個別楽曲レビュー

【個別楽曲レビュー】THE YELLOW MONKEY/プライマル。

投稿日:2017年4月11日 更新日:

2016年、申年に復活を遂げた『THE YELLOW MONKEY』!!

流行りに左右されない、媚びないロックサウンドが大好きです!!

復活してからも、変わらずにギラギラした妖しいロックを奏でていってほしいです。

一見ふざけているようで、でも実は芯を捉えた歌詞も魅力の一つですね。下手にかっこつけてない言葉だからこそ、胸にとっても響きます。

今回は、『イエモン-FAN’S BEST SELECTION-』の4曲目、『プライマル。』のレビューです。

※『THE YELLOW MONKEY』に関するその他のアルバム/個別楽曲レビューはこちらからどうぞ: アーティスト索引/THE YELLOW MONKEY

sunset

『プライマル。』の全体概要

基本情報

アーティストTHE YELLOW MONKEY
曲名プライマル。
演奏時間4:18
作詞吉井和哉
作曲吉井和哉
編曲THE YELLOW MONKEY

24thシングル。2004年解散前のラストシングルです。

このシングルが発売されたのは2001年だったのですが、もしかしたら『THE YELLOW MONKEY』のメンバーは当時既にバンド終焉の空気を感じており、“これで終わりっ!”という意味を込めて、曲名に句点(。)を入れてたのかもしれません。

なお、2016年の復活でシングル『砂の塔』が発売されたので、現在はラストシングルではありません。

『プライマル。』収録アルバム

アルバム名トラック#
GOLDEN YEARS Singles 1996-200113
イエモン-FAN’S BEST SELECTION-4
THE YELLOW MONKEY IS HERE. NEW BEST4

『プライマル。』発売後、オリジナルアルバムを出さずに一度解散してしまいましたので、『プライマル。』が収録されたオリジナルアルバムはありません。ベスト盤のみの収録になります。

※『プライマル。』が収録されているアルバムのレビューもしています。こちらからどうぞ。

レビュー

軽快なテンポのイントロで始まる『プライマル。』。

当時のラストシングルらしく、テーマは“卒業”でしょうか。

本作『プライマル。』、メロディーに乗せて淡々と炸裂する吉井和哉節がクセになります!

1フレーズだけ見るとふざけているような言葉選びに思えるのに、トータルで見ると、なんだか切ない。一つ一つのピース同士はキレイにハマっていないのに、引きで見ると完成しているジグソーパズルような、そんな印象です。

このバランス感覚が芸術的だなって思います。

ポップミュージックの歌詞って、全体の意味の整合性を取ろうとしすぎるとしつこくなって聴きづらいものになりますし、逆に言葉のおもしろさを重視しすぎると、全体が支離滅裂になって何がテーマなのかわからなくなってしまいがちです。

その点、『プライマル。』はどちらもが上手くハイブリッドされた1曲で、ポップミュージックの歌詞の一つのお手本のような気がします。

サビでちょくちょく入る「ブラ~」は『The Beatles』の『Ob-La-Di, Ob-La-Da』のオマージュでしょうか。

この遊び心も素敵です。

『プライマル。』収録アルバムレビューリンク

※『THE YELLOW MONKEY』に関するその他のアルバム/個別楽曲レビューはこちらからどうぞ: アーティスト索引/THE YELLOW MONKEY

-個別楽曲レビュー
-,

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

関連記事

【個別楽曲レビュー】hide/DOUBT

伝説のミュージシャン…その言葉が最も似合う日本人は、やはり『hide』ではないでしょうか。 カリスマバンド『X JAPAN』のギタリストというポジション、トレードマークの赤髪、ズバ抜けたセンス、そして …

【個別楽曲レビュー】THE YELLOW MONKEY/Chelsea Girl

2016年、申年に復活を遂げた『THE YELLOW MONKEY』!! このバンドを紹介する際、当たり前のように『THE YELLOW MONKEY』と打ち込んでいるわけですが、よく考えるとこの言葉 …

【個別楽曲レビュー】THE YELLOW MONKEY/仮面劇

2016年、申年に復活を遂げた『THE YELLOW MONKEY』!! ギラギラした妖しい容姿、歌謡曲風の曲調、核心を突いた歌詞…そのどれもが絶妙なバランスの上に成り立つ唯一無二のバンドです。 一度 …

【個別楽曲レビュー】ゴールデンボンバー/僕クエスト

エアーバンドなる言葉を世に定着させた先駆者『ゴールデンボンバー』。 エアーバンドだけあって、演奏代わりの奇抜なパフォーマンスが目立ちますが、鬼才・鬼龍院翔による独特な視点の楽曲も魅力です。 このまま『 …

【個別楽曲レビュー】Every Little Thing/今でも・・・あなたが好きだから

J-POPのお手本のような楽曲を連発したユニット、『Every Little Thing』。 特に90年代後半の五十嵐充プロデュース時代の楽曲は、ビーイング系のバンドっぽいサウンドと小室ファミリーのダ …


執筆者:キャスター
中高生の頃、中古のCD屋巡りばっかりやってました。そんなアラサー会社員キャスターによる音楽レビューブログ。 昔趣味で曲作りをやっていたので、音楽制作者に敬意を払って1曲1曲丁寧に記事を書いていきます。