個別楽曲レビュー

【個別楽曲レビュー】L’Arc〜en〜Ciel/浸食 〜lose control〜

投稿日:2017年10月24日 更新日:

日本を代表する説明不要のロックバンド、『L’Arc〜en〜Ciel』!

かっこいい楽曲に加え、時々垣間見られるちょっとした遊び心が長い人気の秘訣ではないでしょうか。もちろん、ボーカルhydeの美貌によるカリスマ的な影響力もすごいものがありますが。

今回は『浸食 〜lose control〜』の個別楽曲レビューです。

※『L’Arc〜en〜Ciel』に関するその他のアルバム/個別楽曲レビューはこちらからどうぞ: アーティスト索引/L’Arc〜en〜Ciel

location

『浸食 〜lose control〜』の全体概要

基本情報

アーティストL’Arc〜en〜Ciel
曲名浸食 〜lose control〜
演奏時間4:45
作詞hyde
作曲ken
編曲L’Arc〜en〜Ciel & Hajime Okano

12thシングル。

『HONEY』、『花葬』と合わせて3作同時にリリースされたシングルの一つです。

『浸食 〜lose control〜』収録アルバム

アルバム名トラック#
ray8
The Best of L’Arc〜en〜Ciel 1998-20003

オリジナルアルバム『ray』に収録。

同時発売兄弟の『HONEY』、『花葬』は様々なベストアルバムに収録されていますが、末っ子の本作『浸食 〜lose control〜』は兄たちと比較するとベストアルバムの常連とは言え無さそうです。

※『浸食 〜lose control〜』が収録されているアルバムのレビューもしています。こちらからどうぞ。

レビュー

本作『浸食 〜lose control〜』のキーワードと言えば“変拍子”ですかね。

スコアを見てみるとわかるんですが、6/8とか6/4なんかはまだしも、7/4という滅多に見ないような拍子が出てきます。

ただ、1stシングルの『Blurry Eyes』だって変拍子を取り入れていましたからね。変拍子がラルクにとって特別目新しい要素ってわけではないです。

それよりも、サビでベースとギターが縦を合わせてシンプルにリズムを作るバンドサウンドが、当時のラルクとしては新しいかったのではないでしょうか。

怪しげな雰囲気を醸し出すアルペジオから、一転して繰り出される乱暴なユニゾン!この変貌っぷりに一時期ハマって、『浸食 〜lose control〜』をヘビロテしてたこともありました 笑。

例えば本作『浸食 〜lose control〜』とか、7thシングルの『虹』なんかもそうですけど、ロックという音楽が根本に持つ激しさと、ラルクの持つ幻想的な雰囲気が見事に融合した作品が私のツボです。

そして、そういう曲はだいたいken作曲なんですよね。偶然かもしれませんが。

Amazonで試聴できます。

『浸食 〜lose control〜』収録アルバムレビューリンク

※『L’Arc〜en〜Ciel』に関するその他のアルバム/個別楽曲レビューはこちらからどうぞ: アーティスト索引/L’Arc〜en〜Ciel

-個別楽曲レビュー
-,

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

関連記事

【個別楽曲レビュー】ゴールデンボンバー/男心と秋の空

エアーバンドなる言葉を世に定着させた先駆者『ゴールデンボンバー』。通称”金爆(きんばく)”。 自分たちの好きなことをするため、あえてメジャーデビューを選ばずにインディーズで活動 …

【個別楽曲レビュー】hide/PSYENCE

伝説のミュージシャン…その言葉が最も似合う日本人は、やはり『hide』ではないでしょうか。 カリスマバンド『X JAPAN』のギタリストというポジション、トレードマークの赤髪、ズバ抜けたセンス、そして …

【個別楽曲レビュー】X JAPAN/DRAIN

日本の音楽史を語る上で絶対に外すのことのできないバンド、『X JAPAN』。 YOSHIKI、Toshl、HIDEといったメンバーひとりひとりが持つ物語、バンドが歩んだ歴史、そして多くのロックキッズを …

【個別楽曲レビュー】X JAPAN/Say Anything

日本の音楽史を語る上で絶対に外すのことのできないバンド、『X JAPAN』。 YOSHIKI、Toshl、HIDEといったメンバーひとりひとりが持つ物語、バンドが歩んだ歴史、そして多くのロックキッズを …

【個別楽曲レビュー】GARNET CROW/A crown

2013年、惜しまれながらも解散した『GARNET CROW』。 女性のボーカルとキーボード、男性のギターとキーボードという4人構成で活動していました。 丁寧に作りこまれたポップソングが『GARNET …


執筆者:キャスター
中高生の頃、中古のCD屋巡りばっかりやってました。そんなアラサー会社員キャスターによる音楽レビューブログ。 昔趣味で曲作りをやっていたので、音楽制作者に敬意を払って1曲1曲丁寧に記事を書いていきます。