個別楽曲レビュー

【個別楽曲レビュー】LUNA SEA/CIVILIZE

投稿日:2018年6月2日 更新日:

2000年に終幕をし、長らく伝説のバンドとなっていましたが、2010年に活動を再開した『LUNA SEA』。

再始動前の2009年、『LUNA SEA』のリードギターを担当するSUGIZOがHIDEの後継として『X JAPAN』に加入したことも大きな話題になりました。ヴィジュアル系の歴史を作った2大バンド両方に席を持つって、冷静に考えるとすごいことです。

今回は、『LUNA SEA』の楽曲、『CIVILIZE』のレビューです。

※『LUNA SEA』に関するその他のアルバム/個別楽曲レビューはこちらからどうぞ: アーティスト索引/LUNA SEA

sky

『CIVILIZE』の全体概要

基本情報

アーティストLUNA SEA
曲名CIVILIZE
演奏時間3:21
作詞LUNA SEA
作曲LUNA SEA
編曲LUNA SEA

『CIVILIZE』収録アルバム

アルバム名トラック#
MOTHER4

オリジナルアルバム『MOTHER』の4曲目に収録。

※『CIVILIZE』が収録されているアルバムのレビューもしています。こちらからどうぞ。

レビュー

『CIVILIZE』とは”文明化する”という意味の動詞。

本来なら前向きな言葉ですが、本作中では皮肉を込めた使われ方をしています。”このままでいいの?”的な感じで。

…まぁ、そうは言っても原始時代のような非文明的な暮らしを望んでいる人はごく少数でしょう。

本作『CIVILIZE』の特徴的なところは、何と言ってもシンメトリーな構成ですかね。楽曲がギターソロを挟んで前後対称になっているのです。

大雑把に言いますと、往路は”Aメロ → Bメロ → サビ”という普通の展開になっているのですが、ギターソロ後の復路では”サビ → Bメロ → Aメロ”と、普通とは逆の展開をしていくのです。

このシンメトリー構成、神経質な『LUNA SEA』のこだわりが反映されていておもしろいです。

サビを一つとっても、”サビ1 → サビ2 → ギターソロ → サビ2 → サビ1“という形になっているんですね。”サビ1″と”サビ2″はリズムパターンが微妙に違うという程度なのですが、ギターソロを挟んでしっかりシンメトリーな展開がされています。

本作『CIVILIZE』でシンメトリーな構成の楽曲に挑戦した『LUNA SEA』ですが、これ以降シンメトリー構成の楽曲は出てきていません。『CIVILIZE』でやりたいことをやりつくしたのか、もしくは、『CIVILIZE』でシンメトリー構成を試してみたところ、思った以上のおもしろさを見いだせなかったのか…。

いずれにせよ、『CIVILIZE』に込められた”『LUNA SEA』の神経質なこだわり”は是非とも感じてみてほしいです。

Amazonで試聴できます。

『CIVILIZE』収録アルバムレビューリンク

※『LUNA SEA』に関するその他のアルバム/個別楽曲レビューはこちらからどうぞ: アーティスト索引/LUNA SEA

-個別楽曲レビュー
-,

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

関連記事

【個別楽曲レビュー】hide/T.T.GROOVE

伝説のミュージシャン…その言葉が最も似合う日本人は、やはり『hide』ではないでしょうか。 カリスマバンド『X JAPAN』のギタリストというポジション、トレードマークの赤髪、ズバ抜けたセンス、そして …

【個別楽曲レビュー】the brilliant green/Bye Bye Mr.Mug

『the brilliant green』はもっと評価されるべき!! UKロック風のバンドサウンドとアンニュイなのにメルヘン感のある川瀬智子のボーカルの絶妙な組み合わせは唯一無二です! そんな『the …

【個別楽曲レビュー】黒夢/feminism

ボーカルとベースの二人組という珍しい組み合わせのバンド、『黒夢』。 1994年のメジャーデビュー後、順調にセールスを伸ばしていた中1999年に無期限の活動停止を発表。そしてその約10年後の2010年、 …

【個別楽曲レビュー】PIERROT/利己的な遺伝子

宗教的なカリスマ性と中毒性のある歌詞・サウンドで多大な信者を生み出したバンド『PIERROT』。 2006年突如解散してしまいましたが、最近になってライブを開催してみたりファンクラブを再始動させたりと …

【個別楽曲レビュー】黒夢/Miss MOONLIGHT

ボーカルとベースの二人組という珍しい組み合わせのバンド、『黒夢』。 メジャーデビュー時はボーカル、ベース、ギターの3人構成だったのですが途中でギターの臣が脱退。その後はメンバー補充することなくボーカル …


執筆者:キャスター
中高生の頃、中古のCD屋巡りばっかりやってました。そんなアラサー会社員キャスターによる音楽レビューブログ。 昔趣味で曲作りをやっていたので、音楽制作者に敬意を払って1曲1曲丁寧に記事を書いていきます。