個別楽曲レビュー

【個別楽曲レビュー】THE YELLOW MONKEY/FAIRY LAND

投稿日:2017年5月28日 更新日:

2016年、申年に復活を遂げた『THE YELLOW MONKEY』!!

バンド名からして皮肉たっぷりですが、楽曲もバンド名に負けず劣らずの皮肉な内容が多いです。ただ、しっかり芯を捉えた言葉は胸にとっても響きます。ギラギラしたサウンドと相まってクセになる魅力があります!

 

今回は、『Bunched Birth』の3曲目、『FAIRY LAND』レビューです。

 

全体概要

基本情報

アーティスト THE YELLOW MONKEY
曲名 FAIRY LAND
演奏時間 3:35
作詞 吉井和哉
作曲 吉井和哉
編曲 THE YELLOW MONKEY 

副題に『電気じかけのナルシス』とついています。

 

収録アルバム

アルバム名 トラック#
Bunched Birth 3

インディーズアルバム『Bunched Birth』の3曲目です。

 

レビュー

この『FAIRY LAND』のイントロを聴くと、『The Beatles』の『Birthday』が思い浮かんでしまいます。あの、某バカ殿様のテーマ曲です。

どことなく、イントロの雰囲気が似てません?ちょっとコミカルな感じとか。

『FAIRY LAND』に限らず、『THE YELLOW MONKEY』の曲って、妖しさと同時にコミカルな雰囲気があるものが結構ありますよね。”無邪気な道化師”とでも例えましょうか。何を仕出かすかわからない危うさで人を笑わせるような、そんな感じです。

 

『FAIRY LAND』、直訳すれば”妖精の土地”ですが、辞書を引くと”おとぎの国”とか”夢の国”といった意味もあるようです。実にファンシーですね。ただ、『THE YELLOW MONKEY』の表現する『FAIRY LAND』は、一度聴けばわかる通り、皮肉に満ちた曲名が付けられているとわかります。内容はファンシーさの欠片もない、夜の営みの歌です 笑。

 

以下、『Bunched Birth』のAmazonリンクです。『Bunched Birth』のジャケットを表示させるとGoogle先生に怒られそうなので、文字リンクの配置とさせてください。

BUNCHED BIRTH (Amazonリンク)

公式MVはyoutubeにアップされていませんが、Amazonで視聴できます。

 

『FAIRY LAND』が収録されているアルバム『Bunched Birth』のレビューはこちらからどうぞ!

【アルバムレビュー】THE YELLOW MONKEY/Bunched Birth

-個別楽曲レビュー
-,

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

関連記事

【個別楽曲レビュー】PIERROT/FREAKS

宗教的なカリスマ性と中毒性のある歌詞・サウンドで多大な信者を生み出したバンド『PIERROT』。 このバンドが活躍していた90年代後半から00年代前半頃はまだ”中二病”という言 …

【個別楽曲レビュー】L’Arc〜en〜Ciel/虹

日本を代表する説明不要のロックバンド、『L’Arc〜en〜Ciel』! かっこいい楽曲に加え、時々垣間見られるちょっとした遊び心が長い人気の秘訣ではないでしょうか。もちろん、ボーカルhyd …

【個別楽曲レビュー】the brilliant green/goodbye and good luck

『the brilliant green』はもっと評価されるべき!! UKロック風のバンドサウンドとアンニュイなのにメルヘン感のある川瀬智子のボーカルの絶妙な組み合わせは唯一無二です!   …

【個別楽曲レビュー】THE YELLOW MONKEY/Titta Titta

2016年、申年に復活を遂げた『THE YELLOW MONKEY』!! ギラギラとした妖しい雰囲気はそのままに、復活後の彼らの楽曲には溢れんばかりの優しさを感じます。 離れ離れになっていた十数年とい …

【個別楽曲レビュー】相対性理論/チャイナアドバイス

2000年代後半、一部の世間をざわつかせた(?)不思議系おしゃれバンド『相対性理論』! 実験的な言葉選びとアレンジが非常に個性的です。 最初のミニアルバム『シフォン主義』の発表から10年が経とうとして …


執筆者:キャスター
中高生の頃、中古のCD屋巡りばっかりやってました。そんなアラサー会社員キャスターによる音楽レビューブログ。 昔趣味で曲作りをやっていたので、音楽制作者に敬意を払って1曲1曲丁寧に記事を書いていきます。