個別楽曲レビュー

【個別楽曲レビュー】THE YELLOW MONKEY/I CAN BE SHIT, MAMA

投稿日:2017年11月30日 更新日:

2016年、申年に復活を遂げた『THE YELLOW MONKEY』!!

復活後も精力的に新作を発表してくれるのがとても嬉しいです。

テレビなんかでは、過去の名作を披露してくれることが時々ありますので、過去の作品を嗜みながら、新作をかじっていくのが、今のイエモンを聴く上での一つのスタイルなんでしょうかね。

今回は、アルバム『SICKS』の2曲目、『I CAN BE SHIT, MAMA』レビューです。

※『THE YELLOW MONKEY』に関するその他のアルバム/個別楽曲レビューはこちらからどうぞ: アーティスト索引/THE YELLOW MONKEY

portrait

『I CAN BE SHIT, MAMA』の全体概要

基本情報

アーティストTHE YELLOW MONKEY
曲名I CAN BE SHIT, MAMA
演奏時間4:32
作詞吉井和哉
作曲吉井和哉
編曲THE YELLOW MONKEY

「アッカンベーしたまま」というフレーズを、発音がそれっぽくなるような英文にした曲名がついています。

ちなみに、『I CAN BE SHIT, MAMA』をGoogle翻訳にかけると、“私は、ママができます”という回答がもらえました。なんのこっちゃ 笑。

『I CAN BE SHIT, MAMA』収録アルバム

アルバム名トラック#
SICKS2

アルバム『SICKS』の2曲目に収録。

※『I CAN BE SHIT, MAMA』が収録されているアルバムのレビューもしています。こちらからどうぞ。

レビュー

イエモンらしいロックンロールな1曲、『I CAN BE SHIT, MAMA』。

イエモンらしさってどこか?と言われると、サビの地味さがそう感じさせるのかなという気がします。

よくあるJ-POPみたいに、サビに全ての音楽的な盛りあがりを仕込んで、高音歌メロを展開するような作りじゃないんですよね。本作『I CAN BE SHIT, MAMA』のサビは、”印象的な歌詞、フレーズを繰り返すところ”という位置づけに留まっているように思います。

歌メロも特別高音な作りでもなく、そういう意味で、地味という言葉を使いました。

その代わり…というわけではないですが、1番Aメロにお気に入りのフレーズがあります。「できすぎた話を…」っていう部分です。

ここの歌詞とメロディーのノリがよくて、ついつい口ずさんでしまいます。

『I CAN BE SHIT, MAMA』もそうですけど、イエモンの楽曲って、”サビだけを集中して聴く”っていう姿勢だと、”盛りあがりに欠けてイマイチ”って感想に着地しちゃって、楽しめないと思うんですよね。

それより、フワッと全体を聴き流しながら、Aメロ辺りに落ちているフレーズが心を突き刺す瞬間を待つ、そういう楽しみ方が合っている気がします。

Amazonで試聴できます。

『I CAN BE SHIT, MAMA』収録アルバムレビューリンク

※『THE YELLOW MONKEY』に関するその他のアルバム/個別楽曲レビューはこちらからどうぞ: アーティスト索引/THE YELLOW MONKEY

-個別楽曲レビュー
-,

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

関連記事

【個別楽曲レビュー】Every Little Thing/Dedicate (Instrumental)

J-POPのお手本のような楽曲を連発したユニット、『Every Little Thing』。 特に90年代後半の五十嵐充プロデュース時代の楽曲は、ビーイング系のバンドっぽいサウンドと小室ファミリーのダ …

【個別楽曲レビュー】GLAY/HIT THE WORLD CHART!

90年代後半、音楽業界の様々な記録を塗り替えていったモンスターバンド『GLAY』。 シングル、アルバムともにミリオンヒットを連発し、商業的な成功という意味においては、『GLAY』のデビューをプロデュー …

【個別楽曲レビュー】the brilliant green/Bye Bye Mr.Mug

『the brilliant green』はもっと評価されるべき!! UKロック風のバンドサウンドとアンニュイなのにメルヘン感のある川瀬智子のボーカルの絶妙な組み合わせは唯一無二です! そんな『the …

【個別楽曲レビュー】ゴールデンボンバー/男心と秋の空

エアーバンドなる言葉を世に定着させた先駆者『ゴールデンボンバー』。通称”金爆(きんばく)”。 自分たちの好きなことをするため、あえてメジャーデビューを選ばずにインディーズで活動 …

【個別楽曲レビュー】相対性理論/夏の黄金比

2000年代後半、一部の世間をざわつかせた(?)不思議系おしゃれバンド『相対性理論』! 実験的な言葉選びとアレンジが非常に個性的です。 メンバーの中ではボーカルの『やくしまるえつこ』がソロでも曲を出し …


執筆者:キャスター
中高生の頃、中古のCD屋巡りばっかりやってました。そんなアラサー会社員キャスターによる音楽レビューブログ。 昔趣味で曲作りをやっていたので、音楽制作者に敬意を払って1曲1曲丁寧に記事を書いていきます。