個別楽曲レビュー

【個別楽曲レビュー】THE YELLOW MONKEY/FAIRY LAND

投稿日:2017年5月28日 更新日:

2016年、申年に復活を遂げた『THE YELLOW MONKEY』!!

バンド名からして皮肉たっぷりですが、楽曲もバンド名に負けず劣らずの皮肉な内容が多いです。ただ、しっかり芯を捉えた言葉は胸にとっても響きます。ギラギラしたサウンドと相まってクセになる魅力があります!

今回は、『Bunched Birth』の3曲目、『FAIRY LAND』レビューです。

※『THE YELLOW MONKEY』に関するその他のアルバム/個別楽曲レビューはこちらからどうぞ: アーティスト索引/THE YELLOW MONKEY

『FAIRY LAND』の全体概要

基本情報

アーティストTHE YELLOW MONKEY
曲名FAIRY LAND
演奏時間3:35
作詞吉井和哉
作曲吉井和哉
編曲THE YELLOW MONKEY

副題に『電気じかけのナルシス』とついています。

『FAIRY LAND』収録アルバム

アルバム名トラック#
Bunched Birth3

インディーズアルバム『Bunched Birth』の3曲目です。

※『FAIRY LAND』が収録されているアルバムのレビューもしています。こちらからどうぞ。

レビュー

この『FAIRY LAND』のイントロを聴くと、『The Beatles』の『Birthday』が思い浮かんでしまいます。あの、某バカ殿様のテーマ曲です。

どことなく、イントロの雰囲気が似てません?ちょっとコミカルな感じとか。

本作『FAIRY LAND』に限らず、『THE YELLOW MONKEY』の曲って、妖しさと同時にコミカルな雰囲気があるものが結構ありますよね。”無邪気な道化師”とでも例えましょうか。何を仕出かすかわからない危うさで人を笑わせるような、そんな感じです。

『FAIRY LAND』、直訳すれば”妖精の土地”ですが、辞書を引くと”おとぎの国”とか”夢の国”といった意味もあるようです。実にファンシーですね。

ただ、『THE YELLOW MONKEY』の表現する『FAIRY LAND』は、一度聴けばわかる通り、皮肉に満ちた曲名が付けられているとわかります。内容はファンシーさの欠片もない、夜の営みの歌です 笑。

以下、『Bunched Birth』のAmazonリンクです。『Bunched Birth』のジャケットを表示させるとGoogle先生に怒られそうなので、文字リンクの配置とさせてください。

BUNCHED BIRTH (Amazonリンク)

Amazonで試聴できます。

『FAIRY LAND』収録アルバムレビューリンク

※『THE YELLOW MONKEY』に関するその他のアルバム/個別楽曲レビューはこちらからどうぞ: アーティスト索引/THE YELLOW MONKEY

-個別楽曲レビュー
-,

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

関連記事

【個別楽曲レビュー】LUNA SEA/I for You

2000年に終幕をし、長らく伝説のバンドとなっていましたが、2010年に活動を再開した『LUNA SEA』。 ヴィジュアル系というジャンルにおけるバンドアンサンブルの方針、特に、ツインギターの絡み方を …

【個別楽曲レビュー】ゲスの極み乙女。/スレッドダンス

2014年メジャーデビューの後、2015年に紅白歌合戦へ出演と、国民的なバンドへ成長していた矢先、例の不倫事件で世間のイメージが急降下してしまったバンド、『ゲスの極み乙女。』。 とは言え、有名人が不倫 …

【個別楽曲レビュー】PIERROT/ICAROSS

宗教的なカリスマ性と中毒性のある歌詞・サウンドで多大な信者を生み出したバンド『PIERROT』。 アンダーグラウンド界のカリスマボーカル”キリト”と、奇天烈なサウンドで世界観に …

【個別楽曲レビュー】チャットモンチー/サラバ青春

キラキラしたかわいい女の子ではなく(失礼)、もっと素の女の子をシンプルなバンドサウンドで表現してきた『チャットモンチー』! 気づけば、数多く存在する部活動的雰囲気を持った現代ガールズバンドの元祖とも言 …

【個別楽曲レビュー】THE YELLOW MONKEY/仮面劇

2016年、申年に復活を遂げた『THE YELLOW MONKEY』!! ギラギラした妖しい容姿、歌謡曲風の曲調、核心を突いた歌詞…そのどれもが絶妙なバランスの上に成り立つ唯一無二のバンドです。 一度 …


執筆者:キャスター
中高生の頃、中古のCD屋巡りばっかりやってました。そんなアラサー会社員キャスターによる音楽レビューブログ。 昔趣味で曲作りをやっていたので、音楽制作者に敬意を払って1曲1曲丁寧に記事を書いていきます。