個別楽曲レビュー

【個別楽曲レビュー】L’Arc〜en〜Ciel/いばらの涙

投稿日:2017年10月26日 更新日:

日本を代表する説明不要のロックバンド、『L’Arc〜en〜Ciel』!

かっこいい楽曲に加え、時々垣間見られるちょっとした遊び心が長い人気の秘訣ではないでしょうか。もちろん、ボーカルhydeの美貌によるカリスマ的な影響力もすごいものがありますが。

今回は『いばらの涙』の個別楽曲レビューです。

※『L’Arc〜en〜Ciel』に関するその他のアルバム/個別楽曲レビューはこちらからどうぞ: アーティスト索引/L’Arc〜en〜Ciel

thorns

『いばらの涙』の全体概要

基本情報

アーティストL’Arc〜en〜Ciel
曲名いばらの涙
演奏時間5:22
作詞hyde
作曲hyde
編曲L’Arc〜en〜Ciel & Hajime Okano

バラードというわけではないんですが、演奏時間は5分を超えており、けっこう長め。

『いばらの涙』収録アルバム

アルバム名トラック#
ray10
QUADRINITY 〜MEMBER’S BEST SELECTIONS〜 (Disc 1 hyde best)6
TWENITY (1997-1999)15

オリジナルアルバム『ray』に収録。

アルバム曲ながら、幾つかのベストアルバムにも収録されています。

※『いばらの涙』が収録されているアルバムのレビューもしています。こちらからどうぞ。

レビュー

手数の多いアルペジオで始まり、サビで爆発する1曲、『いばらの涙』。

ここだけ切り取ると、同アルバム『ray』収録の『浸食 〜lose control〜』に似た作りですね。

しかし、『浸食 〜lose control〜』の作曲者はkenで、本作『いばらの涙』の作曲者はhydeと、作曲者は異なっています。まぁ、アレンジの問題なので、ここは作曲者どうこうというより、バンドの個性といったところでしょうか。

しかし、この手の曲って悔しいけどツボなんですよね 笑。

メロディアスな歌メロに、裏声交じりのhydeの歌声というザ・ラルク!って感じの曲

各メンバーが自身で作曲した曲から選んで作り上げたベストアルバム『QUADRINITY 〜MEMBER’S BEST SELECTIONS〜』にも、hydeが自身のベストに本作『いばらの涙』を選んでいます。やはり、作曲者本人も”いい出来!”と思ったんじゃないでしょうか 笑。

本作『いばらの涙』、世に出て20年近く経ちますがその輝きは色褪せることなく健在です。

これを機に、今一度聴き直してみてはいかがですか?

Amazonで試聴できます。

『いばらの涙』収録アルバムレビューリンク

※『L’Arc〜en〜Ciel』に関するその他のアルバム/個別楽曲レビューはこちらからどうぞ: アーティスト索引/L’Arc〜en〜Ciel

-個別楽曲レビュー
-,

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

関連記事

【個別楽曲レビュー】JUDY AND MARY/motto

女性ボーカルに男性楽器隊という編成で平成の日本音楽史に数々のヒットソングを送り込んだバンド『JUDY AND MARY』。 1993年のメジャーデビュー後、6枚のオリジナルアルバムを残して2001年に …

【個別楽曲レビュー】THE YELLOW MONKEY/月の歌

2016年、申年に復活を遂げた『THE YELLOW MONKEY』!! 復活したものの、特に目立った活動もなく再休止するバンドもある中、イエモンこと『THE YELLOW MONKEY』は精力的に新 …

【個別楽曲レビュー】THE YELLOW MONKEY/セ■クスレスデス

2016年、申年に復活を遂げた『THE YELLOW MONKEY』!! シングルのリリースはあったものの、2018年7月現在、未だに復活後のオリジナルアルバムが発表されていません(*)。過去の名盤た …

【個別楽曲レビュー】ゴールデンボンバー/君といつまでも

エアーバンドなる言葉を世に定着させた先駆者『ゴールデンボンバー』。通称”金爆(きんばく)”。 自分たちの好きなことをするため、あえてメジャーデビューを選ばずにインディーズで活動 …

【個別楽曲レビュー】PIERROT/メギドの丘

宗教的なカリスマ性と中毒性のある歌詞・サウンドで多大な信者を生み出したバンド『PIERROT』。 2006年突如解散してしまいましたが、最近になってライブを開催してみたりファンクラブを再始動させたりと …


執筆者:キャスター
中高生の頃、中古のCD屋巡りばっかりやってました。そんなアラサー会社員キャスターによる音楽レビューブログ。 昔趣味で曲作りをやっていたので、音楽制作者に敬意を払って1曲1曲丁寧に記事を書いていきます。