個別楽曲レビュー

【個別楽曲レビュー】ゴールデンボンバー/愛なんていらねいよ

投稿日:2017年9月14日 更新日:

エアーバンドなる言葉を世に定着させた先駆者『ゴールデンボンバー』。

エアーバンドだけあって、演奏代わりの奇抜なパフォーマンスが目立ちますが、鬼才・鬼龍院翔による独特な視点の楽曲も魅力です。

このまま『女々しくて』の一発屋として消えていかないことを…願っています!

今回は『ゴールデンボンバー』の個別楽曲、『愛なんていらねいよ』のレビューです。

※『ゴールデンボンバー』に関するその他のアルバム/個別楽曲レビューはこちらからどうぞ: アーティスト索引/ゴールデンボンバー

cat

『愛なんていらねいよ』の全体概要

基本情報

アーティストゴールデンボンバー
曲名愛なんていらねいよ
演奏時間2:53
作詞鬼龍院翔
作曲鬼龍院翔
編曲tatsuo & 鬼龍院翔

演奏時間は3分を切る、短めの曲。

『愛なんていらねいよ』収録アルバム

アルバム名トラック#
ゴールデン・アルバム12

『ゴールデンボンバー』初のオリジナルアルバム、『ゴールデン・アルバム』の12曲目収録です。

※『愛なんていらねいよ』が収録されているアルバムのレビューもしています。こちらからどうぞ。

レビュー

『愛なんていらねいよ』、曲名通りストレートに「強がり」を歌った1曲

スピード感のある曲調で、演奏はメタルっぽいです。ドラムがズダダダしてて、ギターがズクズクやってる、あの感じです(伝わりますよね)。ただ、あくまでも演奏はサブの扱いで、全体的に歌を引き立てるようなアレンジになっています。メタルにありがちな長いイントロもアウトロもないですし。

このメタルな曲調の上には、『ゴールデンボンバー』らしく、かなりポップな歌メロが乗っかります。こんなに覚えやすいメロディーを作れるのは、さすが鬼才・鬼龍院翔といったところ。特に、曲名の『愛なんていらねいよ』ってフレーズが歌詞として乗るメロディーは秀逸です。「強がり」を込めた”勢い”と、完全には捨てきれない”切なさ”が同居している感じがします。

本作『愛なんていらねいよ』は『ゴールデン・アルバム』収録曲なのですが、このアルバム、既出のシングル(リミックス含む)やそのカップリング曲が半分近くを占めていて、純粋な”アルバム曲”はけっこう少な目なんです。しかも、曲の完成度は既出のシングル/カップリング曲の方が高いという印象。(完成度が低いというか、ネタ曲が多いです。『デスメンタル』とか、『成龙很酷』とか)

そんな中、数少ない純粋なアルバム曲であり、既出曲にも負けず劣らずのクオリティを持っている本作『愛なんていらねいよ』は、『ゴールデン・アルバム』の隠れた看板曲だと思っています。

Amazonで試聴できます。

『愛なんていらねいよ』収録アルバムレビューリンク

※『ゴールデンボンバー』に関するその他のアルバム/個別楽曲レビューはこちらからどうぞ: アーティスト索引/ゴールデンボンバー

-個別楽曲レビュー
-,

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

関連記事

【個別楽曲レビュー】L’Arc〜en〜Ciel/Perfect Blue

日本を代表する説明不要のロックバンド、『L’Arc〜en〜Ciel』! かっこいい楽曲に加え、時々垣間見られるちょっとした遊び心が長い人気の秘訣ではないでしょうか。もちろん、ボーカルhyd …

【個別楽曲レビュー】B’z/Don’t Leave Me

ボーカルの稲葉浩志とギターの松本孝弘による二人組ロックバンド『B’z』。 『B’z』に言及するからにはやはり避けて通れないのは数々の記録でしょう。その中でも日本におけるアーティ …

【個別楽曲レビュー】X JAPAN/GIVE ME THE PLEASURE

日本の音楽史を語る上で絶対に外すのことのできないバンド、『X JAPAN』。 YOSHIKI、Toshl、HIDEといったメンバーひとりひとりが持つ物語、バンドが歩んだ歴史、そして多くのロックキッズを …

【個別楽曲レビュー】GLAY/HIT THE WORLD CHART!

90年代後半、音楽業界の様々な記録を塗り替えていったモンスターバンド『GLAY』。 シングル、アルバムともにミリオンヒットを連発し、商業的な成功という意味においては、『GLAY』のデビューをプロデュー …

【個別楽曲レビュー】チャットモンチー/ここだけの話

キラキラしたかわいい女の子ではなく(失礼)、もっと素の女の子をシンプルなバンドサウンドで表現してきた『チャットモンチー』! 気づけば、数多く存在する部活動的雰囲気を持った現代ガールズバンドの元祖とも言 …


執筆者:キャスター
中高生の頃、中古のCD屋巡りばっかりやってました。そんなアラサー会社員キャスターによる音楽レビューブログ。 昔趣味で曲作りをやっていたので、音楽制作者に敬意を払って1曲1曲丁寧に記事を書いていきます。