個別楽曲レビュー

【個別楽曲レビュー】ゲスの極み乙女。/ラスカ

投稿日:2017年7月28日 更新日:

ギターボーカル担当の川谷絵音の不倫だったり、ドラム担当のほな・いこかが「さとうほなみ」名義で女優デビューしたりと、音楽面よりメンバーの素行が注目されてしまったバンド、『ゲスの極み乙女。』

注目のされ方はバンドとしては不本意だったと思いますが、当バンドの楽曲はおしゃれなサウンドに乗せたラップとキャッチーなサビが魅力です。

今回は、彼らのメジャー1stアルバムとしてリリースされた『魅力がすごいよ』の1曲目、『ラスカ』のレビューです。

※『ゲスの極み乙女。』に関するその他のアルバム/個別楽曲レビューはこちらからどうぞ: アーティスト索引/ゲスの極み乙女。

nasca

『ラスカ』の全体概要

基本情報

アーティストゲスの極み乙女。
曲名ラスカ
演奏時間3:58
作詞川谷絵音
作曲川谷絵音
編曲?

『ラスカ』収録アルバム

アルバム名トラック#
魅力がすごいよ1

『ゲスの極み乙女。』メジャー1stアルバム『魅力がすごいよ』の1曲目に収録。

『ラスカ』の歌詞中にアルバム名の『魅力がすごいよ』という言葉が出てきます。自信たっぷりな出来のアルバムだから、こういうアルバム名をつけたのかと思いきや、意外と皮肉を込めた意味で使われているようです。

※『ラスカ』が収録されているアルバムのレビューもしています。こちらからどうぞ。

レビュー

南米ペルーにある、地上絵で有名な…それは”ナスカ”!

エヴァンゲリオン二号機パイロット…それは”アスカ”!

目ガー!目ガー!…それは”ムスカ”!

…もうええわ!

ということで、『ゲスの極み乙女。』メジャー1stアルバム『魅力がすごいよ』の1曲目、『ラスカ』のレビューです。

冒頭から雑に触れた曲名ですが、『ラスカ』ってどういう意味なんでしょうね。曲中では『ラスカ』に対して呼びかけるように歌う箇所があるので、”『ラスカ』=人の名前”と考えるのが無難なところでしょうか。

こういうRPGに出てくる女性キャラみたいな曲名、ちょこちょこありますよね。勝手なイメージですが、若いバンドに多い。パッと見で”なんだこれ?”って思わせる意図があるんですかね。

出てきては消えてゆく音楽業界の中で埋もれないよう、奇をてらい続けるのも大変そうです。

とか言いながら、『ラスカ』という楽曲、アルバム『魅力がすごいよ』収録曲の中で一番のお気に入りです!

ギターとベースとドラムで縦を合わせて”ジャージャッ”っとリズムを作りながら、ピアノが細かくフレーズを奏でるイントロ…かっこよくて美しい!

内容もわりとキャッチーですよね。

サビを盛り上げるために配置されたBメロや覚えやすいサビのメロディー。『ゲスの極み乙女。』のコアなファンなら”物足りない”って思う構成なのかもしれませんが、私みたいなつまみ食いリスナーからすれば、これくらいの曲がちょうどいいです。

『ラスカ』収録アルバムレビューリンク

※『ゲスの極み乙女。』に関するその他のアルバム/個別楽曲レビューはこちらからどうぞ: アーティスト索引/ゲスの極み乙女。

-個別楽曲レビュー
-,

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

関連記事

【個別楽曲レビュー】THE YELLOW MONKEY/太陽が燃えている

2016年、申年に復活を遂げた『THE YELLOW MONKEY』!! 流行りに左右されない、媚びないロックサウンドが大好きです!! 復活してからも、変わらずにギラギラした妖しいロックを奏でていって …

【個別楽曲レビュー】PIERROT/メギドの丘

宗教的なカリスマ性と中毒性のある歌詞・サウンドで多大な信者を生み出したバンド『PIERROT』。 2006年突如解散してしまいましたが、最近になってライブを開催してみたりファンクラブを再始動させたりと …

【個別楽曲レビュー】ゴールデンボンバー/じれったい

エアーバンドなる言葉を世に定着させた先駆者『ゴールデンボンバー』。通称”金爆(きんばく)”。 自分たちの好きなことをするため、あえてメジャーデビューを選ばずにインディーズで活動 …

【個別楽曲レビュー】ゴールデンボンバー/愛なんていらねいよ

エアーバンドなる言葉を世に定着させた先駆者『ゴールデンボンバー』。 エアーバンドだけあって、演奏代わりの奇抜なパフォーマンスが目立ちますが、鬼才・鬼龍院翔による独特な視点の楽曲も魅力です。 このまま『 …

【個別楽曲レビュー】hide/LASSIE (demo master version)

伝説のミュージシャン…その言葉が最も似合う日本人は、やはり『hide』ではないでしょうか。 カリスマバンド『X JAPAN』のギタリストというポジション、トレードマークの赤髪、ズバ抜けたセンス、そして …


執筆者:キャスター
中高生の頃、中古のCD屋巡りばっかりやってました。そんなアラサー会社員キャスターによる音楽レビューブログ。 昔趣味で曲作りをやっていたので、音楽制作者に敬意を払って1曲1曲丁寧に記事を書いていきます。