウンドで表現してきた『チャットモンチー』! 気づけば、数多く存在する部活動的雰囲気を持った現代ガールズバンドの元祖とも言 …


執筆者:キャスター
中高生の頃、中古のCD屋巡りばっかりやってました。そんなアラサー会社員キャスターによる音楽レビューブログ。 昔趣味で曲作りをやっていたので、音楽制作者に敬意を払って1曲1曲丁寧に記事を書いていきます。