個別楽曲レビュー

【個別楽曲レビュー】X JAPAN/White Poem I

投稿日:2019年6月19日 更新日:

日本の音楽史を語る上で絶対に外すのことのできないバンド、『X JAPAN』。

YOSHIKI、Toshl、HIDEといったメンバーひとりひとりが持つ物語、バンドが歩んだ歴史、そして多くのロックキッズを虜にした楽曲、どこを切り取っても、もはや芸術とまで呼んでしまえそうな、そんな唯一無二のバンド。

2007年の再結成で新たな伝説のページを刻み始めた『X JAPAN』ですが、オリジナルアルバム0枚のまま、既に再結成以降の期間がメジャーデビューから解散までの期間(1989年~1997年)を上回っていることに気付かされます…。

今回は、『X JAPAN』の楽曲、『White Poem I』のレビューです。

※『X JAPAN』に関するその他のアルバム/個別楽曲レビューはこちらからどうぞ: アーティスト索引/X JAPAN

persian-poems

『White Poem I』の全体概要

基本情報

アーティストX JAPAN
曲名White Poem I
演奏時間3:18
作詞YOSHIKI
作曲YOSHIKI
編曲YOSHIKI

アルバム『DAHLIA』収録曲の内、シングル化されなかった唯一のYOSHIKI作曲作品。

『White Poem I』収録アルバム

アルバム名トラック#
DAHLIA5

オリジナルアルバム『DAHLIA』の5曲目に収録。

※『White Poem I』が収録されているアルバムのレビューもしています。こちらからどうぞ。

レビュー

インスト曲というわけではないのですが、ほぼインスト曲っぽい聴き心地な1曲、『White Poem I』。曲のほとんど語り部分で、Toshlがサビらしきところを歌うという構成です。

本作『White Poem I』は作詞作曲だけでなく編曲までYOSHIKIになっていますので、実質彼のソロ作品のような位置づけでしょうか。

『X JAPAN』の楽曲の魅力と言えば、YOSHIKI作曲に他のメンバーが編曲に加わるという濃厚な作品だと思いますが、アルバム『DAHLIA』のそういった楽曲は軒並みシングルとして既出だったんですよね。アルバム『DAHLIA』における唯一のYOSHIKI作曲作品が彼のソロっぽいこの『White Poem I』だったので、リアルタイムにアルバムを待っていた人は正直隠しきれないがっかり感があったことでしょう…。もっと『DAHLIA』や『Rusty Nail』みたいなの濃厚なやつ聴きたかったのに…と。

ただ、さすがYOSHIKIと言いますか、本作『White Poem I』で聴けるToshlの歌うメロディーとそのバックで奏でられるピアノは本当に美しいです。

この美しい聴きどころがあるからか、アルバム『DAHLIA』を聴いている最中に本作『White Poem I』が流れてきても、やっぱり飛ばさずについつい聴き入ってしまいますね。

リアルタイムで聴いていた人たちは上述の理由でがっかりしたでしょうが、先入観を取っ払って改めて聴いてみると、素直に良い曲だと感じられると思います。

『White Poem I』収録アルバムレビューリンク

※『X JAPAN』に関するその他のアルバム/個別楽曲レビューはこちらからどうぞ: アーティスト索引/X JAPAN

-個別楽曲レビュー
-,

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

関連記事

【個別楽曲レビュー】X JAPAN/Tears

日本の音楽史を語る上で絶対に外すのことのできないバンド、『X JAPAN』。 YOSHIKI、Toshl、HIDEといったメンバーひとりひとりが持つ物語、バンドが歩んだ歴史、そして多くのロックキッズを …

【個別楽曲レビュー】Every Little Thing/Future World

J-POPのお手本のような楽曲を連発したユニット、『Every Little Thing』。 特に90年代後半の五十嵐充プロデュース時代の楽曲は、ビーイング系のバンドっぽいサウンドと小室ファミリーのダ …

【個別楽曲レビュー】ZONE/GOOD DAYS

“バンド”でも”アイドル”でもない“バンドル”という新しいジャンルで活動を始めた4人組グループ『ZONE』。 途中で本当に楽器を …

【個別楽曲レビュー】LUNA SEA/SELVES

2000年に終幕をし、長らく伝説のバンドとなっていましたが、2010年に活動を再開した『LUNA SEA』。 自身主宰のLUNATIC FEST.ではベテランバンドから若手バンドまでを巻き込み、日本の …

【個別楽曲レビュー】ゴールデンボンバー/また君に番号を聞けなかった

エアーバンドなる言葉を世に定着させた先駆者『ゴールデンボンバー』。通称”金爆(きんばく)”。 自分たちの好きなことをするため、あえてメジャーデビューを選ばずにインディーズで活動 …


執筆者:キャスター
中高生の頃、中古のCD屋巡りばっかりやってました。そんなアラサー会社員キャスターによる音楽レビューブログ。 昔趣味で曲作りをやっていたので、音楽制作者に敬意を払って1曲1曲丁寧に記事を書いていきます。