個別楽曲レビュー

【個別楽曲レビュー】L’Arc〜en〜Ciel/trick

投稿日:2017年10月25日 更新日:

日本を代表する説明不要のロックバンド、『L’Arc〜en〜Ciel』!

かっこいい楽曲に加え、時々垣間見られるちょっとした遊び心が長い人気の秘訣ではないでしょうか。もちろん、ボーカルhydeの美貌によるカリスマ的な影響力もすごいものがありますが。

今回は『trick』の個別楽曲レビューです。

※『L’Arc〜en〜Ciel』に関するその他のアルバム/個別楽曲レビューはこちらからどうぞ: アーティスト索引/L’Arc〜en〜Ciel

juggler

『trick』の全体概要

基本情報

アーティストL’Arc〜en〜Ciel
曲名trick
演奏時間3:47
作詞yukihiro
作曲yukihiro
編曲L’Arc〜en〜Ciel & Hajime Okano

作詞・作曲ともyukihiroという珍しい楽曲。

『trick』収録アルバム

アルバム名トラック#
ray9
The Best of L’Arc〜en〜Ciel 1998-20009
QUADRINITY 〜MEMBER’S BEST SELECTIONS〜 (Disc 4 yukihiro best)7

オリジナルアルバム『ray』に収録。

アルバム曲ながら、幾つかのベストアルバムにも収録されています。

※『trick』が収録されているアルバムのレビューもしています。こちらからどうぞ。

レビュー

リズムで聴かせる1曲、『trick』

ラルクの楽曲って、メロディで聴かせるイメージが強いので、本作『trick』のようなタイプは珍しいですね。ドラムのyukihiroが作曲を担当しているせいでしょうか。

歌メロもラルクにしてはキーが低め。hydeお得意の裏声もありません。

男性でもカラオケで歌いやすいラルクの曲だとは思いますが、いかんせん、『trick』の一般認知度の低さが難点。

あと、全編英語詞なので、そこもカラオケで選曲するにあたり躊躇してしまうポイントかもしれません。歌唱力で聴かせるというより、リズムに乗って盛り上がらせるというシチュエーション向けですかね。

曲名に付けられている『trick』という単語ですが、曲中では「boys trick…」と動詞の用法で使われています。”だます”という意味ですね。

サビでは“お前は無能(incapacity)だってことに気づくよ”なんて意味のことを歌っています。このことと他の部分の歌詞から推測するに、曲全体では“無能だってわかったなら、男たちにだまされないように気をつけろよ”って内容を歌っているものと思います。多分。解釈間違っていたらすみません。

もし上記解釈があっていたら、なかなか挑発的ですね 笑。

Amazonで試聴できます。

『trick』収録アルバムレビューリンク

※『L’Arc〜en〜Ciel』に関するその他のアルバム/個別楽曲レビューはこちらからどうぞ: アーティスト索引/L’Arc〜en〜Ciel

-個別楽曲レビュー
-,

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

関連記事

【個別楽曲レビュー】L’Arc〜en〜Ciel/DIVE TO BLUE

日本を代表する説明不要のロックバンド、『L’Arc〜en〜Ciel』! かっこいい楽曲に加え、時々垣間見られるちょっとした遊び心が長い人気の秘訣ではないでしょうか。もちろん、ボーカルhyd …

【個別楽曲レビュー】L’Arc〜en〜Ciel/Fare Well

日本を代表する説明不要のロックバンド、『L’Arc〜en〜Ciel』! かっこいい楽曲に加え、時々垣間見られるちょっとした遊び心が長い人気の秘訣ではないでしょうか。もちろん、ボーカルhyd …

【個別楽曲レビュー】Every Little Thing/For the moment

J-POPのお手本のような楽曲を連発したユニット、『Every Little Thing』。 特に90年代後半の五十嵐充プロデュース時代の楽曲は、ビーイング系のバンドっぽいサウンドと小室ファミリーのダ …

【個別楽曲レビュー】ゴールデンボンバー/君といつまでも

エアーバンドなる言葉を世に定着させた先駆者『ゴールデンボンバー』。通称”金爆(きんばく)”。 自分たちの好きなことをするため、あえてメジャーデビューを選ばずにインディーズで活動 …

【個別楽曲レビュー】hide/OEDO COWBOYS (In Low-Fi Mono!)

伝説のミュージシャン…その言葉が最も似合う日本人は、やはり『hide』ではないでしょうか。 カリスマバンド『X JAPAN』のギタリストというポジション、トレードマークの赤髪、ズバ抜けたセンス、そして …


執筆者:キャスター
中高生の頃、中古のCD屋巡りばっかりやってました。そんなアラサー会社員キャスターによる音楽レビューブログ。 昔趣味で曲作りをやっていたので、音楽制作者に敬意を払って1曲1曲丁寧に記事を書いていきます。