個別楽曲レビュー

【個別楽曲レビュー】THE YELLOW MONKEY/プライマル。

投稿日:2017年4月11日 更新日:

2016年、申年に復活を遂げた『THE YELLOW MONKEY』!!

流行りに左右されない、媚びないロックサウンドが大好きです!!

復活してからも、変わらずにギラギラした妖しいロックを奏でていってほしいです。

 

一見ふざけているようで、でも実は芯を捉えた歌詞も魅力の一つですね。

下手にかっこつけてない言葉だからこそ、胸にとっても響きます。

 

今回は、『イエモン-FAN’S BEST SELECTION-』の4曲目、『プライマル。』のレビューです。

 

sunset

全体概要

基本情報

アーティスト THE YELLOW MONKEY
曲名 プライマル。
演奏時間 4:18
作詞 吉井和哉
作曲 吉井和哉
編曲 THE YELLOW MONKEY & トニー・ヴィスコンティ

2004年解散前のラストシングルです。

このシングルが発売されたのは2001年だったのですが、もしかしたら『THE YELLOW MONKEY』のメンバーは当時既にバンド終焉の空気を感じており、”これで終わりっ!”という意味を込めて、曲名に句点”。”を入れてたのかもしれません。

 

2016年の復活で新曲『砂の塔』が発売されたので、ラストシングルではなくなりました。

 

収録アルバム

アルバム名 トラック#
THE YELLOW MONKEY IS HERE. NEW BEST 4
イエモン-FAN’S BEST SELECTION- 4
GOLDEN YEARS Singles 1996-2001 13

『プライマル。』発売後、オリジナルアルバムを出さずに一度解散してしまいましたので、『プライマル。』が収録されたオリジナルアルバムはありません。ベスト盤のみの収録になります。

 

レビュー

軽快なテンポのイントロで始まる『プライマル。』。

当時のラストシングルらしく、歌のテーマは”卒業”でしょうか。

『プライマル。』、メロディーに乗せて淡々と炸裂する吉井和哉節がクセになります!

1フレーズだけ見るとふざけているような言葉選びに思えるのに、トータルで見ると、なんだか切ない。一つ一つのピース同士はキレイにはまっていないのに、引きで見ると完成しているジグソーパズルような、そんな印象です。

このバランス感覚が芸術的だなって思います。

 

ポップミュージックの歌詞って、全体の意味の整合性を取ろうとしすぎると、クドくなって聴いていて疲れてしまうし、逆に言葉のおもしろさを重視しすぎると、全体が支離滅裂になって何がテーマなのかわからなくなってしまいがちです。

その点、『プライマル。』はどちらもが上手くハイブリッドされた1曲で、ポップミュージックの歌詞の一つのお手本のような気がします。

 

サビでちょくちょく入る「ブラ~」は『The Beatles』の『Ob-La-Di, Ob-La-Da』のオマージュでしょうか。

この遊び心も素敵です。

 

『イエモン-FAN’S BEST SELECTION-』に収録されている曲がそのまま全部再レコーディングされたベスト盤『THE YELLOW MONKEY IS HERE. NEW BEST』が2017年5月に発売されました。

『イエモン-FAN’S BEST SELECTION-』と聴き比べてみるとおもしろいはずです!

 

『プライマル。』が収録されているアルバム『イエモン-FAN’S BEST SELECTION-』のレビューはこちらからどうぞ!

【アルバムレビュー】THE YELLOW MONKEY/イエモン-FAN’S BEST SELECTION-

-個別楽曲レビュー
-,

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

関連記事

【個別楽曲レビュー】PIERROT/ゲルニカ

宗教的なカリスマ性と中毒性のある歌詞・サウンドで多大な信者を生み出したバンド『PIERROT』。 このバンドが活躍していた90年代後半から00年代前半頃はまだ”中二病”という言 …

【個別楽曲レビュー】LUNA SEA/FOREVER & EVER

2000年に終幕をし、長らく伝説のバンドとなっていましたが、2010年に活動を再開した『LUNA SEA』。 自身主宰のLUNATIC FEST.ではベテランバンドから若手バンドまでを巻き込み、日本の …

【個別楽曲レビュー】チャットモンチー/恋の煙

キラキラしたかわいい女の子ではなく(失礼)、もっと素の女の子をシンプルなバンドサウンドで表現してきた『チャットモンチー』! 気づけば、数多く存在する部活動的雰囲気を持った現代ガールズバンドの元祖とも言 …

【個別楽曲レビュー】GLAY/HEAVY GAUGE

90年代後半、音楽業界の様々な記録を塗り替えていったモンスターバンド『GLAY』。 デビューから20年以上経つベテランバンドですが、長寿バンドに付きものの”メンバー間の確執”と …

【個別楽曲レビュー】ゲスの極み乙女。/ホワイトワルツ

2014年メジャーデビューの後、2015年に紅白歌合戦へ出演と、国民的なバンドへ成長していた矢先、例の不倫事件で世間のイメージが急降下してしまったバンド、『ゲスの極み乙女。』。 とは言え、有名人が不倫 …


執筆者:キャスター
中高生の頃、中古のCD屋巡りばっかりやってました。そんなアラサー会社員キャスターによる音楽レビューブログ。 昔趣味で曲作りをやっていたので、音楽制作者に敬意を払って1曲1曲丁寧に記事を書いていきます。