個別楽曲レビュー

【個別楽曲レビュー】PIERROT/ドラキュラ

投稿日:2018年7月22日 更新日:

宗教的なカリスマ性中毒性のある歌詞・サウンドで多大な信者を生み出したバンド『PIERROT』。

2006年突如解散してしまいましたが、最近になってライブを開催してみたりファンクラブを再始動させたりと、復活の香りを感じる出来事に再始動を期待してしまいますね。

今回は、『PIERROT』の楽曲、『ドラキュラ』のレビューです。

※『PIERROT』に関するその他のアルバム/個別楽曲レビューはこちらからどうぞ: アーティスト索引/PIERROT

vampire

『ドラキュラ』の全体概要

基本情報

アーティストPIERROT
曲名ドラキュラ
演奏時間5:55
作詞キリト
作曲キリト
編曲Pierrot

『ドラキュラ』収録アルバム

アルバム名トラック#
パンドラの匣5
DICTATORS CIRCUS -奇術的旋律-5

インディーズアルバム『パンドラの匣』の5曲目に収録。

そして再録ベストアルバムの『DICTATORS CIRCUS -奇術的旋律-』でも5曲目に収録されています。

アルバム『パンドラの匣』では6分に迫る演奏時間がありましたが、再録ベストアルバム『DICTATORS CIRCUS -奇術的旋律-』ではオープニングのサウンドエフェクトが削除され、5分半を切るほどに演奏時間が短縮されています。

※『ドラキュラ』が収録されているアルバムのレビューもしています。こちらからどうぞ。

レビュー

『ドラキュラ』とは、小説”吸血鬼ドラキュラ”に登場する”ドラキュラ伯爵”を指す固有名詞。

ですので、吸血鬼という種を総称した言葉として『ドラキュラ』を用いるのは誤りということになります。

ちなみに、吸血鬼という種を指す際は”ヴァンパイア”という言葉を使います。”ドラキュラ”も”ヴァンパイア”も同じような言葉というイメージがあると思いますが、実はこういった違いがあるんですね。

そして『PIERROT』の楽曲である本作は『ドラキュラ』という曲名がついています。

この言葉の発祥となった小説を私は読んだことがないので確かなことは言えませんが、わざわざ”ヴァンパイア”ではなく”ドラキュラ”という言葉を選んでいる辺り、きっと小説の内容をベースとした楽曲になっているのでしょう。

本作、『ドラキュラ』という不気味な曲名が付いていますが、イメージとは裏腹に(?)キャッチーなサビが印象的な楽曲です。

Bメロが終わった後、サビへ移行する際の開放的な展開がいいですね。

あと、サビの「突き刺すなら」というボーカルの裏で鳴っている、縦を合わせたバンドサウンド。ここが気持ちいいです!

ボーカルが歌うメロディー自体がリズミカルなのですが、裏のバンドはボーカルのリズムをあえて外すように縦を合わせて来るんです。

こんなふうに縦を合わせながらも一部のパートをズラすアレンジ、すごくかっこいいなって聴いてて思います。

『ドラキュラ』収録アルバムレビューリンク

※『PIERROT』に関するその他のアルバム/個別楽曲レビューはこちらからどうぞ: アーティスト索引/PIERROT

-個別楽曲レビュー
-,

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

関連記事

【個別楽曲レビュー】GARNET CROW/スパイラル

2013年、惜しまれながらも解散した『GARNET CROW』。 女性のボーカルとキーボード、男性のギターとキーボードという4人構成で活動していました。 メンバーが楽曲制作に携わる場合、ボーカルが作詞 …

【個別楽曲レビュー】L’Arc〜en〜Ciel/forbidden lover

日本を代表する説明不要のロックバンド、『L’Arc〜en〜Ciel』! かっこいい楽曲に加え、時々垣間見られるちょっとした遊び心が長い人気の秘訣ではないでしょうか。もちろん、ボーカルhyd …

【個別楽曲レビュー】黒夢/TELL

ボーカルとベースの二人組という珍しい組み合わせのバンド、『黒夢』。 ヴィジュアル系にカテゴライズされるイメージがありますが、その音楽性はアルバムをリリースする度にガラッと変わっており、一つのジャンルで …

【個別楽曲レビュー】the brilliant green/goodbye and good luck

『the brilliant green』はもっと評価されるべき!! UKロック風のバンドサウンドとアンニュイなのにメルヘン感のある川瀬智子のボーカルの絶妙な組み合わせは唯一無二です! そんな『the …

【個別楽曲レビュー】PIERROT/Twelve

宗教的なカリスマ性と中毒性のある歌詞・サウンドで多大な信者を生み出したバンド『PIERROT』。 アンダーグラウンドで知的で過激。当時の10代リスナーはある種の選民思想を抱きながら『PIERROT』の …


執筆者:キャスター
中高生の頃、中古のCD屋巡りばっかりやってました。そんなアラサー会社員キャスターによる音楽レビューブログ。 昔趣味で曲作りをやっていたので、音楽制作者に敬意を払って1曲1曲丁寧に記事を書いていきます。