個別楽曲レビュー

【個別楽曲レビュー】PIERROT/メギドの丘

投稿日:2018年7月25日 更新日:

宗教的なカリスマ性中毒性のある歌詞・サウンドで多大な信者を生み出したバンド『PIERROT』。

2006年突如解散してしまいましたが、最近になってライブを開催してみたりファンクラブを再始動させたりと、復活の香りを感じる出来事に再始動を期待してしまいますね。

今回は、『PIERROT』の楽曲、『メギドの丘』のレビューです。

※『PIERROT』に関するその他のアルバム/個別楽曲レビューはこちらからどうぞ: アーティスト索引/PIERROT

hill

『メギドの丘』の全体概要

基本情報

アーティストPIERROT
曲名メギドの丘
演奏時間6:02
作詞キリト
作曲キリト
編曲Pierrot

『メギドの丘』収録アルバム

アルバム名トラック#
パンドラの匣8

インディーズアルバム『パンドラの匣』の8曲目に収録。

※『メギドの丘』が収録されているアルバムのレビューもしています。こちらからどうぞ。

レビュー

『メギドの丘』とは、イスラエルに実在する場所です。

聖書を元にすると、この「メギド」が最終決戦”ハルマゲドン”が行われる地と解釈できるそうです。ちなみに、”ハルマゲドン”の語源はメギドの近くにある”メギド山(Har-Megiddo)”だそうです。

本作『メギドの丘』も聖書の内容を意識したものになっていそうですね。

後半に登場する「終幕の知らせ」だとか「結末」というのは、おそらく最終決戦”ハルマゲドン”を指しているのでしょう。

しかしながら気になるのは、『メギドの丘』に「雪」が降るような表現があるところです。

上述の通り『メギドの丘』はイスラエルにあります。位置的にはエジプトの北、地中海の東側に面するところになります。この辺りって、乾燥しているイメージがあって「雪」が降るような印象は無いんですよね。

それなのに『メギドの丘』の楽曲中では「雪」という言葉をかなりフィーチャーしているのが気になるんです。普通に考えるとあり得ない事象(もしくは稀な事象)だと思いますが…。聖書の方は『メギドの丘』に「雪」が降るような記述があるのでしょうか。

楽曲の方ですが、イントロなどで聴けるズラしフレーズが印象的です。

同じフレーズを1小説ずらしてハモらせるという手法です。『かえるの合唱』の輪唱のギター版だと思ってもらえればわかりやすいでしょうか。

なかなか珍しい手法ではあるのですが、やはりこれもツインギターの先駆者『LUNA SEA』が既に実現済みだったりします。メジャー1stアルバム『IMAGE』収録の『VAMPIRE’S TALK』という楽曲です。

こちらは確か1小説ではなく2拍(0.5小説)のズラしだったと思うのですが、イントロだけに止まらず、ほぼ1曲全編にわたってズラしギターの輪唱を聴くことができます。

ただ、本作『メギドの丘』で聴ける『PIERROT』流のギター輪唱も好きですので、再録アルバム『DICTATORS CIRCUS -奇術的旋律-』が出ると知った時、本作『メギドの丘』が収録されることを当時密かに期待してました 笑。

『メギドの丘』収録アルバムレビューリンク

※『PIERROT』に関するその他のアルバム/個別楽曲レビューはこちらからどうぞ: アーティスト索引/PIERROT

-個別楽曲レビュー
-,

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

関連記事

【個別楽曲レビュー】Every Little Thing/Who cries for me? (Pray Reprise)

J-POPのお手本のような楽曲を連発したユニット、『Every Little Thing』。 1996年にデビューし、2016年に20周年を迎えました。 2000年前後ほどの派手なヒットはありませんが …

【個別楽曲レビュー】GLAY/出逢ってしまった2人

90年代後半、音楽業界の様々な記録を塗り替えていったモンスターバンド『GLAY』。 耳馴染みの良いポップなメロディーと奇を衒わない素直な言葉で、J-POPの王道ともいえる音楽を世に繰り出し、人々を魅了 …

【個別楽曲レビュー】ゴールデンボンバー/君といつまでも

エアーバンドなる言葉を世に定着させた先駆者『ゴールデンボンバー』。通称”金爆(きんばく)”。 自分たちの好きなことをするため、あえてメジャーデビューを選ばずにインディーズで活動 …

【個別楽曲レビュー】JUDY AND MARY/RADIO

女性ボーカルに男性楽器隊という編成で平成の日本音楽史に数々のヒットソングを送り込んだバンド『JUDY AND MARY』。 1993年のメジャーデビュー後、6枚のオリジナルアルバムを残して2001年に …

【個別楽曲レビュー】L’Arc〜en〜Ciel/DIVE TO BLUE

日本を代表する説明不要のロックバンド、『L’Arc〜en〜Ciel』! かっこいい楽曲に加え、時々垣間見られるちょっとした遊び心が長い人気の秘訣ではないでしょうか。もちろん、ボーカルhyd …


執筆者:キャスター
中高生の頃、中古のCD屋巡りばっかりやってました。そんなアラサー会社員キャスターによる音楽レビューブログ。 昔趣味で曲作りをやっていたので、音楽制作者に敬意を払って1曲1曲丁寧に記事を書いていきます。