アルバムレビュー

【アルバムレビュー】LUNA SEA/EDEN

投稿日:2019年4月16日 更新日:

2000年に終幕をし、長らく伝説のバンドとなっていましたが、2010年に活動を再開した『LUNA SEA』。

90年代後半はソロで大成したRYUICHIこと『河村隆一』のインパクトが良くも悪くもバンドのイメージを左右していた印象でしたが、2010年の復活後は5人の個性がバランスよく発揮されたキレイな形で快進撃を続けているのが嬉しいですね。

 

今回は、『LUNA SEA』のアルバム、『EDEN』のレビューです。

 

angel

全体概要

基本情報

アーティスト LUNA SEA
アルバム名 EDEN
発売日 1993/4/21

メジャー2ndアルバム。

 

収録曲

収録曲の一覧です。

# 曲名 演奏時間
1 JESUS 4:20
2 BELIEVE 4:04
3 Rejuvenescence 3:37
4 RECALL 4:58
5 ANUBIS 4:01
6 LASTLY 6:00
7 IN MY DREAM (WITH SHIVER) 5:03
8 STEAL 4:17
9 LAMENTABLE 4:22
10 Providence 3:08
11 STAY 3:52

演奏時間はトータル47:54。京浜東北線で東京・根岸間とだいたい同じくらいの時間です。

 

レビュー

テンションメーター

アルバムを通して聞いた時のテンションはこんな感じでした。5段階評価で各曲のテンションを可視化してみます。

# 曲名 テンションメーター
1 JESUS           5
2 BELIEVE           5
3 Rejuvenescence           3
4 RECALL           3
5 ANUBIS           4
6 LASTLY           4
7 IN MY DREAM (WITH SHIVER)           4
8 STEAL           3
9 LAMENTABLE           4
10 Providence           4
11 STAY           4

序盤の2曲が特に好き。

 

総評

『LUNA SEA』の作品の中ではポップなアルバムと評される本作『EDEN』。

確かに、インディーズアルバムの『LUNA SEA』や前作の『IMAGE』に比べれば、狂気じみた楽曲の収録は控えられているように思います。そういう意味では、ポップという形容も間違ってはいないのかなと。

 

ただ、あくまで”『LUNA SEA』基準でのポップ”という評価なのかなと思います。

歌で聴かせる楽曲もありますが、やはり、雰囲気で聴かせる、あるいはバンドアンサンブルの妙で聴かせるという楽曲が多々ありますからね。

こういった類の楽曲は、世間的には”ポップ”にカテゴライズするかというと…微妙かなと。もっと、わかりやすいイントロ、わかりやすいサビ、わかりやすい歌詞が並ぶものを世間的にはポップと言うのではないかなと思うのです。

 

何が言いたいかというと、”ポップと評されているから、入門用として聴きやすいだろう”という理由で本作『EDEN』を手に取ると、”思ってたのと違う…”なんていう感想を抱く危険があるということです。

『LUNA SEA』のいろんなアルバムを聴いた人が、相対的に本作『EDEN』をポップだと評している程度に受け止めておいた方が安全かと思います。

とにかく、上述のような先入観無しに聴いてみる方が、素直にこのアルバムを楽しめるはずです。

 

『EDEN』に収録されている各個別楽曲のレビューはこちらからどうぞ!

【個別楽曲レビュー】LUNA SEA/JESUS

【個別楽曲レビュー】LUNA SEA/BELIEVE

【個別楽曲レビュー】LUNA SEA/Rejuvenescence

【個別楽曲レビュー】LUNA SEA/RECALL

【個別楽曲レビュー】LUNA SEA/ANUBIS

【個別楽曲レビュー】LUNA SEA/LASTLY

【個別楽曲レビュー】LUNA SEA/IN MY DREAM (WITH SHIVER)

【個別楽曲レビュー】LUNA SEA/STEAL

【個別楽曲レビュー】LUNA SEA/LAMENTABLE

【個別楽曲レビュー】LUNA SEA/Providence

【個別楽曲レビュー】LUNA SEA/STAY

 

『LUNA SEA』のアルバムのレビュー、他にもやってます!

【アルバムレビュー】LUNA SEA/SINGLES

【アルバムレビュー】LUNA SEA/PERIOD 〜THE BEST SELECTION〜

【アルバムレビュー】LUNA SEA/MOTHER

【アルバムレビュー】LUNA SEA/STYLE

-アルバムレビュー
-,

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

関連記事

【アルバムレビュー】ゴールデンボンバー/ゴールデン・アワー〜下半期ベスト2010〜

エアーバンドなる言葉を世に定着させた先駆者『ゴールデンボンバー』。通称”金爆(きんばく)”。 平成から令和への改元でさえネタにして楽曲を創ってしまう彼らは、紛れもなくエンターテ …

【アルバムレビュー】L’Arc〜en〜Ciel/ray

日本を代表する説明不要のロックバンド、『L’Arc〜en〜Ciel』! かっこいい楽曲に加え、時々垣間見られるちょっとした遊び心が長い人気の秘訣ではないでしょうか。もちろん、ボーカルhyd …

【アルバムレビュー】Every Little Thing/everlasting

J-POPのお手本のような楽曲を連発したユニット、『Every Little Thing』。 特に90年代後半の五十嵐充プロデュース時代の楽曲は、ビーイング系のバンドっぽいサウンドと小室ファミリーのダ …

【アルバムレビュー】ポルカッドットスティングレイ/骨抜き E.P

2017年、ブレイク間違いなし(と思っていたけど、あんまりそうでもなかった)バンド、『ポルカドットスティングレイ』!! 女性ボーカルとギター、ベース、ドラムといった、シンプルな構成の4人ロックバンドで …

【アルバムレビュー】LUNA SEA/PERIOD 〜THE BEST SELECTION〜

2000年に終幕をし、長らく伝説のバンドとなっていましたが、2010年に活動を再開した『LUNA SEA』。 ヴィジュアル系というジャンルにおけるバンドアンサンブルの方針、特に、ツインギターの絡み方を …


執筆者:キャスター
中高生の頃、中古のCD屋巡りばっかりやってました。そんなアラサー会社員キャスターによる音楽レビューブログ。 昔趣味で曲作りをやっていたので、音楽制作者に敬意を払って1曲1曲丁寧に記事を書いていきます。