個別楽曲レビュー

【個別楽曲レビュー】PIERROT/KEY WORD

投稿日:2018年7月21日 更新日:

宗教的なカリスマ性中毒性のある歌詞・サウンドで多大な信者を生み出したバンド『PIERROT』。

2006年突如解散してしまいましたが、最近になってライブを開催してみたりファンクラブを再始動させたりと、復活の香りを感じる出来事に再始動を期待してしまいますね。

今回は、『PIERROT』の楽曲、『KEY WORD』のレビューです。

※『PIERROT』に関するその他のアルバム/個別楽曲レビューはこちらからどうぞ: アーティスト索引/PIERROT

keyboard

『KEY WORD』の全体概要

基本情報

アーティストPIERROT
曲名KEY WORD
演奏時間4:48
作詞キリト
作曲アイジ
編曲Pierrot

『KEY WORD』収録アルバム

アルバム名トラック#
パンドラの匣4

インディーズアルバム『パンドラの匣』の4曲目に収録。

※『KEY WORD』が収録されているアルバムのレビューもしています。こちらからどうぞ。

レビュー

アルバム『パンドラの匣』収録曲の中でもかなりポップな楽曲

本作『KEY WORD』の作曲を担当しているのがギターのアイジなのですが、彼は親しみやすいメロディーを書くタイプだと思っています。同アルバム収録の『SEPIA』や、メジャーデビュー後にリリースされる『COCOON』なんかもアイジ作曲作品ですが、非常に耳馴染みの良いメロディーの楽曲たちです。

そういうわけで、再録ベストアルバムの『DICTATORS CIRCUS -奇術的旋律-』がリリースされると決まった時、ポップで聴きやすい本作『KEY WORD』が選曲されるんじゃないかと私は思っていました。

それくらい、『PIERROT』のインディーズ時代を代表するポップな楽曲という印象です。

(結果として、本作『KEY WORD』は再録ベストアルバム『DICTATORS CIRCUS -奇術的旋律-』に選曲されませんでした。ただ、実際に『DICTATORS CIRCUS -奇術的旋律-』で選曲された楽曲の並びを見れば納得。あの個性的な楽曲群を押しのけて『KEY WORD』の入る余地は無さそうですもんね 笑)

ところで、本作『KEY WORD』の曲名が指す言葉、いわゆる“キーワード”って何なんでしょうね。

楽曲を聴く限り、主人公のトラウマになっているような、そんな言葉が”キーワード”のようですが、具体的な言葉では表現されていません。

これは私の推察、それも、妄想に近い推察ですが、本作『KEY WORD』、太宰治の”人間失格”の主人公、大庭葉蔵を歌っているんじゃないかな、と思うことがあります。

大庭葉蔵の天性のヒモ体質や自分を偽って道化師を演じて生きる姿がAメロやBメロで描かれていると考えると、辻褄が合わなくもないように感じるのです。そして、大庭葉蔵にとってトラウマ的な”キーワード”、それは“父”のはずです。まさに、彼が生まれたときから彼を支配し続ける存在…。

つまり、私なりの推察では、本作『KEY WORD』は人間失格をテーマにしており、”キーワード”=“父”というのが回答です。

…まぁ、冒頭に書いた通り、妄想に近い推察ですので、適当に読み流してくだされば幸いです。

『KEY WORD』収録アルバムレビューリンク

※『PIERROT』に関するその他のアルバム/個別楽曲レビューはこちらからどうぞ: アーティスト索引/PIERROT

-個別楽曲レビュー
-,

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

関連記事

【個別楽曲レビュー】the brilliant green/I’m In Heaven

『the brilliant green』はもっと評価されるべき!! UKロック風のバンドサウンドとアンニュイなのにメルヘン感のある川瀬智子のボーカルの絶妙な組み合わせは唯一無二! 解散したわけではな …

【個別楽曲レビュー】B’z/TIME

ボーカルの稲葉浩志とギターの松本孝弘による二人組ロックバンド『B’z』。 『B’z』に言及するからにはやはり避けて通れないのは数々の記録でしょう。その中でも日本におけるアーティ …

【個別楽曲レビュー】ZONE/卒業

“バンド”でも”アイドル”でもない“バンドル”という新しいジャンルで活動を始めた4人組グループ『ZONE』。 途中で本当に楽器を …

【個別楽曲レビュー】GARNET CROW/Mysterious Eyes

2013年、惜しまれながらも解散した『GARNET CROW』。 女性のボーカルとキーボード、男性のギターとキーボードという4人構成で活動していました。 丁寧に作りこまれたポップソングが『GARNET …

【個別楽曲レビュー】GLAY/Trouble On Monday

90年代後半、音楽業界の様々な記録を塗り替えていったモンスターバンド『GLAY』。 『GLAY』の商業的全盛期はTAKUROがメインコンポーザーとしてシングルA面楽曲の全てを作詞作曲していましたが、2 …


執筆者:キャスター
中高生の頃、中古のCD屋巡りばっかりやってました。そんなアラサー会社員キャスターによる音楽レビューブログ。 昔趣味で曲作りをやっていたので、音楽制作者に敬意を払って1曲1曲丁寧に記事を書いていきます。