個別楽曲レビュー

【個別楽曲レビュー】LUNA SEA/JESUS

投稿日:2019年4月17日 更新日:

2000年に終幕をし、長らく伝説のバンドとなっていましたが、2010年に活動を再開した『LUNA SEA』。

90年代後半はソロで大成したRYUICHIこと『河村隆一』のインパクトが良くも悪くもバンドのイメージを左右していた印象でしたが、2010年の復活後は5人の個性がバランスよく発揮されたキレイな形で快進撃を続けているのが嬉しいですね。

今回は、『LUNA SEA』の楽曲、『JESUS』のレビューです。

※『LUNA SEA』に関するその他のアルバム/個別楽曲レビューはこちらからどうぞ: アーティスト索引/LUNA SEA

black

『JESUS』の全体概要

基本情報

アーティストLUNA SEA
曲名JESUS
演奏時間4:20
作詞LUNA SEA
作曲LUNA SEA
編曲LUNA SEA

『JESUS』収録アルバム

アルバム名トラック#
EDEN1
LUNA SEA COMPLETE BEST (Disc 2)8

オリジナルアルバム『EDEN』の1曲目に収録。

※『JESUS』が収録されているアルバムのレビューもしています。こちらからどうぞ。

レビュー

アルバム『EDEN』の幕開けを飾る楽曲、『JESUS』。

『LUNA SEA』のアルバム1曲目は名曲揃いですよね。

特に、メジャー1st『IMAGE』の『Dejavu』(『Dejavu』は厳密には1曲目ではありませんが)、2nd『EDEN』の本作『JESUS』、そして3rd『MOTHER』の『LOVELESS』と、この辺りのアルバムの1曲目だけをピックアップしてみると、そうそうたる顔ぶれが並んでいることに気付きます。

この3曲を比較してみると、本作『JESUS』が一番キャッチーで取っつきやすいのかな。アルバム『EDEN』がポップだと評される所以は、このキャッチーな『JESUS』が1曲目に配置されているという印象が大きいのではと思います。

さて、そんなキャッチーな本作『JESUS』ですが、この楽曲の聴きどころは、やはり今川焼…ではなく、左右のギターアンサンブルではないでしょうか。

耳に残るわかりやすい歌メロもいいですが、怪しげなSUGIZOの単音リフと楽曲に彩を添えるINORANのコードリフの組み合わせが控えめに言っても最高です。かっこいい!

各楽器ごとに分解してしまえば、やってることは実は割とシンプルなのでしょうが、それぞれが組み合わさることで唯一無二の音を作り出す…それが『LUNA SEA』というバンドの魅力だと思います。

そういう意味でも、本作『JESUS』は間違いなく『LUNA SEA』のかっこよさを代表する楽曲ですね。

Amazonで試聴できます。

『JESUS』収録アルバムレビューリンク

※『LUNA SEA』に関するその他のアルバム/個別楽曲レビューはこちらからどうぞ: アーティスト索引/LUNA SEA

-個別楽曲レビュー
-,

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

関連記事

【個別楽曲レビュー】PIERROT/ICAROSS

宗教的なカリスマ性と中毒性のある歌詞・サウンドで多大な信者を生み出したバンド『PIERROT』。 アンダーグラウンド界のカリスマボーカル”キリト”と、奇天烈なサウンドで世界観に …

【個別楽曲レビュー】PIERROT/鬼と桜

宗教的なカリスマ性と中毒性のある歌詞・サウンドで多大な信者を生み出したバンド『PIERROT』。 アンダーグラウンドで知的で過激。当時の10代リスナーはある種の選民思想を抱きながら『PIERROT』の …

【個別楽曲レビュー】黒夢/眠れない日に見る時計

ボーカルとベースの二人組という珍しい組み合わせのバンド、『黒夢』。 1994年のメジャーデビュー後、順調にセールスを伸ばしていた中1999年に無期限の活動停止を発表。そしてその約10年後の2010年、 …

【個別楽曲レビュー】PIERROT/FREAKS

宗教的なカリスマ性と中毒性のある歌詞・サウンドで多大な信者を生み出したバンド『PIERROT』。 このバンドが活躍していた90年代後半から00年代前半頃はまだ”中二病”という言 …

【個別楽曲レビュー】the brilliant green/長いため息のように

『the brilliant green』はもっと評価されるべき!! UKロック風のバンドサウンドとアンニュイなのにメルヘン感のある川瀬智子のボーカルの絶妙な組み合わせは唯一無二です! そんな『the …


執筆者:キャスター
中高生の頃、中古のCD屋巡りばっかりやってました。そんなアラサー会社員キャスターによる音楽レビューブログ。 昔趣味で曲作りをやっていたので、音楽制作者に敬意を払って1曲1曲丁寧に記事を書いていきます。