個別楽曲レビュー

【個別楽曲レビュー】PIERROT/満月に照らされた最後の言葉

投稿日:2018年7月23日 更新日:

宗教的なカリスマ性中毒性のある歌詞・サウンドで多大な信者を生み出したバンド『PIERROT』。

2006年突如解散してしまいましたが、最近になってライブを開催してみたりファンクラブを再始動させたりと、復活の香りを感じる出来事に再始動を期待してしまいますね。

今回は、『PIERROT』の楽曲、『満月に照らされた最後の言葉』のレビューです。

※『PIERROT』に関するその他のアルバム/個別楽曲レビューはこちらからどうぞ: アーティスト索引/PIERROT

dark

『満月に照らされた最後の言葉』の全体概要

基本情報

アーティストPIERROT
曲名満月に照らされた最後の言葉
演奏時間3:30
作詞キリト
作曲アイジ & 潤
編曲Pierrot

ギター担当のアイジと、同じくギター担当の潤による共作。

本作『満月に照らされた最後の言葉』がアルバム『パンドラの匣』収録曲の中で最も演奏時間の短い楽曲になります。

『満月に照らされた最後の言葉』収録アルバム

アルバム名トラック#
パンドラの匣6
DICTATORS CIRCUS -奇術的旋律-9

インディーズアルバム『パンドラの匣』の6曲目に収録。

そして再録ベストアルバムの『DICTATORS CIRCUS -奇術的旋律-』では9曲目に収録されています。

※『満月に照らされた最後の言葉』が収録されているアルバムのレビューもしています。こちらからどうぞ。

レビュー

イントロのスピード感溢れるツインギターが気持ちいい楽曲、『満月に照らされた最後の言葉』。

本作『満月に照らされた最後の言葉』のイントロは左右のチャンネルでそれぞれのギターが別々のフレーズをチャカチャカやってるんですが、このツインギターの絡み方はV系バンドのお得意技ですよね。

これはやはり芸術的なツインギターの絡み方を発見した『LUNA SEA』の影響が大きいのかなと感じます。本作『満月に照らされた最後の言葉』もオリジナリティに富んだ作品ではあるのですが、イントロのツインギターの絡み方は、どことなく『LUNA SEA』の『TIME IS DEAD』っぽい気もしますし。

そんなわけで、いわゆるV系の王道っぽい楽曲が好きな方であれば、本作『満月に照らされた最後の言葉』を楽しんで聴けるのではと思います。

『PIERROT』のコアなファンの方にとっては…どうなんでしょうね。ちょっと変態成分が足りないと感じたりするのでしょうか。

私は学生時代に割とガッツリ『PIERROT』にハマった口ですが、けっこう本作『満月に照らされた最後の言葉』は好きです。

『パンドラの匣』という味付けの濃いアルバムの中、サッパリ目だけど味ははっきりしているサラダ的なポジションとして本作『満月に照らされた最後の言葉』を楽しんでいます。

『満月に照らされた最後の言葉』収録アルバムレビューリンク

※『PIERROT』に関するその他のアルバム/個別楽曲レビューはこちらからどうぞ: アーティスト索引/PIERROT

-個別楽曲レビュー
-,

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

関連記事

【個別楽曲レビュー】GARNET CROW/Marionette Fantasia

2013年、惜しまれながらも解散した『GARNET CROW』。 女性のボーカルとキーボード、男性のギターとキーボードという4人構成で活動していました。 メンバーが楽曲制作に携わる場合、ボーカルが作詞 …

【個別楽曲レビュー】MALICE MIZER/ヴェル・エール 〜空白の瞬間の中で〜

今や芸能人格付けチェックの常連というイメージが強い『GACKT』。その『GACKT』が在籍していたバンドが『MALICE MIZER』です。 音楽業界の中でも異端な扱いを受けがちなV系バンドですが、そ …

【個別楽曲レビュー】hide/FLAME

伝説のミュージシャン…その言葉が最も似合う日本人は、やはり『hide』ではないでしょうか。 カリスマバンド『X JAPAN』のギタリストというポジション、トレードマークの赤髪、ズバ抜けたセンス、そして …

【個別楽曲レビュー】PIERROT/不謹慎な恋

宗教的なカリスマ性と中毒性のある歌詞・サウンドで多大な信者を生み出したバンド『PIERROT』。 このバンドが活躍していた90年代後半から00年代前半頃はまだ”中二病”という言 …

【個別楽曲レビュー】Every Little Thing/Here and everywhere

J-POPのお手本のような楽曲を連発したユニット、『Every Little Thing』。 特に90年代後半の五十嵐充プロデュース時代の楽曲は、ビーイング系のバンドっぽいサウンドと小室ファミリーのダ …


執筆者:キャスター
中高生の頃、中古のCD屋巡りばっかりやってました。そんなアラサー会社員キャスターによる音楽レビューブログ。 昔趣味で曲作りをやっていたので、音楽制作者に敬意を払って1曲1曲丁寧に記事を書いていきます。