個別楽曲レビュー

【個別楽曲レビュー】THE YELLOW MONKEY/LOVE LOVE SHOW

投稿日:2018年8月10日 更新日:

2016年、申年に復活を遂げた『THE YELLOW MONKEY』!!

シングルのリリースはあったものの、2018年7月現在、未だに復活後のオリジナルアルバムが発表されていません(*)。過去の名盤たちを超える作品を作るために時間をかけているものと信じて待っていたいですね。

(*)追記:『9999』が2019/4/17に発売されました!

今回は、アルバム『PUNCH DRUNKARD』の13曲目、『LOVE LOVE SHOW』レビューです。

※『THE YELLOW MONKEY』に関するその他のアルバム/個別楽曲レビューはこちらからどうぞ: アーティスト索引/THE YELLOW MONKEY

silhouette

『LOVE LOVE SHOW』の全体概要

基本情報

アーティストTHE YELLOW MONKEY
曲名LOVE LOVE SHOW
演奏時間4:44
作詞吉井和哉
作曲吉井和哉
編曲THE YELLOW MONKEY

12thシングル。

『LOVE LOVE SHOW』収録アルバム

アルバム名トラック#
PUNCH DRUNKARD13
GOLDEN YEARS Singles 1996-20018
THE YELLOW MONKEY MOTHER OF ALL THE BEST (Disc 1)8

オリジナルアルバム『PUNCH DRUNKARD』の13曲目にAlbum versionで収録。

※『LOVE LOVE SHOW』が収録されているアルバムのレビューもしています。こちらからどうぞ。

レビュー

かっこつけずに、ふざけながらサラッと真理を突くというスタイルこそ、イエモンがイエモンたる所以(ゆえん)だと私は思っています。

それはイエモンのどの作品にも現れている、隠しようのないこのバンドの個性なんだと思いますし、多くのイエモンファンはこの部分に惹かれているんだろうなとも思っています。

そんなイエモンの個性を最もわかりやすく体現したのが本作『LOVE LOVE SHOW』。

深刻さと難解さを排除した言葉ポップな音楽に乗せてあるため、一聴しただけではただのふざけた曲のように聴こえますが、それ故に、スッと心に入って来る真理!

そんな背景がありますので、本作『LOVE LOVE SHOW』はまさにイエモン入門編に最適な作品なはずなのですが、ファン投票で収録曲を決めた『イエモン-FAN’S BEST SELECTION-』には未収録

『イエモン-FAN’S BEST SELECTION-』はイエモンの歴史を1枚に凝縮した素敵なベストアルバムなのですが、やはりファン投票で収録曲を決めただけあり、入門用とするには少々ピースが足りないのかもしませんね。

ディスクの枚数は1枚ではありませんが、本作『LOVE LOVE SHOW』を含めた複数のシングルが収録されている『THE YELLOW MONKEY MOTHER OF ALL THE BEST』の方が入門用に向いていると言えそうです。

やはり、イエモンを語る上で本作『LOVE LOVE SHOW』の存在は外せないです!

『LOVE LOVE SHOW』収録アルバムレビューリンク

※『THE YELLOW MONKEY』に関するその他のアルバム/個別楽曲レビューはこちらからどうぞ: アーティスト索引/THE YELLOW MONKEY

-個別楽曲レビュー
-,

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

関連記事

【個別楽曲レビュー】GLAY/ビリビリクラッシュメン

90年代後半、音楽業界の様々な記録を塗り替えていったモンスターバンド『GLAY』。 耳馴染みの良いポップなメロディーと奇を衒わない素直な言葉で、J-POPの王道ともいえる音楽を世に繰り出し、人々を魅了 …

【個別楽曲レビュー】L’Arc〜en〜Ciel/Cradle

日本を代表する説明不要のロックバンド、『L’Arc〜en〜Ciel』! かっこいい楽曲に加え、時々垣間見られるちょっとした遊び心が長い人気の秘訣ではないでしょうか。もちろん、ボーカルhyd …

【個別楽曲レビュー】X JAPAN/Forever Love

日本の音楽史を語る上で絶対に外すのことのできないバンド、『X JAPAN』。 YOSHIKI、Toshl、HIDEといったメンバーひとりひとりが持つ物語、バンドが歩んだ歴史、そして多くのロックキッズを …

【個別楽曲レビュー】PIERROT/FOLLOWER

宗教的なカリスマ性と中毒性のある歌詞・サウンドで多大な信者を生み出したバンド『PIERROT』。 このバンドが活躍していた90年代後半から00年代前半頃はまだ”中二病”という言 …

【個別楽曲レビュー】相対性理論/小学館

2000年代後半、一部の世間をざわつかせた(?)不思議系おしゃれバンド『相対性理論』! 実験的な言葉選びとアレンジが非常に個性的です。 最初のミニアルバム『シフォン主義』の発表から10年以上が経過した …


執筆者:キャスター
中高生の頃、中古のCD屋巡りばっかりやってました。そんなアラサー会社員キャスターによる音楽レビューブログ。 昔趣味で曲作りをやっていたので、音楽制作者に敬意を払って1曲1曲丁寧に記事を書いていきます。