個別楽曲レビュー

【個別楽曲レビュー】THE YELLOW MONKEY/LOVE LOVE SHOW

投稿日:2018年8月10日 更新日:

2016年、申年に復活を遂げた『THE YELLOW MONKEY』!!

シングルのリリースはあったものの、2018年7月現在、未だに復活後のオリジナルアルバムが発表されていません(*)。過去の名盤たちを超える作品を作るために時間をかけているものと信じて待っていたいですね。

(*)追記:『9999』が2019/4/17に発売されました!

今回は、アルバム『PUNCH DRUNKARD』の13曲目、『LOVE LOVE SHOW』レビューです。

※『THE YELLOW MONKEY』に関するその他のアルバム/個別楽曲レビューはこちらからどうぞ: アーティスト索引/THE YELLOW MONKEY

silhouette

『LOVE LOVE SHOW』の全体概要

基本情報

アーティストTHE YELLOW MONKEY
曲名LOVE LOVE SHOW
演奏時間4:44
作詞吉井和哉
作曲吉井和哉
編曲THE YELLOW MONKEY

12thシングル。

『LOVE LOVE SHOW』収録アルバム

アルバム名トラック#
PUNCH DRUNKARD13
GOLDEN YEARS Singles 1996-20018
THE YELLOW MONKEY MOTHER OF ALL THE BEST (Disc 1)8

オリジナルアルバム『PUNCH DRUNKARD』の13曲目にAlbum versionで収録。

※『LOVE LOVE SHOW』が収録されているアルバムのレビューもしています。こちらからどうぞ。

レビュー

かっこつけずに、ふざけながらサラッと真理を突くというスタイルこそ、イエモンがイエモンたる所以(ゆえん)だと私は思っています。

それはイエモンのどの作品にも現れている、隠しようのないこのバンドの個性なんだと思いますし、多くのイエモンファンはこの部分に惹かれているんだろうなとも思っています。

そんなイエモンの個性を最もわかりやすく体現したのが本作『LOVE LOVE SHOW』。

深刻さと難解さを排除した言葉ポップな音楽に乗せてあるため、一聴しただけではただのふざけた曲のように聴こえますが、それ故に、スッと心に入って来る真理!

そんな背景がありますので、本作『LOVE LOVE SHOW』はまさにイエモン入門編に最適な作品なはずなのですが、ファン投票で収録曲を決めた『イエモン-FAN’S BEST SELECTION-』には未収録

『イエモン-FAN’S BEST SELECTION-』はイエモンの歴史を1枚に凝縮した素敵なベストアルバムなのですが、やはりファン投票で収録曲を決めただけあり、入門用とするには少々ピースが足りないのかもしませんね。

ディスクの枚数は1枚ではありませんが、本作『LOVE LOVE SHOW』を含めた複数のシングルが収録されている『THE YELLOW MONKEY MOTHER OF ALL THE BEST』の方が入門用に向いていると言えそうです。

やはり、イエモンを語る上で本作『LOVE LOVE SHOW』の存在は外せないです!

『LOVE LOVE SHOW』収録アルバムレビューリンク

※『THE YELLOW MONKEY』に関するその他のアルバム/個別楽曲レビューはこちらからどうぞ: アーティスト索引/THE YELLOW MONKEY

-個別楽曲レビュー
-,

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

関連記事

【個別楽曲レビュー】ゴールデンボンバー/今夜はトゥナイト

エアーバンドなる言葉を世に定着させた先駆者『ゴールデンボンバー』。 エアーバンドだけあって、演奏代わりの奇抜なパフォーマンスが目立ちますが、鬼才・鬼龍院翔による独特な視点の楽曲も魅力です。 このまま『 …

【個別楽曲レビュー】THE YELLOW MONKEY/砂の塔

2016年、申年に復活を遂げた『THE YELLOW MONKEY』!! ギラギラとした妖しい雰囲気はそのままに、復活後の彼らの楽曲には溢れんばかりの優しさを感じます。 離れ離れになっていた十数年とい …

【個別楽曲レビュー】THE YELLOW MONKEY/バラ色の日々

2016年、申年に復活を遂げた『THE YELLOW MONKEY』!! 流行りに左右されない、媚びないロックサウンドが大好きです!! 復活してからも、変わらずにギラギラした妖しいロックを奏でていって …

【個別楽曲レビュー】PIERROT/不謹慎な恋

宗教的なカリスマ性と中毒性のある歌詞・サウンドで多大な信者を生み出したバンド『PIERROT』。 このバンドが活躍していた90年代後半から00年代前半頃はまだ”中二病”という言 …

【個別楽曲レビュー】GARNET CROW/pray

2013年、惜しまれながらも解散した『GARNET CROW』。 女性のボーカルとキーボード、男性のギターとキーボードという4人構成で活動していました。 丁寧に作りこまれたポップソングが『GARNET …


執筆者:キャスター
中高生の頃、中古のCD屋巡りばっかりやってました。そんなアラサー会社員キャスターによる音楽レビューブログ。 昔趣味で曲作りをやっていたので、音楽制作者に敬意を払って1曲1曲丁寧に記事を書いていきます。