個別楽曲レビュー

【個別楽曲レビュー】THE YELLOW MONKEY/Tactics

投稿日:2018年4月15日 更新日:

2016年、申年に復活を遂げた『THE YELLOW MONKEY』!!

復活したものの、特に目立った活動もなく再休止するバンドもある中、イエモンこと『THE YELLOW MONKEY』は精力的に新作をリリースしてくれていますね。

この復活を機に、イエモンの楽曲の魅力が再評価されることを影ながら願っています。

今回は、アルバム『FOUR SEASONS』の4曲目、『Tactics』レビューです。

※『THE YELLOW MONKEY』に関するその他のアルバム/個別楽曲レビューはこちらからどうぞ: アーティスト索引/THE YELLOW MONKEY

chess

『Tactics』の全体概要

基本情報

アーティストTHE YELLOW MONKEY
曲名Tactics
演奏時間4:28
作詞吉井和哉
作曲吉井和哉
編曲THE YELLOW MONKEY

『JAM』とともに9thシングルの両A面としてリリース。なお、本作『Tactics』はアルバム『FOUR SEASONS』からのシングルカットという扱いになります。

また、アニメ”るろうに剣心 -明治剣客浪漫譚-“のエンディングテーマにも採用されました。

『Tactics』収録アルバム

アルバム名トラック#
FOUR SEASONS4
THE YELLOW MONKEY SINGLE COLLECTION10
THE YELLOW MONKEY MOTHER OF ALL THE BEST (Disc 1)5

オリジナルアルバム『FOUR SEASONS』の4曲目に収録。

※『Tactics』が収録されているアルバムのレビューもしています。こちらからどうぞ。

レビュー

曲名についている『Tactics』とは一般に”戦術”と訳される言葉です。

ただ、辞書を引いてみると、他にも”かけひき”という訳も見当たります。本作『Tactics』の歌詞中に「駆け引き」という言葉が使われていることから、そちらの意味で曲目に『Tactics』という言葉を当てているのかもしれませんね。

本作『Tactics』、これまでの楽曲に比べると洗練されたキャッチーさを感じます。

これまでの楽曲でも、例えば2ndシングルの『アバンギャルドで行こうよ』なんかは非常にキャッチーで覚えやすい作りですよね。

ただ、言葉を選ばずに言えば、『アバンギャルドで行こうよ』には”野暮ったさ”がけっこう目立ちます。メジャーデビュー後の曲ですが、インディーズっぽいアンダーグラウンド感に溢れているというか。

もちろん、この野暮ったさこそが魅力の一つだ、という意見もあるでしょう。私も、これはこれで好きですし。

ただ、”大衆受け”という観点で見ると『アバンギャルドで行こうよ』の”野暮ったさ”は…少し邪魔になるかもしれません。

一方、本作『Tactics』、こちらもやはりキャッチーな楽曲ではあるんですが、洗練度が段違い。より”大衆向け”になった、と言い換えてもいいかもしれません。

ただし、”大衆向け”になったことで個性がなくなってしまったわけでは無く、イエモンの個性は残しながらも、それが多くの人に受け入れられやすい形になった、そういう意味での”洗練”です。

妖しい雰囲気を纏いながらも、イエモンがヒットをバンバン飛ばして国民に受け入れられたバンドになれたのは、この、“個性を残しながらも、大衆向けに洗練”というフェーズを上手く乗り越えられたからなのでは、と思うのです。

そして、そのターニングポイントが一番感じられるのが、本作『Tactics』な気がします。

Amazonで試聴できます。

『Tactics』収録アルバムレビューリンク

※『THE YELLOW MONKEY』に関するその他のアルバム/個別楽曲レビューはこちらからどうぞ: アーティスト索引/THE YELLOW MONKEY

-個別楽曲レビュー
-, ,

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

関連記事

【個別楽曲レビュー】PIERROT/MAD SKY -鋼鉄の救世主-

宗教的なカリスマ性と中毒性のある歌詞・サウンドで多大な信者を生み出したバンド『PIERROT』。 アンダーグラウンド界のカリスマボーカル”キリト”と、奇天烈なサウンドで世界観に …

【個別楽曲レビュー】Every Little Thing/FOREVER YOURS

J-POPのお手本のような楽曲を連発したユニット、『Every Little Thing』。 特に90年代後半の五十嵐充プロデュース時代の楽曲は、ビーイング系のバンドっぽいサウンドと小室ファミリーのダ …

【個別楽曲レビュー】L’Arc〜en〜Ciel/fate

日本を代表する説明不要のロックバンド、『L’Arc〜en〜Ciel』! かっこいい楽曲に加え、時々垣間見られるちょっとした遊び心が長い人気の秘訣ではないでしょうか。もちろん、ボーカルhyd …

【個別楽曲レビュー】PIERROT/THE LAST CRY IN HADES (NOT GUILTY)

宗教的なカリスマ性と中毒性のある歌詞・サウンドで多大な信者を生み出したバンド『PIERROT』。 このバンドが活躍していた90年代後半から00年代前半頃はまだ”中二病”という言 …

【個別楽曲レビュー】JUDY AND MARY/ラッキープール

女性ボーカルに男性楽器隊という編成で平成の日本音楽史に数々のヒットソングを送り込んだバンド『JUDY AND MARY』。 1993年のメジャーデビュー後、6枚のオリジナルアルバムを残して2001年に …


執筆者:キャスター
中高生の頃、中古のCD屋巡りばっかりやってました。そんなアラサー会社員キャスターによる音楽レビューブログ。 昔趣味で曲作りをやっていたので、音楽制作者に敬意を払って1曲1曲丁寧に記事を書いていきます。