個別楽曲レビュー

【個別楽曲レビュー】LUNA SEA/STAY

投稿日:2019年4月26日 更新日:

2000年に終幕をし、長らく伝説のバンドとなっていましたが、2010年に活動を再開した『LUNA SEA』。

90年代後半はソロで大成したRYUICHIこと『河村隆一』のインパクトが良くも悪くもバンドのイメージを左右していた印象でしたが、2010年の復活後は5人の個性がバランスよく発揮されたキレイな形で快進撃を続けているのが嬉しいですね。

今回は、『LUNA SEA』の楽曲、『STAY』のレビューです。

※『LUNA SEA』に関するその他のアルバム/個別楽曲レビューはこちらからどうぞ: アーティスト索引/LUNA SEA

beautiful

『STAY』の全体概要

基本情報

アーティストLUNA SEA
曲名STAY
演奏時間3:52
作詞LUNA SEA
作曲LUNA SEA
編曲LUNA SEA

『STAY』収録アルバム

アルバム名トラック#
EDEN11

オリジナルアルバム『EDEN』の11曲目に収録。

本作『STAY』がアルバム『EDEN』の最終トラックになります。

※『STAY』が収録されているアルバムのレビューもしています。こちらからどうぞ。

レビュー

アルバム『EDEN』の最後を飾るのはキャッチーで明るい本作『STAY』。

アルバムの締めがポジティブ系なのは前アルバム『IMAGE』の『WISH』と同じ流れですね。

とは言え、『LUNA SEA』のライブセットリストを眺めてみると、『WISH』が未だにライブのラスト定番というポジションを獲得している一方、本作『STAY』が『WISH』と同じだけの役割を担えているわけではなさそうです。

もちろん『WISH』の完成度が高すぎたというのはあるのでしょうが、本作『STAY』って、なんだか惜しいんですよね。

Bメロなんかは『WISH』に引けを取らないほど、非常にキャッチーに仕上がっています。いや本当、『STAY』のBメロは是非とも聴いてみていただきたい。ここだけ切り取れば、”これっていつのヒットソング?『STAY』はなんで地味に埋もれてしまっているの?”と思えるほどキャッチーなんです!

…ただ、その後のサビが…ちょっと…弱い…!

Bメロは非常に完成度が高いので、その流れのまま、さらにリスナーの期待を裏切るほどのサビが『STAY』にあれば…あの『WISH』の牙城を崩せたのでは…なんていう惜しさを感じるのです…。

あとは…歌詞ですね。

『LUNA SEA』の楽曲ってそこまで歌詞を気にする類の音楽ではないと思って聴いていますが、さすがに本作『STAY』は「鮮やか」って言い過ぎ 笑。

「鮮やか」という抽象的な言葉が独り歩きして、ちょっとモヤっとします。私の読解力がないだけかもしれませんが。

なんだか否定的な形で幕を下ろしそうですが、決して本作『STAY』、嫌いなわけではありません。この楽曲のキャッチーなBメロが聴きたくて『STAY』の再生ボタンを押すことが、なんだかんだ言ってけっこうあるのです。

Amazonで試聴できます。

『STAY』収録アルバムレビューリンク

※『LUNA SEA』に関するその他のアルバム/個別楽曲レビューはこちらからどうぞ: アーティスト索引/LUNA SEA

-個別楽曲レビュー
-,

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

関連記事

【個別楽曲レビュー】B’z/Easy Come, Easy Go!

ボーカルの稲葉浩志とギターの松本孝弘による二人組ロックバンド『B’z』。 『B’z』に言及するからにはやはり避けて通れないのは数々の記録でしょう。その中でも日本におけるアーティ …

【個別楽曲レビュー】THE YELLOW MONKEY/不愉快な6番街へ(Unpleasant 6th Avenue)

2016年、申年に復活を遂げた『THE YELLOW MONKEY』!! このバンドを紹介する際、当たり前のように『THE YELLOW MONKEY』と打ち込んでいるわけですが、よく考えるとこの言葉 …

【個別楽曲レビュー】GLAY/THINK ABOUT MY DAUGHTER

90年代後半、音楽業界の様々な記録を塗り替えていったモンスターバンド『GLAY』。 ヒットソングだけを取り出してみれば、確かに耳馴染みの良い王道J-POPな楽曲で溢れていますが、ひとたび『GLAY』の …

【個別楽曲レビュー】PIERROT/「天と地」と「0と1」と

宗教的なカリスマ性と中毒性のある歌詞・サウンドで多大な信者を生み出したバンド『PIERROT』。 2006年突如解散してしまいましたが、最近になってライブを開催してみたりファンクラブを再始動させたりと …

【個別楽曲レビュー】B’z/いつかのメリークリスマス

ボーカルの稲葉浩志とギターの松本孝弘による二人組ロックバンド『B’z』。 『B’z』に言及するからにはやはり避けて通れないのは数々の記録でしょう。その中でも日本におけるアーティ …


執筆者:キャスター
中高生の頃、中古のCD屋巡りばっかりやってました。そんなアラサー会社員キャスターによる音楽レビューブログ。 昔趣味で曲作りをやっていたので、音楽制作者に敬意を払って1曲1曲丁寧に記事を書いていきます。