個別楽曲レビュー

【個別楽曲レビュー】the brilliant green/長いため息のように

投稿日:2017年3月20日 更新日:

『the brilliant green』はもっと評価されるべき!!

UKロック風のバンドサウンドアンニュイなのにメルヘン感のある川瀬智子のボーカルの絶妙な組み合わせは唯一無二です!

 

そんな『the brilliant green』のメンバ構成は女性ボーカルとベースの2人組となっています。元々は3人組でしたが、2010年にギターが脱退して今の形になりました。

 

今回は『長いため息のように』の個別楽曲レビューです。

 

venice

全体概要

基本情報

アーティスト the brilliant green
曲名 長いため息のように
演奏時間 5:42
作詞 川瀬智子
作曲 奥田俊作
編曲 the brilliant green

タイトル通り、演奏時間も結構「長い」です。

 

収録アルバム

アルバム名 トラック#
complete single collection ’97-’08 6
TERRA2001 11

『complete single collection ’97-’08』の6曲目に収録されています。

また、2ndアルバム『TERRA2001』の11曲目(最終トラック)にも収録されています。

 

レビュー

『長いため息のように』、基本は今までと変わらず左チャンネルに歪んだギター、右チャンネルにアコースティックギターを配置したUKロック風サウンドですが、これまでのシングルに比べると、落ち着いた雰囲気の1曲になっています。

 

『長いため息のように』のイントロには、1stシングルの『Bye Bye Mr.Mug』のようなかっこいいコードストロークで始まるわけでもなく、5thシングルの『そのスピードで』のような覚えやすいメロディもありません。

左チャンネルでは8分でコードを刻みながら、右チャンネルで効果音風の伸びやかなギターが聴こえるという、一聴しただけでは印象に残らないような作りになっています。

ただ、この右チャンネルの効果音風なギター、よく聴くと伸びやかに揺れながら消えていっていることがわかります。何度も聴くうちにこのギターが長いため息を表現しているように聴こえてきます!

 

歌が入り、Aメロ、Bメロと進むにつれて、イントロで作った長いため息な雰囲気を壊さないようにエレキピアノやストリングスが入ってきます。歌い方もいい塩梅でアンニュイな成分を長いため息に混ぜ込んできます。

 

そして、サビ。

これまで築いてきた長いため息な雰囲気の流れを引き継ぎながら、かといって地味すぎない絶妙な広がりを聴かせてくれます。

高音で譜割りの細かいメロディラインとそれを歌う川瀬智子のボーカルのメルヘン感、そしてこの雰囲気の中で突然現れる“I will be happy”という言葉。でも決して無理やりとってつけたような歌詞ではありません。曲の流れ、雰囲気の微妙な変化の中にこの言葉の必然性を感じます。

 

『長いため息のように』、派手さを排除して、雰囲気作りに徹することに挑戦した1曲なのではないでしょうか。the brilliant greenでしか味わえない、胸が締め付けられるような感覚を与えてくれます。

公式MVはyoutubeに上がっていませんが、Amazonで視聴できます。

 

『長いため息のように』が収録されているアルバム『complete single collection ’97-’08』、『TERRA2001』のレビューはこちらからどうぞ!

【アルバムレビュー】the brilliant green/complete single collection ’97-’08

【アルバムレビュー】the brilliant green/TERRA2001

-個別楽曲レビュー
-, ,

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

関連記事

【個別楽曲レビュー】ゲスの極み乙女。/song3

2014年メジャーデビューの後、2015年に紅白歌合戦へ出演と、国民的なバンドへ成長していた矢先、例の不倫事件で世間のイメージが急降下してしまったバンド、『ゲスの極み乙女。』。 以降、あまり良くないイ …

【個別楽曲レビュー】the brilliant green/CALL MY NAME

『the brilliant green』はもっと評価されるべき!! UKロック風のバンドサウンドとアンニュイなのにメルヘン感のある川瀬智子のボーカルの絶妙な組み合わせは唯一無二です!   …

【個別楽曲レビュー】ゴールデンボンバー/デートプラン

エアーバンドなる言葉を世に定着させた先駆者『ゴールデンボンバー』。通称”金爆(きんばく)”。 自分たちの好きなことをするため、あえてメジャーデビューを選ばずにインディーズで活動 …

【個別楽曲レビュー】MALICE MIZER/Je te veux

今や芸能人格付けチェックの常連というイメージが強い『GACKT』。その『GACKT』が在籍していたバンドが『MALICE MIZER』です。 音楽業界の中でも異端な扱いを受けがちなV系バンドですが、そ …

【個別楽曲レビュー】JUDY AND MARY/BLUE TEARS

女性ボーカルに男性楽器隊という編成で平成の日本音楽史に数々のヒットソングを送り込んだバンド『JUDY AND MARY』。 1993年のメジャーデビュー後、6枚のオリジナルアルバムを残して2001年に …


執筆者:キャスター
中高生の頃、中古のCD屋巡りばっかりやってました。そんなアラサー会社員キャスターによる音楽レビューブログ。 昔趣味で曲作りをやっていたので、音楽制作者に敬意を払って1曲1曲丁寧に記事を書いていきます。